1月16日(月)

今日も雪が降ったり止んだりのややこしい天気ですね。
日中、けっこう日差しがあり、道路の雪はすぐに解けてしまいましたよ。
メイン通りからひと筋入ると、寝雪がどっさりって感じですね。

さて、今日は今年に入って初めての休みです。
年が明けて、いきなりの11連勤だったので、やれやれって感じです。
そして、今日が今年初のサックスレッスン日でした。
昨日、一昨日と練習が出来てなかったので、指が動くかなぁ?って思ってたら案の定ダメでした。
それに、課題曲の練習も年末前からあまりしていなかったので、譜面通りに指が動いてくれませんでした。
先生から、ダメだしこそされませんでしたが、自分的には納得出来ない状況でした。
次回のレッスンは二週間後なので、今日のリベンジをしないと❗️
さあ練習して来よっと❗️


『自身回復の香り』
もし恋愛の問題で傷ついた時には、決して自暴自棄にならず、自分の中の女の子の部分を大事にしてあげましょう。
女友達に相談すれば、あなたは大切に扱われる存在だと言ってくれるはずです。
ローズオットーを使ったシャンプーとリンスは、華やかな優しさを併せ持つ女の子らしい香りで幸福感を与えてくれます。
そして、その後ろに控えるティートリーのハーバルな香りは自信回復に役立ちます。

保存容器に無香料のシャンプーとリンス、50mlとティートリー7滴、ローズオットー3滴を入れ、よく混ぜ合わせたら完成です。
使う前によく混ぜましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

スポンサーサイト

1月15日(日)

京都は朝から大雪です。
こんな状況の中でも、皇后杯 全国都道府県対抗女子駅伝が開催されました。
私は、こんな日にもかかわらず仕事に来ています。
朝一番の患者さんは、もちろんキャンセルになりましたよ。
それに、電話もなりませんねぇ。
まっ、当然と言えば当然ですよね。
なので、午後からの患者さんの貸し切りとなりました。
あともう少し頑張りますわ❗️


『ショックケア』
寒い時期に気持ちがへこむのと、暑い時期にへこむのとでは、同じ原因であっても落ち込み方が違うと思いませんか?
寒い時のほうがよりシリアスになりがちです。
でも、そんな時香りが結構いい相談相手になります。
自信を取り戻したい時は、大地にどっしり根を張った木に由来するウッディ系の香りに頼ってみて下さい。
ティートリーはショックを受けた心をリフレッシュさせ、サンダルウッドは苦悩を取り除き、安心感を与えてくれます。

受け皿にサンダルウッド1滴、ティートリー1滴を落とし、電球の熱で温めて香りを広げます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

1月14日(土)

今日は、寒波の影響で朝からチラチラと雪が降ってます。
10時頃から、ぼたん雪が結構降っていたのですが、お昼前から日差しが出て来て、今はすっかり止んでいます。
明日は、一段と寒くなるらしく、朝の出勤時は気をつけないとあきません。
路面凍結していても、バイクに乗ってる人が居ますからねぇ。
自殺願望でもあるんかな?って思ってしまいます。
こんな人が目の前で転倒でもされたら、えらい事になりますからね。
明日は、車間距離を十分に取って運転することにしよう。


『カサカサかかと用フットバス』
足のお手入れスペシャルコースの仕上げはこれに決まりです。
細胞成長促進作用のあるラベンダーと保湿作用のあるサンダルウッド白檀、そして殺菌作用のあるティートリーの精油を垂らしたフットバス。
角質ケアだけでなく、ストレス解消にも良さそうです。
フットバスのポイントは、温まったら洗い流さず、水分を拭き取るだけにすること。
精油の有効成分を肌からしっかり吸収させます。

大きめに洗面器かバケツに40度くらいのお湯を張り、サンダルウッド1滴、ティートリー1滴、ラベンダー2滴を垂らします。
足のふくらはぎまで入れ、10分から15分つけます。
終わったら洗い流さずタオルで水分を拭き取ります。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


1月13日(金)

年明け早々から、やって来ました13日の金曜日。
月は違いますが、13日の金曜日に二度バイクで事故りました。
一度目は肋骨にヒビが入り、二度目は足の甲に結構な擦過傷。
二度あることは三度あると言いますので、それ以来13日の金曜日には、バイクに乗らないと決めてます。
多分、次は結構なダメージを受けてしまいそうでしょ。

今日も冷え込んでますね。
明日は雪が降るみたいですよ。
朝は降らんといて欲しいなぁ。
もちろん夜もやけど…。


『カサカサかかと用オイル』
かかとやひじの古い角質を取り除いたらオイルで保湿します。
オイルは、肌に水分を閉じ込めるためのふた。
肌は乾燥するとターンオーバーが乱れて厚くなる性質があるため、十分に保湿することが大切なのです。
足の殺菌にもなるティートリーと、皮膚を柔らかくするジャスミンとオレンジの花ネロリをブレンド。
キャリアオイルには、ミネラルとビタミンが豊富で皮膚に吸収されやすいアプリコットカーネルオイルを使います。

保存容器にアプリコットカーネルオイル10mlとジャスミン1滴、ティートリー1滴、ネロリ2滴を入れ、よく混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

1月12日(木)

今日は北風が強く、外はとっても寒いらしいです。
家の中に居ると、そう言う事がまったく分かりませんねぇ。
今朝、ニュースでpm2.5が凄く飛ぶと言ってたのですが、この風でどこかに飛んで行ってくれたら良いのですけどね。
週末には雪が降るみたいですね。
それもどか雪みたいですよ。
週末なら通勤ラッシュが無いので助かります。
明日は何とか持ちこたえて欲しいなぁ。


『カサカサかかと用スクラブ』
冬だからといってカサカサしたかかとを放置しておいてはいけません。
ひじやかかとの白っぽくなった部分は厚くなった不要な角質。
通常、軽石などで擦り落としますが、やりすぎると、赤みや乾燥、さらに角質が厚くなる場合があります。
足の臭いのもとになる雑菌を減らすティートリーに加え、肌の引き締め作用のあるゼラニウムを組み合わせたスクラブでカサカサを解消します。
皮膚を柔軟にするスイートアーモンドオイルを使用します。

ガラスに器に細かい天然塩大さじ2、スイートアーモンドオイル大さじ1を入れ、よく混ぜ合わせたらゼラニウム3滴、ティートリー1滴を加え、さらによく混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

PageTopNext>>

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR