9月3日(日)

今日も一日終わりましたね。
今日は朝からバタバタやったんですが、ビックリするような出来事があったんですよ。

って言うのはね、最近二週間に一度親子で来院してくださる方が居られるです。
母親の方は80歳後半、娘さんは60歳半ばのお二人なんですが、いつものように治療をしながらいろんな話しをしていたんですよ。
話しの流れから『美容鍼灸』の話しになったんです。
その話しの内容は、『美容鍼灸』と言っても見た目の美しさを求めるだけでは無くて、内面からの美しさが重要だ思っている等々。

そんな話しに共感して下さり、是非とも今日その施術を受けたいとの申し出があったんです。
急きょ当院の『爽心健美鍼灸』に変更し治療開始をしたんです。
治療後、お二人とも非常に喜んで頂き、ホッと胸を撫で下ろしましたよ。
さすがに、お母様のお肌の具合の変化はよく分かりませんが、声が凄く明るくなられました。
幾つになられても、女性は女性なんですねぇ。
もう少し女心が理解出来るように努力しないとダメですね。


スポンサーサイト

8月22日(火)

8月も残り10日ですね。
そう言えば、昨夜自宅裏の緑地公園からコオロギの鳴き声がしてましたねぇ。
秋は一日、一日と近づいて来てますね。
とは言え、日中はまだまだ蒸し暑い日が続いています。

昨日あたりから、次は何をしようか?と悩んでいます。
遊びじゃありませんよ〜。
もちろん仕事での話しですよ。
まぁ、いま一番興味があるのは『美容鍼灸』です。
『美容鍼灸』といっても、見た目だけの美しさだけでは無く、そのことで内面から湧き出て来る笑顔。
それが免疫力をアップさせ、健康に繋がって行くと考えています。
この考えが、何とか医療の現場とタイアップ出来ないものか?
その辺を今後模索して行きたいと考えています。

8月17日(木)『気象病』

今朝、友人からあなたの風邪は、ひょっとして『気象病』かも?
何でも、テレビで放映されてたらしく、まさにピッタリな感じなのでメールしてくれたようだ。

では、『気象病』って聞いた事も無いので、早速ネットで検索してみた。
内容は以下の通りです。

気象病(きしょうびょう、英: meteoropathy[1])とは、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古傷がうずく」いった天気痛のほか、メニエール病、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など様々である。心臓発作や脳卒中のきっかけになり、生命にかかわる場合もある。

メカニズムの詳細は不明であるが、気圧や気温、湿度などの急激な変化に人体が対応しきれないことが原因とみられる。特定の季節に起きやすい花粉症などの「季節病」とは異なるが、熱中症のように気象病・季節病の両方の面を併せ持つ病気もある。ドイツでは気象と病気の関連を調べる「生気象学」の研究が進んでおり、医学気象予報を国民に提供している[2]。

具体的には、内耳など気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経系のバランスが交感神経優位となり、それがストレス刺激となってさまざまな疾患のメカニズムを惹起するという考えがある[3]。また、気圧の低下により人体の押される力が減り血管が拡張しやすくなるのが原因[4]。主な治療法は、「規則正しい生活」、「十分な睡眠」や「正しい食生活」などであるが、他の原因による症状についてはこの限りではない。体力のない人が気象病になりやすい[4]。このほか空調に過度に頼らず気温変化に身体を慣れさせることや、ストレッチ、ヨガが予防と症状緩和に有効であるとの意見や、乗り物酔い薬で症状を軽くできるケースもある[5]。

ん〜ん、便利な世の中ですね。
何でもすぐに調べられますからね。
これを読んで、注意をしないとあきませんね。

7月22日(土)

今朝も知人の紹介で、『爽心健美鍼灸』を受けに新患の方が来られました。
徐々にではありますが、確実に受診される方が増えて来ましたよ。
ここらで一発ブレークしてくれると嬉しいですねぇ。

まだ、『爽心健美鍼灸』の症例数はそんなに多くはないですが、効果が必ずあると言うのが自分でも驚きですね。
やはり30代〜40代と若い世代は、施術中に効果が現れますね。

今日から、施術前、施術中、施術後と写真を撮らせていただいているんです。
もちろん、本人の了解を得てですけどね。
後で写真を比べてみると、顔の変化がよく分かりますね。
今後、初めて受診される方の説明に凄く役に立つとおもいますねぇ。

7月21日(金)

いやぁ〜、今日は朝からドタバタでしたぁ。
午後からは、『爽心健美鍼灸』の施術を希望されている患者さんが来られました。
若い女性の患者さんだったのですが、施術中にあれって?感じたんですが、フェイスラインが確かにシャープになっていたんですよ。
今まで施術をした中で、施術中にその様に感じたことは自分自身まったくありませんでした。
患者さんから、こうだったよと後で教えて頂くと言うのが通例でしたからね。
まぁ〜、ビックリです。
思わず写真を撮らせてもらいましたよ。
個人情報保護という観点から、この場で写真をアップ出来ないのがちょっと残念ですねぇ。
今後も、『爽心健美鍼灸』の経過報告をしていきたいと思います思います❗️

PageTopNext>>

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR