9月30日(金)

今日で9月も終わりですね。
明日から10月で衣替えです。
しかし、台風の影響で毎日天候が変わり、何を着て良いのやら悩んでしまいます。

朝、ちょっと涼しいから長袖をチョイスすると、日中は暑く感じたり。。。
来週やって来る台風が無事過ぎてくれないと、天気も安定しないでしょうね。

今日の1時からの予約の患者さんが来ない。
全く何の連絡もない。
こちらから連絡を取るのもバカくさいので、何もしていない。
明日と間違ってるような気がするなぁ。
明日は無理やしなぁ〜、もう知らんわ。
あ〜あっ、今日の予定がぐちゃぐちゃになってしもた…。


『名残の香り』
9月の別名は「長月」。
夜が長くなることから呼ばれるようになったといわれています。
まだまだ暑さの残る時期ですが、自然を見渡すといたるところに秋を感じるようになります。
軽やかな夏からしっとり落ち着いた秋への変化を香りで感じてみませんか。
秋らしい安定さを感じさせるバニラのような香りのベンゾインレジノイドとローズマリー、地に足をつけさせてくれるオレンジの香りのネロリと、ラベンダーをブレンドします。

オイルウォーマーにネロリ2滴、ベンゾイン1滴、ラベンダー1滴、ローズマリー2滴を入れて温め、お部屋に香りを広げます。

明日から10月です。
10月は私の大好きなゼラニウムです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

スポンサーサイト

9月29日(木)

9月も終わりというのに、うっとしい天気が続きますねぇ。
その上、湿度が高く蒸し蒸ししてます。
先日エアコンの暖房をつけたのに、またもや冷房に逆戻りです。
こんなことを繰り返してたら、身体も悲鳴をあげてしまいますねぇ。

その上、また台風18号が近づいているみたいですね。
10月3日、4日に西日本に接近してくるらしいです。
台風の影響で、大雨でも降ろうもんなら、各地で被害が予想されますね。
特に農作物は、消費者にとって困りますよね。
京都では、ぼちぼち稲刈りの時期ですからね。
農家の方は、ほんまに気が気やないでしょうね。
台風が、日本上陸しないように願うしかありませんねぇ。


『ケアバスソルト』
夏の間の冷房、薄着、冷たい食べ物で秋の身体の内部は冷え切っています。
この冷えが痛みをゆうはつえさせるという考えがあります。
血行促進作用のある、柑橘系のマンダリンと鎮痛作用のあるローズマリーで作ったバスソルトを入れたお風呂で身体をよく温めましょう。
内側のくるぶしの上、指の横幅3本分くらいの位置にあるツボ「三陰交」をお風呂で温まりながら押すのもオススメです。
かなりの痛みがありますが。

容器に天然塩大さじ2と、マンダリンとローズマリーを1滴づつ入れよく混ぜ合わせます。
時々振りながら半日以上置いてお湯をはったバスタブに入れてよくかき混ぜ入浴します。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月28日(水)『第61回 表美展』




先日、友人が治療に来てくれた際に、今年もポスターを貼って欲しいと頼まれました。
もちろん快諾して、貼らせてもらいました。

『第61回 表美展』

10/29(土)〜10/30(日)
10:00〜16:00
京都市勧業館 (みやこめっせ)
地下1階 第1展示場
TEL 075-762-2630
入場無料


行った人に聞くと、なかなかええらしいですよ。
一度見に行きたいって思ってるんやけど、土日は仕事のがあるからなぁ。
今年もあきらめないと仕方がないなぁ。


『ケアバスオイル』
女性だけのケアとして、生理によるストレスがあります。
憂鬱な気分を明るくしてくれるローズマリーや、柑橘系のグレープフルーツのブレンドでゆったりとお風呂に入り、ストレスを排出しましょう。

容器にスイートアーモンドオイル10mlとグレープフルーツとローズマリーの精油を2滴づつ入れます。
よく混ぜ合わせれば完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月27日(火)

そうそう、9月になって気になってた事があってね、針灸院から少し行った所に、有名企業のロ◯ムがあるんだけど、クリスマスの電飾の飾り付けが始まったんですよね。

ちょっと早くないか?
まだ9月やで。
確か11月からクリスマスまでの1ヶ月間、電飾がつくんだけど、まだ本番まで2ヶ月もあるよ。

こんな作業を見てしもたら、あぁ今年も終わりかって感じになるやん。
もう少ししたら、また迷惑な1ヶ月間が始まるんやなぁ〜。。。


『負けない香り』
仕事の場で理不尽な言葉を投げつけられることが、まったくない人はいないでしょう。
その度に泣いたり怒ったりしていては、仕事はできません。
賢い女は結果を出すことで対抗しましょう。
活力を与えてくれる大地の香りアンジェリカルート、爽やかな柑橘系の香りレモングラス、そしてローズマリーをブレンドしてボディスクラブを作りましょう。
角質と一緒にダメだった自分ともさよならしましょう。
くれぐれも、こすり過ぎには注意です。

天然塩大さじ3に、ホホバオイル大さじ1と2分の1をいれよく混ぜ合わせ、アンジェリカルート1滴、レモングラス1滴、ローズマリー4滴を入れさらに混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月26日(月)





たまたま信号待ちをしていたら、横から車載車が。
何か白いスポーツカーが載ってるなぁと思ってたら、何と幻の名車、トヨタ2000GT‼️
興奮して思わずスマホでパシャリ。
初めて生で見ましたよ。

当時生産されたのは、たった337台で、レプリカ以外で現存するのは33台とも言われています。
このクルマは、映画007シリーズの『007は2度死ぬ』でボンドカーとして登場したのは、クルマ好きには有名な話しです。
ちなみにこのボンドカー、クラッシックカーのオークションで1億1800万円で落札されたそうです。

何十年も前のデザインですが、今もなおカッコ良く見えるのはわたしだけでしょうか?


『愛の香り』
ウィーン大学の研究によると、恋人との情熱的なキスは心拍数をあげ、アドレナリンを放出させ、コレステロール値を下げ、さらに細菌を交換することは免疫を強化させる働きがあると思います。
恋愛は身体にもいいと言えなくもないわけです。
恋人とのんびり過ごす時間に香りをプラスしさらに幸せになりましょう。
多幸感をうながす濃厚な花びらの香りイランイラン、愛する気分を高めてくれるオレンジの花の香りのネロリ、ローズオットーに幸福を呼びローズマリーのブレンドで2人の時間を。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月25日(日)

終了〜でーす!
長かったなぁ13連勤。。。
ん、なんかポツポツ言い出したぞ。
いまから洗濯物を干そうと思ってるのに…。
いや、こんな雨に負けませんよ。
洗濯物は干します。

もう洗濯出来てるかなぁ?
それが終わったら家に帰れるしなぁ。
ちょっと見てこよう。


『グッドラック』
幸せや不幸せの大部分は状況というより、気の持ち方次第である。
と言ったのは、アメリカ初代大統領夫人マーサ・ワシントンでしたが、それでも人は幸運を待っています。
気持ちを前向きにすることで、幸運を手に入れたように感じられる香りを使ってみては。
幸運を呼び邪悪から身を守ると考えられたローズマリー、幸運を現実化する力を与える柑橘系のオレンジ、幸福感を促す薔薇の香りローズオットー、そして暖かさを促すサンダルウッド白檀のブレンドです。

オレンジスイート10滴、サンダルウッド6滴、ローズオットー3滴、ローズマリー6滴をブレンドして、アロマランプの受け皿に。
気分をリセットして明日に備えましょう!


参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月24日(土)

今日仕事終了しました。
あと明日一日頑張れば、ようやく休みになります。
今回の13連勤は長く感じましたねぇ。
これからぼちぼち片付けるとしますかね。

明後日は、サックスのレッスン日なので、家に帰ってから少し練習をしないとあきません。
発表会まであと少ししかありませんからね。


『自信がシュワシュワ』
昨日までは余裕を持っていたことなのに、急に自信がなくなってしまった時は、まずはパニックになる前に、成功した時の感覚を思い出してみましょう。
香りでケアするならば、自信を増すのに最も効果的と言われるローズマリーと、精神的なリラックスを促してくれる、濃厚な花粉の香りジャスミンのブレンド。
バスフィズにするとシュワシュワ湧く泡に、身体の奥から自信がわいてくる、そんなイメージです。

重曹大さじ5、クエン酸小さじ5、コーンスターチ小さじ2、天然塩小さじ2をよく混ぜ合わせます。
さらに、ハチミツ小さじ1を加えて混ぜ合わせます。
そして、ジャスミン4滴とローズマリー6滴を加えてさらに混ぜ合わせます。
出来上がったものをラップに取り分けて丸めれば完成です。
10分ほどで固まります。
約3回分のレシピです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月23日(金)

朝からどことなく中途半端な天気。。。
やはりこんな日は、身体にこたえるのか、久しぶりの患者さんから治療予約の電話がかかってきた。
みんな、しんどくなるのは一緒のようで、重なるんですよね。
結局、丁寧にお断りをするはめに…。
予約も取れないぐらい流行っているならいざ知らず、なんとももったいない感が頭から離れない。。
気持ちを切り替えて、夜の治療に集中しないと!


『洗濯機の掃除』
毎日、衣類や寝具を綺麗にするために使う洗濯機。
ところが洗濯機の裏側には、水垢や洗濯カスなどによってヌメリが発生し、そこに黒カビが発生しています。
洗濯のたびにこのカビがはがれ衣類とともに回っているのです。
普段は見えない洗濯層の裏側。
汚れてからというよりも、定期的のお掃除をするようにしましょう。
殺菌、消毒効果のあるローズマリーとペパーミントを使います。

水を溜めた洗濯機に重曹200gとローズマリー精油13滴とペパーミント7滴をいれ、5分ほど洗濯機を回し、10分ほど放置した後、排水します。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月22日(木)

今日は秋分の日です。
台風も去り、秋晴れを期待してましたが、午後からけっこうな雨が降って来ましたよ。
傘はあったのですが、クロックスを履いてたので小降りになるまで針灸院で待機してました。

気温がだいぶ低くなって来ましたね。
針灸院ではもちろん暖房を入れましたよ。
9月から暖房って、こんなことは初めてですね〜。

あと3日間頑張れば、長かった13連勤も終了です。
ほんまに体力ないなぁ〜。
ちょっと身体を鍛えないとあきませんねぇ。
これから何をするか考えてみましょうかね。


『ファンタジー小説を読むとき』
「チョコレート工場の秘密」で知られる作家ダールは、「キラキラ光る目で世界中を見つめてください。なぜなら最高の秘密は常に最も思いもよらないところに隠されているからです。
魔法を信じない人は決してその秘密を見つけられないでしょう」と言っています。
読書の秋にファンタジーを読むときはぜひ魔法を信じて。
ユーモアを促す薔薇に似た香りのゼラニウム、内なる幻想を促す落ち着いた香りのフランキンセンス、想像力を促すスパイスのクローブ、もちろんローズマリーも手伝います。

受け皿に、クローブ2滴、ゼラニウム2滴、フランキンセンス1滴、ローズマリー1滴をウォーマーで温めます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月21日(水)

昨日は雨降りで、気温も上がらずめっちゃ寒かったですねぇ。
夜の治療の時には暖房をつけましたよ。
まだお彼岸も終わってないのに、どういうこっちゃ。
こう考えると、暑い時期ってけっこう短いですね。
もう少ししたら、寒い寒いと言うんでしょうね。
そして気がついたら、今年も終わってるんやろなぁ〜。。。


『若返りの水』
9月の精油として選んだローズマリーには、たくさんの逸話があります。
中でも最も有名なものが、ハンガリーの王妃が使った若返りの水のエピソード。
修道院から献上されたローズマリーを主とした若返りの水を化粧水として使っていたエリザベート王妃は、70歳を超えてからポーランド国王からプロポーズされたと言い伝えられています。
それを再現したレシピをご紹介しましょう。

スプレー容器に、アルコール10mlと、オレンジスイート2滴、レモン6滴、ローズマリー4滴を入れよく混ぜ合わせます。
そして、オレンジの花から取れるネロリウォーター5ml、ローズウォーター5ml、精製水40mlを加えてよく混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月20日(火)

今日は、台風の影響で朝から雨降りです。
気温もあまり上がらず、半袖で過ごすには寒いくらいです。
さすがにこの天候で、今日の予約がキャンセルになりました。
あぁ、これは坊主は免れないなと諦めかけた3時過ぎ、まさかの今夜の予約が入りましたよ。
まぁまぁ、有り難いことではあるのですが、朝から仕事モードスイッチは完全にOFFですからねぇ。
ぼちぼちスイッチを入れないとあきませんねぇ。

5時前になって、だいぶ雨足も弱まって来たようですよ。
このまま止んでくれると嬉しいんですけどね。


『肩こりケア』
「温シップ」と「冷シップ」。
湿布にはおもに2種類あります。
どちらも温度差で皮膚に刺激を与え、痛みなどを和らげるものです。
肩こりのような血行不良が原因の痛みには温シップのほうが有効です。
後頭部首に付け根周辺にかけてある、僧坊筋が凝り固まって、肩こりを引き起こしていることもあるので、首の後ろ周辺も一緒に温めてあげるといいでしょう。
筋肉の緊張を緩和するラベンターと鎮痛作用のあるローズマリーを使います。

無水エタノール5mlと精油を1滴づついれよくかき混ぜます。
洗面器にお湯をはり、精油を 混ぜたエタノールをいれ、またかき混ぜます。
その中にタオルの中心をを浸し、やけどをしないように絞ります。
必要な箇所にあて、その上にラップをのせ温度が下らない様にしましょう。


参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月19日(月)

いやぁ〜、昨日は雨がよく降りましたねぇ。
針灸院からの帰り、ギリギリセーフって感じで、家に着いた途端、ザーッと降って来ましたからね。
明日、明後日と台風の影響でどうなるかですね〜。
大したことなければ良いのですが…。

今日の針灸院は、ゆるゆると時間が流れています。
決して暇〜という訳ではありません。
予約状況が朝一番とラストなんですよね。
間が空いてしまうのは、けっこう辛いもんがありますねぇ。
どんな仕事でもそうでしょうが、リズムって大事ですよね。
リズムの良い時って気持ちもノリますしね。
これから治療に来てくれる方のためにウォーミングアップするとしますかねぇ。


『筋肉痛ケア』
運動をした後にやってくる、辛い筋肉痛。
身体の痛みだけでなく、運動不足の実感も辛さを倍増させます。
運動したその日のうちにケアすれば、翌日は多少楽になります。
ただし、筋肉痛に強いマッサージは禁物。
筋肉疲労の回復効果が認められているフレッシュなグリーンの香りサイプレスと、鎮静作用のあるローズマリーのボディオイルを、疲れを感じる部分にさっとすりこみましょう。
オイルには抗炎症作用があり、高い浸透性のホホバオイルを使用しましょう。

ホホバオイル10mlにサイプレスとローズマリーを合計4滴入れて、よく 混ぜ合わせて完成です。

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月18日(日)

今日は、朝からずっと小雨がぱらついててスッキリしない天気です。
やはり湿度もけっこうあるようで、朝からエアコンをつけてます。
台風の影響もあるんでしょうね。
近畿は、20日〜21日に影響が出そうなようですね。
行楽シーズンなのに、これでは台なしですね。

天気の影響か、ありがたいことに針灸院はぼちぼちな感じです。
まぁ、こんなスッキリしない天気の日は身体もスッキリしませんからね。
今日は日曜日なので、夕方には治療も終わりです。
家に帰って一服したら、サックスの練習を頑張らないと!
今は音階練習にハマってます。
これが、リズミカルにすらすら吹けるようになると良いのですがねぇ。


『キッチン消臭スプレー』
キッチンは家の中でもっとも清潔にしておきたいところですが、逆に一番ゴミが出るところでもあります。
とくに気温が高い時期には生ゴミは悪臭を放ちます。
ゴミの収集日までその臭いと同居しなければならないのはとても不快。
殺菌作用のあるローズマリー、デオドラント作用のある柑橘系のベルガモット、パインでスプレーを作り、片付けの際にゴミにシュッシュッとしておきましょう。
悪臭を抑えられます。

スプレー容器に無水エタノール10mlと精油を合計20滴入れ、よく混ぜ合わせます。
精製水40mlを加えてよく混ぜ完成です 。



参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月17日(土)

夕方5時過ぎに仕事を終えて帰宅、ちょっと休憩と思い、ただひたすらボケーっとして過ごしていた。
妙に何かスッキリしない感じが…。
でもあまり深くは気に留めなかったのだが、だんだんと気になり出してきた。
と言っても、気になるものが何なのかさっぱり分からない。
そんなことを考えて30分ほど過ぎた時、ようやく気がついた。
そう、本日の『よもや』をまだ書いて無かった。
よくぞ思い出したと我ながら感心し、その様子をいま書いている。
書くのを忘れると言うのは、あまりにもブログねたが無いからだと思う。
困った時の天気ねたばっかり書いてられないし…。
今日も、明日のブログねたを探さねば。。。


『勉強の香り』
新学期の始まりでもある9月。
学生でなくても新しい分野の勉強を始めてみるのもいい時期です。
世知辛い世の中、自分への投資がなによりの高利回りかもしれません。
趣味でも資格取得でも知識や技術を身につける事で、新たな自分を発見でき、キャリアアップにもつながります。
勉強に必要な集中力を高める香りはこちら。
頭脳明晰作用のあるローズマリー、ローズウッド、それからハーブのバジルの香りのブレンドです。

お好きな精油を合計6滴。
受け皿に入れて温めましょう。
バジルは香りが強いので1滴がおすすめかも しれません。

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月16日(金)

今日から9月も後半戦です。
何度も言いますが、時間が経つのが早いですね〜。
今日は、涼しいのか暑いのかよく分からん天気です。
朝のうちは冷んやりしてたのですが、午後からはじわじわと暑くなって来ました。

さてさて、台風はどうなってるんですかね?
ちょっとネットで調べてみましょうかね。

ん〜、あかんやん。
九州直撃やん…。
明日から雨マークが続いてるやん。
せっかくの連休が台なしやん。
あんまり天気が悪すぎたら、針灸院も暇になってしまうやん…。


『よれよれヘア追放』
暑い時期は、汗や湿度で髪型が決まりにくいものです。
そこでおすすめなのが、手作りのスタイリング剤。
収れん作用によりたるんだ肌を引き締め、頭皮を刺激し血行を促進し髪の成長を促すローズマリー、皮膚軟化作用があり頭皮を柔らかくし血行を促進するサンダルウッド白檀とゼラニウム、髪と老化防止に効果のあるローズマリーウォーターでスタイリングミスとを作ります。
朝のスタイリングに使えば寝癖も直せ、気持ちもシャキッとします。

スプレー容器にグリセリン5mlと精油を合計10滴入れよく混ぜ合わせます。
そこにローズマリーウォーターを45 mlいれよく混ぜ合せて完成です。

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月15日(木)

昨日とは一転し、今日は時間がゆるゆると流れています。
こんな日が続くと困りますが、たまのことならまっいいかぁって感じです。

今日は、天気がもう一つすっきりしませんね。
部屋の窓を開けてると、風が入って来て気持ち良いです。
湿度の方もそうひどくはないようですね。

また台風が近づいてるようですね。
予想が当たれば、また九州直撃ですよ。
明後日からの三連休は、ぐずついた天気ににりそうですね。
来週の月曜日が敬老の日なので、26日まで休みがありません。
何とか乗り越えねば!


『敬老の日』
敬老の日は「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」という思いから1947年にできた「としよりの日」が始まりと言われています。
その後、1964年に「敬老の日」に改められ、1966年に国民の祝日となりました。
2002年までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2003年から9月の第3月曜日となりました。
幸運を呼ぶといわれているローズマリーと、尊敬の思いを促すオレンジの香りを贈り物に添えて、敬愛の気持ちを伝えて下さい。

プレゼントカードのすみに、1滴づつたらし、密閉容器にいれ半日ほどおいて香りを移します。
とても簡単で素敵なカー ドの出来上がりです。

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月14日(水)

まだ6時やのに、もう薄暗いですね。
ついこないだまで、7時半を過ぎてもまだ明るかったのになぁ。
日に日に季節が移り変わって行きますね。
ふと気がついたら、もう年末やったりして。。。
って思うぐらい時の経つのが早いですね。
それに、明日で9月も半分終わりですよ。
ちょっと洒落になりませんね。
やらんならんことは、さっさと終わらさないとあきませんねぇ


『目覚めのシャワー』
残暑厳しい時期、寝疲れなかったり寝苦しくて起きてしまったり、どうしても睡眠不足になりがちです。
それでも朝はやってきます。
ピシッと目覚めたい時に、神経を刺激して活力を与えるシトラス系とフローラル系が混ざったようなパルマローザ、刺激作用のあるローズマリーを使います。
シャワーを浴びる時、洗い場にそれぞれの精油を1滴づつ垂らすだけ。
ねぼけていても大丈夫です。
立ち上がる湯気とともに香りを楽しみましょう!
さぁ、一日の始まりです!

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月13日(火)

さぞかし降るのかと思いきや、ぜんぜん降らへんやん。
けっこう雨対策をして来たのに、これなら要らんかったなぁ。
まっ、備えあれば憂いなしっていうからね。

それにしても、気温は大したことないけど、湿度がねぇ〜。
結局、朝からエアコンを入れっぱなしやん。
また脚が冷えて痛くなるっちゅうねん。
ほんまに嫌になるわ。。。

しばらくは台風の影響で、うっとしい天気が続くんやろなぁ。
しかし、台風がよく来るねぇ。
次から次へと発生してる感じやね。
台風被害にあわれた方々のことを考えると、胸が締め付けられる感じになりますね。


『スポーツ観戦の香り』
スポーツの秋。
実際に身体を動かしてプレーするのも、競技場で応援するのも、テレビの前で観戦するのも楽しい季節です。
芝生の香りをイメージさせるサイプレスに刺激作用のあるローズマリー、熱中させてくれるバラの香りに似たゼラニウムのブレンドでサッカーや野球中継を見るのにぴったりな香りを作ってみました。
火を使わないアロマライトなら、うっかり放置しても安心です。

アロマライトの受け皿に、サイプレス3滴、ゼラニウム1滴、ローズマリー2滴をたらして香りを楽しみましょう。

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月12日(月)

今日は月曜日なので休診日です。
久しぶりに、特に予定のない一日です。
明日からは、またもや13連勤となりバタバタするので、朝から散髪に行って来ました。

髪の毛を短かくしていると、ある日を境に突然ボッと伸びるんですよ。
冗談みたいな話しに聞こえますが、これが本当なんですよね。
まぁ、だいたい3週間を過ぎた辺りからですかね。

いつも行く散髪屋さんは西京極にあって、お正月以外は無休なんですよ。
それに、カットとひげ剃りで1680円とありがたいお値段も魅力の一つです。

散髪を済ませ家に帰ってからは、テレビを見たりボーっとしながら過ごしてました。
ふと気がつくと、もう3時半を回ってました。
いまから、ちょっとサックスの練習を頑張ろうかと。
今度の課題曲、全然吹けないんですよ〜。
曲を全く知らんし、その上テンポも速いし…。
あ〜、11月までに何とかなるんやろか???


『エネルギーチャージ』
バッテリーの残量があとわずかとなった携帯電話のように、すぐエネルギーをチャージしなければ、どうにもならないピンチのとき。
睡眠や栄養たっぷりの食事、友達とのおしゃべりや映画鑑賞など、対処法はいろいろありますが、香りの力も侮れません!
神経を刺激して活力を与えるパインと、せり科のアンジェリカルートの大地の香りと、ローズマリーをブレンドしてみてください。
マグカップに七分目ほどお湯をいれ、そこに精油をほんの少しづつたらします。
ほんの数分ですが、エネルギーチャージにはもってこいです。
元気なあなたを取り戻して下さい!

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月11日(日)

今朝、ひょっこりと高雄倶楽部代表のあらてつくんが訪ねて来てくれました。
何ごとかいなと思っていると、友人が糖質制限ドットコムにメールで糖質制限のマカロニはないのですか?と質問したらしく、それに応えて開発を進めて来たらしいです。
ようやく商品化に成功したようで、友人が治療に来た時に、この糖質制限マカロニを渡して欲しいとのことでした。

たまたまなのか、その友人が治療に来てくれることになっていたので、グッドタイミングでしたよ。
あらてつくんが帰った20分後に友人が治療にやって来ました。
あらてつくんから聞いたマカロニについての説明をして、治療を始めました。
私自身も食べることが大好きなので、マカロニで何を作るか話しが盛り上がりました。
私的には、やはりここはマカロニグラタンがベストチョイスと思っているんですけどね。
友人はマカロニサラダも捨てがたいと言ってましたねぇ。

なぜ、マカロニでこんなにも話しが盛り上がるのかと言いますと、糖質制限食ではパスタ、麺、パン、ごはん等の炭水化物はご法度なんですよね。

一人前の乾燥パスタ100gで炭水化物が約72gもあるんです。
糖質制限食に興味のない方は、何のことかさっぱり分からないと思いますが、72gもの砂糖を食べるのと同じことになるんですよ。

一般的な家庭での食生活で、だいたい一日に300gの炭水化物を摂取しています。
炭水化物が含まれるのは、決して主食だけではありませんよ。

野菜にもけっこう多く含まれていますからね。
玉ねぎ、トマト、白菜、人参、キャベツなど甘く感じる野菜は、要注意なんですよ。

食品だけではありませんよ。
しょう油、ソース、ケチャップも少ないとはいえ、もちろん含まれていますからね。
特に、お刺身を食べるときに使うたまり醤油は、大さじ1杯で約2.4gも糖質が含まれています。

そんなことを踏まえて計算していくと、けっこうな量の炭水化物を摂取することになるんですよ。

昨日、患者さんからこんなことを言われました。
以前糖質制限をした時、頭がボーっとしたと。
最近、テレビでも糖質制限批判の番組を目にしますが、これはハッキリ言って言いがかりですね。
食事で糖質を摂らないと、脳に栄養を与えられず頭がボーっとするのだと。

もちろん、糖質は身体を養っていく上でなくてはならないものです。
が、それはあくまでも、身体が糖質代謝を基本にしている場合のことです。
糖質制限するということは、糖質を摂らないのだから糖質代謝が出来ません。
そこで身体は、糖質代謝から脂質代謝にチェンジするんです。
脂質代謝になったからと言って、脳や筋肉に糖質が要らなくなるなる訳ではありません。

人間の身体の凄いところは、糖質が入って来ないのなら自分で作ってしまうところなんです。
体内で作られる糖質のことをケトン体と言います。
このケトン体で脳や筋肉を養っているんです。

ですから、頭がボーっとする、身体がだるいなどの症状を経験した方は、ハッキリ言って中途半端な糖質制限したためだと言えます。

糖質制限についての質問があれば何なりと。
詳しくお答えいたしますよ。


『車内の消臭』
自動車は密閉空間であるというその構造上、臭いがこもりがちです。
その臭いの原因は、ガソリンやたばこ、エアコン、カビ、ほこり、体臭など頑固そうな曲者ばかり。
これに芳香で対抗しようと思っても、かえって臭いがまじり、さらに悪臭になりかねません。
そんな時便利なのが精油の力。
殺菌作用のあるローズマリー、脱臭作用のあるオレンジの花の香りネロリ、デオドラント作用のあるローズウッドをブレンドします。

スプレー容器に無水エタノール10mlと精油を合計20滴になるようにブレンドし、良く混ぜ合わせます。
そこに精製水40ml を加えよく混ぜて完成です。

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月10日(土)

さてさて、週末を迎えましたねぇ。
あと一日頑張れば休みです。
とホッとするのもつかの間で、カレンダーを見てみると、再来週の月曜日は敬老の日で祝日です。。。
と言うことは、またもや13連勤です。
まぁ、自分で決めたことなんでええんですけどね。

最近よく思うのが、いつまでこんな勤務体制を続けられるのか?
初志貫徹で、出来る限りは頑張ろうと思ってはいますが…。
年々、体力的にしんどくなって来るでしょうね。
その時は、勤務体制を考え直さないとね。


『膨満感』
膨満感とは腹部にガスがたまっているような感じで苦しくなる状態です。
早食いや食べ過ぎにより食べ物と一緒に多くの空気を取り込んでしまった時や、疲労で胃腸の働きが低下している時に起こりやすいようです。
早食いや食べすぎは胃腸に負担をかけるので、ゆっくり食べる習慣を持ちたいですね。
腸内に溜まったガスを排出させる作用があるローズマリーとレモングラスのオイルでマッサージをしましょう。
ただし食後2時間以内は避けてください。

スイートアーモンドオイル10mlとレモングラス1滴、ローズマリー3滴をいれよく混ぜ合わせるこれだけです。
使う前によく混ぜて下さいね。

参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月9日(金)

朝夕は、だいぶ秋らしくなって来ましたが、日中はまだまだ日差しが強くて暑いですね。
今日も朝からエアコンのお世話になっております。
ずっとエアコンの効いた部屋に居るのはいやなので、出来るだけ受付に居るようしてました。
でも、受付は南側なので、日差しがまともでめっちゃ暑いです。
玄関なんかまるでサウナのようですよ。
ちょっと厚着して、30分ほどそこに居たら、かなりの汗が出るでしょうねぇ。
身体のデトックスには持ってこいかも!


『引き締めパック』
引き締めのクライマックスは、パックです。
収れん作用のある精油とフローラルウォーターと合せる事で掛け算の引き締め効果が期待できます。
スペシャルケアとして使ってみて下さい。
収れん作用のあるローズマリーと柑橘系のグレープフルーツ、樹脂系でかすかな香りしかしませんが老化防止に作用のあるミルラ、そこに若返りの水ローズマリーウォーターに混ぜます。
出来上がった化粧水をフェイシャルマスクに含ませて、パックしましょう。
10分程度で、お肌もちもちになりますよ!


参考書籍: 永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


9月8日(木)

今朝はひどい雨降りでしたね。
ちょうど、西京極に着いた時からどしゃ降りだったので、靴下を脱いで針灸院を目指しました。
ほんの200mほどしかないのですが、ズボンの裾はぼとぼとでした。
当然ながら、足もぼとぼとです。
とりあえず足を拭いて、すぐに着替えに行きました。
すると、外ではゴロゴロと雷の音が聞こえるではありませんか!
患者さん来れるやろかと?と不安になったのもつかの間、だんだんと小雨になって来たので一安心。

しかしなんやね、この湿気は何とかならんかねぇ。
エアコンをつけるしか思い浮かばんのですが…。
早くカラッとした秋になって欲しいですねぇ。


『引き締めケアオイル』
フェイスオイルは、化粧水がしっかり肌になじんだ後使います。
オイルを手のひらに適量とって、あご、頬、額にのせ、顔の外側に向かってのばし、顔全体に広がったら、最後に手のひらで顔をおさえ、手の温度で肌によくなじませます。
ここでしっかりなじませないと、化粧崩れの原因になります。
収れん作用にあるローズマリーとローズオットーのウッディな中に感じる薔薇の香り、ジンの香り付けにも使われるジュニパーベリーを20mlのオイルによく混ぜ合わせます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月7日(水)

風はあるものの、まだまだ日差しが強く暑いですね。
部屋の中は、エアコンをつけないと微妙な感じです。
夕方以降は雨が降りそうなので、エアコンいるやろなぁ。

それにしても今回の台風で、東北・北海道に甚大な被害が出てしまいましたね。
今朝現在でまだ行方不明の方が9名居られるとか。。。
一刻も早く見つかると良いのですが。

人命や街だけでなく、農作物にも大きな被害が出ているようですよ。
なんでも、とある菓子メーカーと契約栽培している北海道のジャガイモ農家は、作物が全滅らしいです。
この秋から新商品として出すはずだった物は、どうやら見直すことになったらようです。
たまたま災害に見舞われなかった地域にも、今後は多少なりとも影響が出て来そうですね。


『引き締めケアジェルローション』
肌の引き締めにおすすめなのが冷やした化粧水でのパッティング。
準備は簡単。
化粧水を冷蔵庫に入れておくだけです。
収れん作用のあるハーバルなローズマリー、キク科で少し苦みの中に甘さとスパイシーさを感じるイモーテル、サンダルウッド白檀、収れん作用のあるローズマリーウォーターを使います。
さらに化粧水よりも肌への吸い付きや保水効果の高くなるキサンタンガムを使ってジェルタイプに化粧水はいかが?
朝から使えば、頭もシャキッとして一石二鳥です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月6日(火)

今日は朝から蒸し暑いです。
こうなると、どうしてもエアコンをつけてしまいますが、温度があまり上がってないので、寒く感じます。
こういう人工的な冷たさは、冬の冷たさとまた違い痛みなどの症状を悪化させているような気がしますねぇ。

今朝、コンビニで楽譜をコピーして来ましたよ。
A4をA3に拡大しました。
そうしないと何も見えないんです。。。
そうです、老眼なんです。
身体に欠陥があるっちゅうのは、ほんま邪魔くさいもんです。


『引き締めフェイシャルスチーム』
肌にも夏の疲れが出てくる時期です。
夏の強い紫外線は汗などで痛み、たるんでしまった肌を引き締ましょう。
フェイシャルスチームの蒸気は毛穴を開かせることで、その奥に詰まった汚れを落としやすくし、さらに精油成分を肌に吸収したすくする効果があります。
収れん作用のある、ローズマリーと、シダーウッドのヒノキの香りブレンドし、汚れを落として、引き締ましょう。

洗面器のお湯に80度位のお湯をいれ、精油を垂らします。
できればバスタオルなどを被って、目を閉じて、立ち上がる蒸気を吸い込みます。
10分程度がおすすめです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月5日(月)

今日は月曜日なので休診日です。
台風の影響で雨が降るかと思ったのですが、何とか夕方までもちました。
いや〜、助かりましたぁ。
今日はサックスのレッスンだったので、雨が降ったらなんぎなんですよね〜。
楽器ってけっこう量がありますからねぇ。
ほんまに晴れて良かったぁ。

11月にレッスンを受けてる生徒が集まって、その成果を発表するんですよ。
上手く行けば、中級に昇格出来るかも…。
って感じなんですが、中級者はその場で2曲披露しないとあかんのです。
いま現在は、『花は咲く』と『海の声』を練習中ですが、どちらもスローな曲なので、もう1曲はもう少しアップテンポ曲をと先生からの注文が入りました。
ん〜ん、何がええやろ?
まったく検討がつかないです。

先生と相談した結果、西部警察の『ワンダフル・ガイズ』という曲に決まりました。
発表会まであと2ヶ月半、間に合うんでしょうかねぇ〜???

昼から早速練習してみたんですが、だいたい曲を知らんし…。
何とか中級に昇格したいので、これから必死に練習します!


『使いすぎの頭に』
日本人の 約4割が悩まされているという頭痛。
原因はおおくありますが、全体の9割を占めるには、ストレス、不安などの精神的な負担や、デスクワークやコンピューターなどの使いすぎによる目、首、肩、頭部の筋肉の酷使によるものだそうです。
薬に頼るのは嫌だな……そんな時には鎮痛作用のあるカモミールローマンと、ローズマリーで作ったオイルをこめかみに少量塗り、軽く揉みほぐしましょう。
くれぐれも、目に入らない様に気をつけて下さいね。
アーモンドオイル10mlに

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月4日(日)

風はあるものの、今日も朝から蒸していますね。
こうなると、どうしてもエアコンをつけないとあきません。
そんなエアコンの効いた部屋に3〜4時間もいると、やはり脚が少し痛んできます。
ここんとこ調子が良かった分、よけいに感じますねぇ。
たまに、何も感じなくなる日が来るんやろか?と考えてしまいます。
いま、日常生活に何の支障も無いので、ええと言えばええんですけどね。


『色取り月』
9月には、木の葉が色づく頃という意味の「色取月」という異称があります。
この名にちなんで香りの7つのグループから1つづつチョイスしました。
スパイス系からは、シナモン・リーフ、樹脂系からはフランキンセンス、エキゾチック系からはパチュリ、フローラル系からはネロリ、柑橘系からはマンダリン
ハーブ系からはローズマリー、樹脂系からはサイプレスで多彩なイメージを表現しました。
スプレー容器に上の7種類を無水エタノール5mlと良く混ぜ合わせます。
そして精製水45mlを加えて完成です。
色んなシーンで香りを楽しんで下さい。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月3日(土)

夕方になり、だんだん雲行きが怪しくなって来ましたよ〜。
なんか休みの月曜日が最悪みたいな感じ。。。
その日は、サックスのレッスンがあるんですよね〜。
雨が降ってる時に、楽器を運ぶのは嫌ですねぇ。
まぁ、濡れることは無いですが、何となく痛みそうで…。
壊れたら次買おか!って訳にも行きませんからねぇ。
何とか、お昼まで雨が降らんといて欲しいですねぇ〜。


『食欲増進』
残暑が続くと体力が落ちて食欲も落ちてくるという事があります。
そんな時こそ、しっかり食べなくてはなりません。
赤やオレンジなどの明るい色彩の食材は、食欲を刺激します。
食欲がないなと思ったら、明るい色の食材を盛り込む工夫をしてみましょう。
あわせて、食欲増進作用のあるオレンジスイート、ジンジャーに、食欲を促すローズマリーをブレンドして食欲を刺激しましょう。
アロマライトで、お部屋に香りを広げると効果的かも知れません。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月2日(金)

今日は、昨日までとちょっと違って少し蒸し暑いですね。
これもやはり台風の影響でしょうね。
今朝、出勤して来る時に橋の上から周りの山を見てみると、またもや霞んでましたよ。
もうこうなると、年がら年中黄砂が飛んでるってことになりますよね。
春ほどではないにしても、けっこう車もホコリで汚れてます。
明日から天気は下り坂でええ感じなんですが、台風っていうのがねぇ。。。
それにしても、患者さん来れるやろか?


『玄関の芳香』
玄関はその家の顔。
ゲストがその家の雰囲気を最初に感じる場所です。
その場所に素敵な香りを置いて、おもてなしの気持ちを表現してみましょう。
デオドラント作用のあるゼラニウムの薔薇の香りに、プチグレンのフレッシュなグリーンの香りに、活力を与えるローズマリーのハーバルな香りをブレンドして芳香剤を作ります。
保存容器に重曹を200g入れます。
そこに3種類の精油を混ぜ合わせて、半日以上置いて香りをなじませます。
馴染んだら蓋を開け、香りを楽しみましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

9月1日(木)

今朝は寒かったぁ〜。
ついこの間まで暑かったから、まだタオルケットのままなんですよねぇ。
このままじゃ、そのうち風邪をひいてしまうやろね。
ちゃんと掛け布団を出さないとあきませんね。

それはそうと、また台風が発生したみたいですね。
今度は九州直撃みたいですよ。
土日あたりは大荒れになりそうです。

九州、大丈夫何やろか?
予想図を見たら、熊本県まともですよ。
甚大な被害にならないと良いのですが…。



9月の精油『ローズマリー』
淡いブルーの花びらが、素朴で美しいローズマリー。
バラとは関係がなく、その青い花びらに由来するラテン語「Rosmarinus(海のしずく)」がその語源です。
消臭効果や殺菌効果があり肉料理に使われるハーブとして有名です。
精油には、消化促進作用があり、食欲の秋にはおすすめです。

『藍色も香り』
まだまだ残暑が厳しくても9月はもう秋の入り口です。
夏に比べて空気が澄んでくる様な気がします。
というわけで9月のイメージは、天に月冴えるころの夜空がたたえる深い藍色。
この色は、真面目さ、知的、権威、冷静といった印象を与えます。
賢さを促す土の香りのベチバー、誠実さを促すハーバルな香りのローズマリー、瞑想を促し、香りを継続させるフランキンセンスをブレンドしてみましょう。
重曹に精油を混ぜ合わせて、半日以上置き、サシェにしてベッドサイドへ。
読書の秋には もってこいかもしれません。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

PageTop

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR