12月4日(日)

昨日まで、バイクのバッテリー充電が上手くいかなかったが、今朝ようやくフル充電が出来ました。
朝、空を見ると気持ち良く晴れていたので、思わずバイクで出勤しました。
針灸院に着いてから、午後から雨が降るということを思い出しました。
今さら思い出しても、あとの祭りですわね。
ただひたすら、天気が夕方までもってくれる事を祈るだけです。
ほんまにイケてへんわー!


『冬の水虫に』
夏の病気だと思われている水虫。
実は冬場、特に女性の多くに発症しているのです。
水虫は、白癬菌というカビの一種が皮膚の最外層の角質層に感染して生じる病気。
白癬菌は高温多湿の環境を好みます。
湿度と適度な温度も保たれているブーツは水虫の温床になっているのです。
対策は同じブーツを履き続けない事、そしてブーツを履いた日は抗真菌作用のあるフランキンセンスとラベンダーのフットバスをして清潔に保つようにしましょう。

バケツに40度のお湯をはり、フランキンセンス1滴、ラベンダー2滴を垂らします。
ふくらはぎまで入れ10分から15分つけておきます。
終わったら洗い流さずに、タオルで水分を拭き取ります。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

スポンサーサイト

12月3日(土)

ガーン❗️
バイクのバッテリー上がり…。
今日、バイクで出勤しようと思い、昨夜エンジンをかけようとしたら、うんともすんとも言わないじゃありませんか。
つい先日、充電したところやのに。。。
仕方がないので、今朝もう一度充電の仕直しをすることに。
こういう風にケチが付くと、ほんまに嫌になってしまいますね。
家に帰ったら、ちょっとバイクを見てみないとあきません。
あ〜、邪魔くさいったらありゃしない。。。


『凛とした女性』
「こんな人になりたい」という理想像を心に持てるということは幸せなことです。
たとえば、自分をしっかりと持ち、周囲に流される事なく、相手に対して落ち着きと安心感を与えてくれるような存在。
そんな「凛とした女性」を賢さと感情的な安定性を持つフランキンセンス、信念と強さを持つジュニパーベリー、ツンとしたビターな香りのレモングラスで表現しました。
ブレンドした香りは「和」を感じさせ、着物の似合う日本美人を彷彿とさせます。

コットンに、ジュニパーベリー2滴、フランキンセンス1滴、レモングラス1滴をたらし、何もつけないコットンではさみます。
布製の小袋に入れて完成です。
クローゼットや、引き出し、鞄などにしのばせて。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

12月2日(金)

今日は、幾分か鼻の調子はましな様ですよ。
薬がちょっと効いてくれたのかな?
まぁ何でも良いのですが、楽なのは助かります。

今朝、ふと思いついた事があるんですよね。
それを実験したいのですが、鼻の調子がましな時にやっても意味が無いですからねぇ。
えっ、どんなん?って。
それは今日のところは内緒です。
明日、鼻の調子が悪ければ実験をしてみて、『よもや』のネタにしようと思っています。


『依存と執着の心を鎮める』
相手に期待しても、自分の思うような結果が伴わなくて、ついイライラしてしまう事があります。
でも、もしかしたら、自分だって気付かないうちに誰かの期待に添えない事があるかも。
過剰な期待をせずに、相手の働きには素直に「ありがとう」という気持ちを持てるようになりたいもの。
それでもイライラしてしまったら、抗うつ作用のある精油をブレンドしたフットバスがおすすめ。
謙譲の精神を思い出し、深呼吸をしてみて下さいね。

大きめの洗面器やバケツに40度くらいのお湯をはり、大地の香りのプチグレン1滴、フランキンセンス1滴、柑橘系のベルガモット2滴を垂らします。
ふくらはぎまで入れ、10分から15分つけておきます。
終わったら洗い流さずに、タオルで水分を拭き取ります。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

12月1日(木)

ついに12月になってしまいました。
カウントダウンももう直ぐって感じですねぇ。

今朝は鼻の調子が最悪です。
くしゃみは出るわ、鼻水は出て来るわで、もうてんやわんやでした。
このままでは、仕事に差し障りがあるので、途中、以前に頓服として処方してもらった、ステロイド剤を服用しましたよ。
とは言え、魔法の様に直ぐ効いて来る訳でも無いですからね。
午後からは、薬の効果も出だしたのか、ほんの少しだけましになりましたよ。
この効果が夜まで持続してます様に❗️


12月の精油『フランキンセンス』
フランキンセンスは、カンラン科の樹木から取れる樹脂。
空気に触れると乳白色に固まることから乳香の名がつきました。
古代から貴重なものとされ、キリストの誕生の際に捧げられた贈り物のひとつとされているように信仰の場で使われてきた神聖な香りです。
12月の精油といえば、これしかありません。

『金色の香り』
12月といえばクリスマス。
クリスマスといえばモミの木の緑やキリストの愛を表す赤がありますが、ここではキリスト誕生のときに空に輝いたというベツレヘムの星の金色をテーマに香りを作ってみました。
金色は、太陽を象徴するカラーでもあります。
寒い季節は特に太陽のありがたみを感じます。
太陽の性質を持つ植物、アンジェリカルート、オレンジ、パチュリ、フランキンセンス、ベルガモット、ミルラのブレンドです。

スプレー容器に無水エタノール5mlとアンジェリカルート1滴、オレンジ6滴、パチュリ2滴、フランキンセンス3滴、ベルガモット5滴、ミルラ3滴を加えよく混ぜ合わせます。
そこに精製水45mlを加えて完成です。
使う前によく混ぜ合わせて下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月30日(水)

11月も今日が最後です。
私は、昨日から耳、鼻、喉の調子が非常に悪いです。
症状としては、耳閉感、くしゃみ、鼻水、喉の痛みですねぇ。
耳鼻科の症状がオンパレードって感じですねぇ。
一瞬風邪かな?って思ったのですが、寒気とかは無いので、多分風邪ではないと思うんですけど…。
今朝から、いつものアレルギー剤にプラス鎮痛剤と抗生物質を飲み始めました。
いまダウンしてる場合じゃないですからね。


『木枯らしの香り』
11月の別名は霜月。
霜降月が省略されたものだと言われています。
草が枯れ、葉が落ち、なんとも寂しい季節ですが、その代わり紅葉という鮮やかな色彩を楽しむことができます。
寒さを感じながらも自然の見せる様々な表情が私たちの心を楽しませてくれます。
そんな11月をイメージした静けさを促すカモミールローマン、冷たさを促すユーカリ、穏やかな強さを持つ柑橘系のメリッサと愛情を促すローズオットーのブレンドです。

スプレー容器に無水エタノール5mlとカモミールローマン4滴、メリッサ3滴、ユーカリ3滴、ローズオットー5滴を入れ、よく混ぜ合わせます。
さらに精製水45mlを加えてよく混ぜて完成です。

明日から12月です。
12月は、フランキンセンスという精油をご紹介します。
女性には嬉しい効果がたくさんある精油ですにで、お楽しみに!

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

PageTopNext>>

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR