8月31日(水)

今日で8月も終わりですね。
朝夕はめっきり涼しくなりましたが、どうもこのまま行くとは思えませんね〜。
今日は風があるので、窓を開けていると気持ちが良いです。
治療室には窓が無いので、空気がこもる感じです。
対策としては、換気扇を回して、扇風機2台で部屋の空気を混ぜています。
結構これで良い感じで過ごせますよ。
明日から9月!
どんな1ヶ月にしていきますかねぇ〜!


『涼の香り』
8月の別名は葉月。
由来は諸説ありますが、旧暦の8月は秋であるため、葉が落ちる月が転じて葉月になったという説があります。
しかし、新暦8月では、まだまだ暑い真夏。
昔は花氷や水中花、風鈴や鹿おどしなど、五感を使って涼しさを感じていたそうです。
開放感を促すサンダルウッド白檀、元気を促すハーバルなローズマリー、柑橘系のグレープフルーツ、静けさを促すウッディなサイプレス、それからスッとした清涼感のスペアミントをブレンドし、香りで涼しさを表現してみましょう。

グレープフルーツを2滴と、それ以外は1滴づつ。
アロマランプに垂らして楽しんで見てください。

明日からは9月です。
9月の精油はローズマリーです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

スポンサーサイト

8月30日(火)

昨日の雨の影響か、今日は朝から涼しい一日です。
とはいえ、日が照るとまだまだ暑いが、風が吹いているので心地よいです。
今日はエアコンをつけていません。
8月にエアコンをつけないのは初めてですねぇ。
このまま涼しくなるのかなぁ?
たぶん、それはないでしょうね〜。
昔から暑さ寒さも彼岸までって言いますからねぇ。
あとひと月は暑いんでしょうね。


『直観力を高める』
直観力とは、何かを選んだり決めたりする際、経験や知識から瞬時に最もよいと思われる答えを出す能力のこと。
本質を見抜く力といってもよいでしょう。
スピードが求められる今日のビジネスシーンに重要な能力です。
直観力を高める植物は月が支配していると考えられています。
月はギリシャ神話の女神アルテミス、豊穣と知恵の女神と結びつきます。
月に関連のある植物、サンダルウッド白檀と、菊の香りににたカモミールローマン、それからレモンの香りが爽やかなメリッサをブレンドします。

3種類の精油を1滴づつ、お湯の入ったマグカップに垂らします。
立つ上がる湯気をゆっくり吸い込んで、リラックスタイムです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月29日(月)

久びさの雨降りですねぇ。
ほんまにやっとって感じです。
でも、わざわざ休みの日に降らんでも…。
まぁそのおかげで、今日は何をするわけでもなく、ずいぶんのんびりと過ごしました。
こんな過ごし方も久しぶりやなぁ。
ただ一つ気がかりなのは、バイクのバッテリーの充電が出来てないってこと。
最近、あんまりバイクに乗ってないですからね。
いざって時に、エンジンがかからないなんてシャレにならないですからね。
まぁ、天気の良い日を選んで充電するとしますかね〜。


『緊張感をほぐす』
あくびは、実は眠い時だけでなく極度の緊張状態の時にも起こります。
これはきんちょうえを緩和するために出てしまう動作なのです。
そう言われれば思い当たることが多いのではないでしょうか。
ここぞという時に緊張してしまう人には、過度の心労から起きる緊張感を緩和するサンダルウッド白檀、緊張感や焦燥感を緩和するローズオットーのブレンドがおすすめです。

サンダルウッド白檀と、ローズオットーを1滴づつ、ハンカチやティッシュにたらし香りを楽しみます。
ただ、シミがついても大丈夫なものを使い、また精油がついた部分を内側にして直接肌に触れない様に注意して下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月28日(日)

けったいな天気。。。
雨が降って来たなぁって思ったのもつかの間、今日もすぐ止んでしまいました。
この中途半端さが嫌ですねぇ。

でもだいぶ涼しくなって来ましたね。
日中以外はエアコンは要らないですね。
これで暑さからの寝不足を解消出来ますよ。
さて、明日は休みですが、台風はどうなってるんでしょうね〜?



『入浴サポートアロマ』
入浴は副交感神経を優位にさせる働きがあります。
しかし、熱いお風呂は、副交感神経ではなく、交感神経を刺激します。
結果、眠りにくくなることも。
夏はならば、38度くらいのぬるめのお湯に20~30分つかる程度がおすすめ。
お風呂からあがったら催眠作用のあるオレンジと鎮静作用のあるサンダルウッド白檀をブレンドしたオイルでマッサージ。
皮膚を柔軟にし、活性化するスイートアーモンドオイルで作ります。

サンダルウッド2滴に、オレンジを1滴。
良く混ぜ合わせて使って下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月27日(土)

台風の影響か、身体が何となくダルイですね。
針灸院のある西京極は、3日連続で数秒の降雨。
数秒で止んでしもたら、かえって蒸し暑いやん。
何とかならんかなぁ、ほんまに。
でも、もう確実に雨が降ってくれますね。
天気予報では、明日は雷雨に注意だそうです。
雨はともかく、雷はいらんなぁ。
患者さんが来れないやん。
さてさて、今日も終了したし、片付けて帰るとしますかね〜。


『夏バテのだるさに』
夏はエアコンの効いた涼しい部屋の中にいることが多くなります。
そのため汗をかく機会が減り、汗がだしにくくなっています。
汗は体温調節だけでなく、体の中のいらないものを体外へ排出する働きもあります。
こんな時は、半身浴でたっぷり汗をかくといいでしょう。
だるさがスッキリします。
発汗作用のあるソルトに鎮静効果のあるサンダルウッド白檀と、発汗作用のある、ブラックペッパーとレモンのブレンドがオススメです。

天然塩を大さじ2杯に、精油を1滴づつ。
良く混ぜ合わせ、半日以上おいて香りをなじませ、バスタブに入れて入浴します。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月26日(金)

雨、中途半端やねぇ〜。
これで3日連続で、ほんの1〜2分しか降らないってどういうこと???
車はおかげさんでヒョウ柄です。
また砂飛んでる〜。
鼻は痒いし、耳も痒いー。
ちょっとぉ〜、勘弁してよねぇ〜。

台風がやって来るみたいですね。
多少の雨は降って欲しいけど。。。
ちょうど良い加減で過ぎ去って欲しいんやけどねぇ〜。
ちょっと虫が良すぎるかな。。。


『二人の癒しの時間』
いくら恋人同士でも、いつもいつもラブラブモードというのも疲れてしまいます。
もちろん個人の好みですが、たまにはホッとする様な時間や空間があってもいいのではないでしょうか。
猛烈にラブラブではなくても、居心地よい関係を長く続けていきたいカップルの為に、癒しを促す、バラの香りの様なゼラニウム、菊の香りににた、カモミールジャーマンと、今月の精油サンダルウッド白檀。
アロマライトに、2滴づつ。
静かな愛を確かめてみては…。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月25日(木)

どうやら台風が北上して来るみたいですね。
来週あたりに近畿に近づくみたいですよ。
あかんやん、せっかくの休日が台風の影響を受けたら台無しやん。
とはいえ、雨降りがなさすぎるのもちょっと困りますけどね。
いよいよ8月も、今日を含めて残すところ1週間となってしまいました。
秋は涼しくなって嬉しいのですが、どことなくもの悲しいところがちょっと。。。

でも、食べ物が美味しくなって来ますからね。
食欲の秋って言いますからね。
どうして秋になると食欲が増すのかと言うと、食べ物が少なくなる冬を何とか乗り越えるために脂肪を蓄えるためだそうです。
なので、秋にダイエットを開始するのは難しいでしょうね〜。


『アルゼンチンタンゴを踊る』
アルゼンチンタンゴは社交ダンスなどの他のダンスと違い、テクニックよりも心や感情で踊るダンスだと言われています。
パートナーによって違う自分が垣間見えるダンスなのです。
そんな情熱的なダンスには、官能性を促すサンダルウッド白檀と、濃いバラの香りのローズオットー、 濃厚な花の香りのイランイランと、柑橘系のベルガモットかレモンの香りを加え、ゴージャスな香りを作りましょう。

スプレーに無水エタノールを5mlと精油を1滴づつ加え、精製水を45mlを加え良く混ぜ合わせます。
つかうまえにはえ、良くふり混ぜて下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月24日(水)

早いものでコオロギが鳴き出しましたよ。
いよいよ秋ですね〜。
夜、窓を開けて寝てたらちょっと寒いぐらいです。
まぁ、まだ風邪を引きそうな感じではないですけどね。
それにしても、まだまだ日中は暑いですよね。
まだしばらくは続くんですかね。
あっ、それと台風!
今後、どういう風に動くんでしょうかね〜?


『夏の日差しで傷んだ髪に』
髪は紫外線を受けることにより、キューティクルがはがれて内部が乾燥し、枝毛、切れ毛、裂け毛などのダメージを受けます。
また、紫外線は毛髪の内部にある色素メラニンも分解してしまうので赤茶っぽく、まさに焼けた様な色になってしまうのです。
作ったオイルをシャンプー前の髪や地肌に塗り込み、ヘアキャップをかぶり30分ほどおいた後、シャンプーをします。
週一回程度のケアで、徐々に健康な髪になっていくでしょう。

椿油10mlにサンダルウッド3滴と、イランイランの濃厚な花の香りがする精油を1滴加えましょう。
湯船につかりながら、リラックスした時間を。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月23日(火)『体幹理論』




構想から4年、ようやく独自の治療理論が一つの形となりました。
長かったなぁ〜。
途中、何度もめげそうになりましたよ。
でも、ようやく完成しました。
さて、どんな反響があるか、少しドキドキです。


『お土産に添えて』
旅先での楽しみの1つともいえるお土産選び。
自分用、家族用、友人用と、それぞれの顔を思い浮かべながら品定めをしていると時間を忘れてしまいますね。
分かち合うという意味を持ち森林の様にフレッシュな香りのパイン、喜びというキーワードを持つサンダルウッド。
この2つにレモンの香りをブレンドした香りをつけたカードを添えてお土産を渡したら、旅の感激がもっと良く伝わるかもしれません。
旅先からの絵葉書にこの香りをつけるのもアイデアです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月22日(月)

あぁ〜、ついにオリンピックが閉会しましたね〜。
いよいよこれで夏も終わりです。
今日は休みだったのですが、朝からちょっと用事を済ませ、あとはダラ〜っとした一日を久しぶりに過ごしました。
夕方から、かなり雲行きが怪しくなって来ましたよ。
ひと雨ザァーっと降ってくれると良いのですけどね〜。
そんなことを考えていると、窓越しにツクツクボウシが必死に鳴いてますよ。
暦ってすごいですね。
ちゃんと季節に合わして来ますからね〜。


『ボディの日焼けケア』
日焼けをしてしまった肌を1日も早く元の状態に戻すための栄養素はビタミンCというのは皆さんよくご存知ですよね。
肌の新陳代謝を良くするためには、CだけでなくビタミンA、Eも一緖に摂ることが大切です。
もちろんローションでのケアも必須。
抗炎症作用のあるラベンダーと肌に潤いを与えるサンダルウッドを合わせ、さらにラベンダーウォーターに精油を加え、日焼けケア用のボディローションを作りましょう。
レジャーへ持って行ってバシャバシャ使って下さい。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月21日(日)

だいぶ秋の気配を感じらる様になりましたが、まだまだ日中は暑い日が続いています。
今年は、マジ夏バテしそうです。
熱中症対策としての水分補給と、スポーツドリンクの摂取も心がけてます。
まぁ、食欲が落ちていないので大丈夫かとは思いますが…。
昔から、夏に痩せたことがないんですよね。
それどころか、夏太りする傾向があるんですよ。
冬場なら、少々見た目もごまかせるのですが…。
夏はちょっとね〜。
オリンピックもそろそろフィナーレを迎えますし、秋に備えて、いろいろと準備をしなくてはあきませんね。
ん〜と、先ずは何からしようかな?


『海風の香り』
季節によって海の風の香りは違いますが、今回は夏の海をテーマに、開放感を促すサンダルウッド白檀、みかんの香りとウッディな香りが合わさったプチグレン、それからラベンダー、ハーバルなユーカリとペパーミントに、森林の香りのサイプレスをブレンドして、暑い日差しの海岸、夜の静かな波の音、雄大な海原、そんな夏の海がもつ様々な側面をそれぞれの精油に込めました。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月20日(土)

凄いですね〜!
陸上男子400mリレーで銀メダル獲得ですよ!
ジャマイカについで2位って凄すぎでしょ。
個人じゃ決勝まで残れなくても、チームワークで2位は素晴らしいですね。
どうなんでしょう、いままでで一番メダルを多く獲得した大会じゃないのかな?
勇気と感動を一杯もらったオリンピックになりました。
あと競技もわずかですね。
どの選手にも悔いのない試合をして欲しいですね。


『ロマンチック』
ロマンチックというもには、美しいものや素敵なもの、貴重なものをパートナー同士が分かち合っている状態なのではないでしょうか。
素敵な香りも2人でわけあえばえ、もっと素敵になるかもしれません。
安らぎを促すサンダルウッド白檀と、愛する気持ちを高めるジャスミンの花の柔らかな香り、幸せさを促すベンゾインレジのイドのバニラエッセンスの様な甘い濃厚な香りをブレンドして、ロマンチックな香りを表現してみました。
エタノールと精製水に混ぜてルームスプレーとして、またオイルと混ぜてマッサージオイルとして、楽しんで下さい。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月19日(金)

いやいやいや、残念でしたね、女子レスリングの吉田選手。
凄い重圧の中での試合でしたよね。
悔しいやろうなぁ。
負けて終わりて…。
いままで夢を一杯日本に与えてくれたんだから、胸を張って帰ってきて欲しいですね。
マスコミも、しばらくはそっとしといてあげて欲しいですね。
一番悔しいのは、吉田選手自身なんだから。


『旅先での急な便秘に』
旅先などで環境が変わると便秘になる事があります。
原因としては時差による体内リズムの乱れ、普段と違う食生活、環境の違いなどで自律神経が乱れる事が考えられます。
そんな時は、消化促進作用のあるオレンジスィートと、レモングラスに鎮静作用のあるサンダルウッドのブレンドオイルを手に馴染ませ、おへそを中心に時計回りに優しくなでてマッサージしてあげましょう。
みかん畑で収穫しているような、果実と大地の香りを楽しんで下さい。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月18日(木)

いやぁ〜、オリンピックの女子レスリング凄いですね〜!
いきなり金メダル2個ですよ。
そのうえ、オリンピック4連覇を伊調選手が達成しましたね。
金メダルを取るだけでも凄いのに、それも4連覇って!
このあと、霊長類最強の吉田選手も4連覇をかけて戦うんですよね〜!
この勢いで、何とか達成して欲しいですね。


『バリ島の香り』
神々が住む島といわれるように、バリ島にはスピチュアルなものが沢山あります。
神々の声を伝えるスピチュアル医師やスピチュアルカウンセラーの元には、神秘的な体験を求めて世界中から多くの人々が訪れます。
そんなバリ島をイメージした香りは、柑橘系のグレープフルーツ、瞑想をイメージした濃厚な花の香りのイランイランと、サンダルウッド白檀とのブレンド。
旅先でも楽しめるように、マグカップにお湯を注ぎ、そこに精油を垂らして、立ち上がる湯気とともに香りを楽しんで下さい。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月17日(水)

さて、今日も朝からスッキリしない天気で、蒸し蒸ししてましたねぇ。
昼間に、パラパラと雨が降り出して来たので、窓を閉めたらすぐに止んでしまいましたよ。
空を見たら、何かどんよりとした感じなので、窓を開けずにいたら、針灸院の二階は蒸し風呂状態になってました。
こういう天候は、身体に一番こたえますねぇ。
それは歳のせいやろぉ〜!って?
誰じゃぁ〜、そんなこと言うとんの!
承知せえへんぞ!


『ダイエットのイライラ』
ダイエット中は運動を頑張ったり、食べるのを控えたりと多少の我慢や無理は仕方ありませんが、あまりにもそれが過ぎるとストレスがたまり、リバウンドの原因にもなります。
効果を急がず、過度な我慢や無理のない、長く続けられるダイエットをしましょう。
鎮静作用のあるサンダルウッドとレモンの香りに似たレモンバームをブレンドしたオイルで気になる部分を、マッサージ。
マッサージと同時に、レモンバームの効能でイライラも解消。
皮膚を柔軟にして、肌細胞が活性化するスイートアーモンドを使用します。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月16日(火)

今日から8月も後半戦スタート、お盆の最終日ですね。
今宵は五山送り火です。
天気予報では、夕方ぐらいから天気が崩れるようなことを言ってましたねぇ。
現在午後3時、雨が降るような感じはないですけどね。

明日から、仕事が始まる方も多いと思いますが、お盆の休み疲れが溜まったままっていう方がほとんどなんでしょうね。
長期間休みだった方は、仕事のリズムが取れないのとちゃうやろか?
まぁ、無理せず頑張って下さいね。


『虹の香り』
虹は春から夏にかけて見られる回数が多いと言われています。
見つけるといいことがおきそうな気分になれますよね。
赤、橙、黄、緑、青、藍、紫という虹の7色にそれぞれの色をイメージさせる精油を当てはめて、虹の香りをつくってみました。
赤はサンダルウッド白檀、橙は柑橘系のオレンジスイート、黄はレモン、緑は森林の香りのサイプレス、青はオレンジよりもスパイシーな香りのベルガモット、藍はローズマリーの清涼感があるフレッシュな香り、紫はラベンダーのフローラルな香りです。


参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月15日(月)

8月の半ばになりました。
昨日あたりから天候が不安ですね。
今日も午後からゴロゴロと雷が!
雨も降って来たけど、ちょろちょろで終わり、かえって暑くなってしまったような。。。

今日は休みで、オリンピックを観ながら、久しぶりにダラダラと過ごしています。
ふと時計を見ると、もう夕方の4時を過ぎてしまいました。
これからちょっくら、サックスの練習でもしようかと。
部屋の中は暑そうやなぁ〜。


『お盆』
お盆は旧暦の7月15日頃に行われる、先祖供養の儀式です。
先祖の霊があの世から戻り、またもといた場所へ帰っていくという日本の土着信仰と、インド伝来の仏教行事が結びついたものです。
昔から日本人は、今の自分があるのはご先祖様のおかげであると考えていたのですね。
そんな気持ちにのぴったりの精油、弔いのハーブであるサンダルウッド白檀と、森林の香りとサイプレスやシダーウッドをブレンドしてみましょう。

扇子の香りづけに使用すれば、落ち着いた気分になれそうです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月14日(日)

今日の中途半端な雷はなに?
雨もちょろちょろ、余計に暑いわ!
やっぱり、昨日、洗車したしかなぁ。。。
いつも洗車したら雨が降るしなぁ。
ほんまに、いけてへんわ。。。

明日はようやく休みです。
することは山ほどありますが、どうしようかなぁ?
何か、ダラァ〜っと過ごすのもありかななんて思ったりするですよね。

とりあえずは、今日せなあかんことをこなしていきますわ。


『クレンザーで憂鬱ケア』
憂鬱な気分の解消は人それぞれ。
おいしいものを食べる、運動する、温泉へ行くなど、自分なりの解消法を見つけておくと、憂鬱な気分を長引かせる事がありません。
それでもなかなか抜け出せない時は、抗うつ作用のあるサンダルウッド白檀と、爽やかな香りのタイムや、柑橘系のマンダリンで作ったクレンザーでキッチンシンクを磨きます。
ピカピカになったシンクを見ると気持ちもすっきりしますよ!

重曹100グラムのなかにmp、先ほどの精油を合わせて10滴入れよく混ぜ合わせ半日以上おいて香りをなじませます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月13日(土)

いよいよ、お盆突入ですよ。
当初の予想では、針灸院はヒマかな?って思ってたのですが、ふたを開けてみたら、ありがたいことにそこそこの人数の方が来て下さいました。
で、問題は16日ですね。
夜に大文字の送り火がありますからねぇ〜。
翌日から仕事の方が多いでしょうし、けっこうヒマなんと違うかなぁ?
まっ、それならそれで仕方ないですしね。
明日頑張れば、15日はお休みです。
今日も早く帰って、身体を休めようっと!


『夏バテ不眠』
寝苦しい夜が続く季節です。
エアコンや扇風機を上手に使って睡眠の質と量を確保したいところ。
その時気をつけたいのは、風が直接体に当たらない様にする事。
睡眠中に風を直接受けると体温が奪われ、夜中目が覚めてしまったり、風邪をひいてしまったりします。
風向を上向きにし、風を天井や壁に当てて使いましょう。
睡眠作用のあるラベンダーと鎮静作用のあるサンダルウッドのブレンドが入眠を助けます。
サンダルウッドとラベンダーの精油をアロマライトの受け皿へ。
ゆっくりと、安眠へと誘います。

使われる時は、くれぐれも、火の元にはご用心を。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月12日(金)

友人たちとの飲み会から一夜が明け、今日は午前中はバタバタでした。
午後からは、静かな一日となりましたよ。
それにしても、日中は暑いですねぇ。
朝晩こそ少しはましになりましたけどね。

いよいよ、お盆って感じがしてきましたねぇ。
朝早くから、お坊さんがバイクに乗って街中を走り回っておられますね。
自宅のご近所は、早朝の6時半からお経の声が聞こえてましたからねぇ。
いままで、そんなに早い時間からは知らないですねぇ。

お盆が過ぎたら、いよいよ秋の気配が近づいて来ますよねぇ。
早く、涼しくなって欲しいです〜。


『ケアパック』
紫外線を防ぐUV化粧品には、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤といわれる成分が使用されています。
これらの成分が肌荒れや乾燥の原因となる場合もあります。
特に紫外線吸収剤は、肌への負担も大きくなります。
そんな日焼け止めと闘う肌に、クレイパックで栄養を補給します。
乾燥肌や老化肌におすすめのレッドクレイに細胞成長促進作用のあるサンダルウッドと、ローズの香りが優しいゼラニウムをブレンドしましょう。
クレイとは、地中から採掘した粘土を乾燥させたものです。
ミネラルを豊富に含み、吸収、吸着作用、抗炎症作用に優れています。
泥パックとして使用される事が多く余分な皮脂を除去ししっとりとキメの細かい肌に導いてくれます。

クレイとは精油を混ぜ、さらにローズヒップオイルを加えてよく混ぜ合わせ完成です。


参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月11日(木)

今日も暑い一日でね。
それでも、朝晩は少し涼しくなって来ましたよ。
自宅は、洛西ニュータウンの近くなので、周りには竹林がたくさんあり、空気があまり熱せられないんですよ。
ただ、その代わり、冬は寒いですよ〜。
どちらが良いか考えると、やっぱり暑くない方を選んでしまいますねぇ。

さて今夜は、仕事が終わってから友人たちと飲み会です。
外に出るのは久しぶりな感じです。
調子に乗って飲みすぎないようにしなくてわ!


『ケアオイル』
老化を引き起こす最大の原因である紫外線を防ぐには、日焼け止めの使用が欠かせません。
紫外線A波、紫外線B波をそれぞれ防ぐ効果を表したももが、PAとSPFです。
当然、数値が高いほど効果も高いといえますが、SPF値が30を超えるとそれほど効果に差はないとも言われています。
細胞成長促進作用のあるサンダルウッド白檀と、組織再生を促すローズヒップオイルを使ったフェイスオイルで傷んだ肌を修復しましょう。
10mlのローズヒップオイルにサンダルウッドを1滴か2滴。
よく混ぜて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月10日(水)

今日も朝から暑いですね。
家の中は、まだ何とかなりますが、外は道路が焼けてあきませんねぇ。
ここらで、ひと雨欲しいところですねぇ。
先日、パラパラ降った雨で、車がまたもや軽めのヒョウ柄になってましたよ。
黄砂の時ほどひどくはないんですが…。
また、何か飛んでるんでしょうかねぇ?

明日は、久しぶりに友人たちと会う予定です。
軽く一杯ひっかけながら、来年のプチ同窓会の打ち合わせです。
でも、話しが弾みすぎて、打ち合わせにならへんのとちゃうやろか?


『肌ケア化粧水』
肌に日焼けを起こす紫外線B波は、肌を黒くします。
これは細胞の核を光の刺激で破壊されない様に守る傘の様な役割を果たします。
通常は、代謝とともに次第に肌から消えてしまいますが、その代謝が何らかの原因で滞るとシミとなって残ってしまいます。
その原因の筆頭が加齢。
細胞成長促進作用のある、サンダルウッド、ラベンダー、ネロリと、老化肌におすすめの、オレンジの花のネロリウォーターをブレンドした化粧水で肌を生き返らせましょう。
高級エステのパウダールームの大人の香りです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月9日(火)

今日の明け方は、秋を思わせるような感じでしたよ。
窓から、けっこう心地のよい風が、部屋の中に入って来てましたしね。
日中はまだまだ暑いですが、ほんの少し秋の気配を感じられました。

早いもので、もう数日したらお盆ですねぇ。
こんなことを言ってる間に、お彼岸になってたりして。。。
そうしたら、一年の3/4が終わったことになりますね。
ほんま、一年なんてあっと言う間ですね。


『肌ケアクレンジング』
紫外線は肌に老化を引き起こす最大の原因とされています。
紫外線A波は肌の土台といえる真皮コラーゲンを直撃し破壊します。
弱った土台からは弱った細胞しか生まれません。
新陳代謝も乱れ、肌の表面に老廃物が積もり、透明感がなくなりくすんでみえます。
細胞成長作用のあるサンダルウッド、皮膚軟化作用のあるオレンジの花のネロリをブレンドしたクレンジングオイルでお肌を修復しましょう。
肌に優しいホホバオイルなどのオイルに、サンダルウッドとネロリの精油をそれぞれ1滴づつ。
簡単にクレンジングオイルが出来上がります。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月8日(月)

今日は、琵琶湖の花火大会ですね。
もう何年もそういう所に出かけてませんねぇ。
歳をとるたびに、人の多い所が苦手になって来ましたよ。
このままではあきませんよねぇ〜。
って言っても、やっぱり人混みはなぁ〜。。。

今日は休診日で、またもや朝からごそごそ活動開始です。
昼過ぎに自宅に帰って来たのですが、外の暑いこと、暑いこと。
もうたまりませんよ。
早く秋が来て欲しいですねぇ。


『ヨガのお供に』
ポーズや呼吸法などの情報が先行し、エクササイズの1つとして認識されている事が多いヨガですが、ヨガが「結合」という意味であることからも、そもそもは大いなる存在と一体となる為の修行なのです。
インドでは香を焚きながらポーズをとったり瞑想する事があるそうです。
ここでは、そのお香をイメージして瞑想を促すサンダルウッド白檀と、フランキンセンスの深い深い森林の香りとラベンダーをブレンドしてアロマライトやウォーマーであたためてみましょう。
心身ともに、落ち着く時間です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月7日(日)

今日は、暦の上で立秋です。
秋って言われても、この暑さは半端ないねぇ。
仕事から帰る時、桂離宮にある温度計を見ると、温度が出てなくて、注意と出てましたよ。
たぶん、40度を越えてるんでしょうね。
その近くの和菓子屋さんは、かき氷を求めてたくさんの人がいましたよ。
並んでまで、かき氷を食べんでもええと思うんやけどなぁ。

昨日、今日とバイクで出勤したんですが、ヘルメットの中が暑くてたまりませんでした。
やっぱり、車が楽ですねぇ。


『寛大になりたい』

人の上に立つ人には寛大さが求められます。
寛大とは、度量が大きく、思いやりがあり、むやみに人を責めないこと。
なかなかすぐにはこの様な懐が深い状態になることは出来ないかもしれません。
しかし、寛大な人間になりたいと思うことは、自分の未熟を認めて成長したいと思うこと。
寛大さに通じます。
どうにも人を責めたくなったら、まずは、寛大さを促す、白檀サンダルウッドとゼラニウムの薔薇に似た香りをブレンドし、お風呂に入れて深呼吸しましょう。
深呼吸は自律神経を整える事に一役かいます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月6日(土)

8月の最初の週末です。
今朝は、嫌な夢で目が覚めましたよ。

どんな夢かと言うと、車を盗まれる夢なんです。
100円パーキングから車を出して、支払いの領収書をもらってないのに気がついて、精算機に取りに行ってる間に、車を盗まれるという夢なんです。
その車の中には、財布、免許証、保険証、クレジットカードなどなどの貴重品が入っていて、夢の中とはいえ、死にそうになりましたよ。
マジに夢の中で、夢であってくれと願いましたよ。
ふと気がつくと、布団の中にいることに気がつきました。
心臓は、やはりバクバクしてました。
あまりにも気分が悪く、まだ朝早かったのですが、起きてしまいました。

先ほど、インターネットで夢占いを調べてみたんです。
そしたら、この様に書かれてました。

『車を盗まれる夢は、金運や仕事・学業運の上昇を暗示している吉夢です。』
ですって。

朝から嫌な思いをして損した感じです。
この夢占い通り、上手く行けばいいのになぁ〜。



『勝負の前に』
勝負下着を付けるのはデートの時だけではありません。
最近は仕事のときにも勝負下着を着けている女性が増えているそう。
見えないところをきちんとしていると自信が持てるというのは納得です。
お気に入りの下着で気持ちを高め仕事を力をアップさせてみては?
リラックスさせ精神を高揚させてくれるグレープフルーツとオレンジの柑橘系。
それから精神を明瞭にさせてくれるサンダルウッドで、匂い袋を作りましょう。
お守りの様に、バッグに忍ばせるのもよいかもしれません。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月5日(金)

いやぁ〜、今日も暑いですねぇ。
でも、すっきりした青空ではないんですよね。
梅雨が明けてから、まだギラギラした夏の空を見てないですねぇ。

先ほど、『理論』の修正したものを、FAXで印刷会社に送りました。
明日、訂正したものを持って来られ、それでOKなら、いよいよ印刷に入ります。
最短で、12日に上がって来る予定ですよ。

いやぁ〜、とうとうここまで来たか!って感じですねぇ。
あとは、チェックミスが無いことを祈るだけです。
うわぁ〜、めっちゃドキドキしてきたぁ。


『ストレスを吹き飛ばす香り』
生きているかぎりストレスから完全に逃れることは出来ません。
昔から「幸、不幸は自分の胸三寸が決める」といわれます。
つまり、自分の心がけ次第で、人生をストレスの多いものにも少ないものにも出来るのです。
ストレスに振り回されず、人生を豊かに楽しく過ごせる様にしたいですね。
精神安定作用のある、柑橘系のベルガモットに、イライラや苦悩を改善するサンダルウッドのブレンドで自分の心を制御しましょう。

ベルガモットを3滴と、サンダルウッド2滴。
アロマライトの受け皿へ。
ゆったりと落ち着いた時間を過ごしましょう。

考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月4日(木)

今日、来られた患者さんからこんなことを言われました。
その方は、柑橘農家の方で、先日のブログでレモンのことを写真付きで書いたのですが、上手く出来てると褒められました。
やはり、プロの方からそう言われると、嬉しいものですねぇ。
我が家のレモンの実は、まだまだ小ぶりで色も濃いグリーンなんですが、もう少しすると薄いグリーンになっていくそうです。
その頃が、果汁はとれないけど、皮の香りが最も良いらしいです。
我々が見なれた黄色いレモンは、年が明けて3月頃にならないとダメなそうです。
レモンを育てるって、ほんまに大変なんですねぇ〜。


『疲労回復バスタイム』
昨日ご紹介した、ジャスミンや、イランイランのフローラルな香りとサンダルウッドのウッディな香り。
それに、大地の香りのプチグレンを加えると疲労回復が期待できる香りになります。
プチグレンには心身の興奮を収め、リラックスさせる作用とともに、活力をよみがえらせる特質があります。
そして、今月の精油のサンダルウッドにも心を落ちつかせる働きがあるので、これらの精油を合わせたバスフィズのお風呂で温まれば、深い睡眠がとれる準備が整います。

重曹にクエン酸、それからコーンスターチと天然塩を加えてよく混ぜ合わせ、精油を加えます。
ラップで丸めて固まれば出来上がりです。

8月3日(水)

いやぁ〜、すっきりしない天気ですねぇ。
いま外を見たら、いまにも降って来そうな感じです。
それも雷付きって感じです。
かなんなぁ〜。
こんな時間から誰も来ないやろし、早く針灸院を閉めて帰ろうかな…。
あかんやろか?


『2人の夜に』
ローズオットーやジャスミン、イランイランなど、フローラルな香りは2人の夜を演出する精油です。
ウッディ系のサンダルウッドにもその作用があると言われています。
また、サンダルウッドは、考え過ぎてしまう傾向を抑えて人間が 持っている原始的な力があるとされています。
マグカップに、7分目くらいまでお湯を入れ、そこにサンダルウッドとローズウッドの精油を1滴づつ垂らし
立ち上がる湯気とともに、香りを楽しんで下さい。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

8月2日(火)

今日は、何かパッとしない天気ですねぇ。
お昼には突然の夕立ち。
けっこうな強さの雨でしたよ。
慌てて針灸院の二階の窓を閉めに行きましたよ。
その後は、晴れるでもない、崩れるでもない、中途半端な感じです。

ふと気がつけば、もう8月ですね。
本来なら、夏真っ盛りの頃ですが、自宅の周りではもうすでにヒグラシが鳴いていますよ。
空の雲といい、セミの鳴き声といい、何か季節とバラバラな感じですねぇ。
地球全体がおかしくなってるんでしょうねぇ。


『チョコみたいなキャンドル』
チョコレートには、催淫効果があり、恋愛感情を起こすホルモンに似た働きをする物質も含まれているという研究効果が出ているそうです。
2人で過ごす夜に、お酒と一緒に甘さ控えめのチョコレートはいかがでしょう。
そして、そのチョコレートの様な作用のキャンドルを灯して、もっと甘い夜を演出。
催淫作用のあるイランイラン。
オレンジの花のネロリ、サンダルウッド(白檀)を使います。
高級なジャスミンティーの様なオリエンタルな香りを楽しみましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

PageTopNext>>

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR