10月31日(月)

いやぁ〜、ええ天気になりました。
いつもの様に朝から針灸院に行き、洗濯と鍼の消毒を済ませて来ました。

現在、まだ朝の9時です。
10時からサックスのレッスンで、ちょっと早いのですが100🅿️に車を停めて待機中です。
最近、パーキングがすぐに満車になるんですよ。
荷物を持ってうろつくのも大変なので、ちょっともったいないけど駐車場を確保しました。
レッスン開始までの時間、イメージトレーニングでもして時間調整します。


『ハッピーハロウィン』
ハロウィンは、古代ケルトのお祭りが今に伝えられたものです。
この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が姿をあらわすと信じられていました。
ハロウィンといえば、かぼちゃのランタン。
その、かぼちゃのオレンジ色をイメージさせるオレンジスィートとマンダリンの柑橘系の精油、魔法や魔術から身を守ると言われているローズマリーにゼラニウム、バニラのような香りのベンゾインレジノイドをブレンドしたキャンドルでハッピーハロウィン!

ボウルにミツロウ20g、ココナッツオイル5mlを入れて湯せんにかけます。
小さなガラスコップなどの容器の真ん中にロウソクの芯を垂らし、箸などではさんで固定します。
溶けたミツロウオイルをガラスコップに流し入れます。
粗熱がとれたらオレンジスイート7滴、ゼラニウム4滴、ベンゾインレジノイド5滴、マンダリン6滴、ローズマリー3滴を加え静かに混ぜます。
完全にかたまったら、芯を適当な長さに切ってかんせいです。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

スポンサーサイト

10月30日(日)

いやぁ、今週も終わりましたっていうか10月も終わりですね。
今日は朝からちょっとバタバタでした。
そのためか『よもや』のアップが今になってしまいました。
特に、何の話題もないんですけどね。

明日はサックスのレッスン日です。
今日も課題曲を練習したんですが、なかなか上手く吹けないです。
発表日まであと1カ月。
何とかなるやろか?


『名刺にも個性を』
名刺を自己表現の一種と考えると、文字やデザインや色だけでは伝えきれない思いをどうやって伝えればいいのでしょう。
そこで香りの登場です。
「私はこんな人間です」とか「あなたと仲良くなりたい」という気持ちを香りにこめましょう。
たとえば、友好的というキーワードを持つゼラニウムと、マジョラムのグリーンな香りで、商談も上手くいくかもしれません。

紙にゼラニウム1滴と、マジョラムを1滴垂らして、名刺入れにはさんでおきます。
ただ、シミがつくことがありますので、挟む場所には気をつけましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月29日(土)

いよいよ10月も残りわずかになり、最後の週末ですね。
午前中は、霧雨模様でしたがお昼からは晴れ間も出て来て、気温も少し上がって来たようです。
こんな天候なので、今日の針灸院はゆるゆると時間が流れています。

昨夜は4日振りのお酒を頂きました。
先ずはシングルモルトのマナックモア。
これはSMWSのボトルなので、かなり度数が高く染み渡りました。
こういう物はいつもストレートで頂くので、チビチビやる感じです。

飲み終えてお風呂に入り、いざ食事です。
メインはサンマの塩焼きだったので、一瞬、日本酒にしようかと迷ったのですが、ここは定番のハイボールをチョイスしました。
ん〜ん、旨し!
さて、今夜はどうしようかなぁ?


『楽しい時間』
親しい人を招待してのホームパーティ。
食べたり飲んだり、おしゃべりしたり、お気に入りのDVDを観たりと、暖かくて楽しい時間を過ごす時のための香りを作りました。
友好的な気分を促すゼラニウム、濃厚な花の香りのジャスミン、ハーバルな香りのクラリセージのブレンドで作ったアロマボールを部屋に置いてさらにパーティを盛り上げましょう。
多めに作って、来てくれた人たちへのお土産にしてもいいですね。

保存容器に重曹を250gと、ゼラニウム9滴、ジャスミン2滴、クラリセージ9滴を入れよく混ぜ合わせます。
時々、保存容器を振りながら半日以上おいて香りをなじませ、適当な大きさの布で包み完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月28日(金)

雨降りの予報も、午前中は何とかもちました。
今日は、月に一回のおばあ4人組の針ツアーの日。
雨降りが強いと、キャンセルになりかねないので助かりました。

午後からの治療も終えて、ふと時計を見ると3時前になってました。
すると外からパラパラと雨降りの音が聞こえ出しました。
この天気なら、今日も終わりかなぁ?何て考えています。

昨日も断酒したので、今夜は頂こうかななんて思っています。
さてさて、今夜は何を飲もうか?
シングルモルトか、はたまたハイボールか、それともウィスキーのお湯割りか。
そう考えただけでワクワクしますねぇ。


『キッチン掃除』
こまめに掃除をしているつもりでも毎日使うキッチンは汚れてしまうもの。
油汚れを落とすのは土曜日、水垢を落とすのは水曜日などと決めておくと気がついたらべっとりなんていう事もなくなります。
キッチンの掃除は、デオドラント作用のあるゼラニウム、と油汚れを落とす成分リモネンが含まれるオレンジスィート、マンダリン、レモンを無香料洗剤に混ぜて使います。

保存容器に無香料食器用洗剤を100mlと、オレンジスイート6滴、ゼラニウム4滴、マンダリン6滴、レモン4滴をいれよく混ぜれば完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月27日(木)

今週に入って断酒2日が経ちました。
自分の意志で止めるのは何年ぶりやろか?
まぁこんな事は、人に自慢出来る事ではありませんがね。

普段は、夕食の時にハイボールを飲むのですが、昨日、一昨日とは炭酸水を飲みました。
案外、ハイボールを飲んでると錯覚しますよ。
ただ、全く酔わないのですぐに気がつきますけどね。
今のところ、今夜もお酒は控えておこうかと思っています。
たまには肝臓を休めてあげないとね。


『心の整理に効く掃除』

天気のいい休日は、窓を開け放して置いてお部屋の大掃除をして過ごすというのも有意義な使い方。
部屋の状態は心を映しているとも言われています。
ということは、心の整理には部屋の整理も効くということも言えるはず。
いらないもにを処分したら消毒作用のあるゼラニウム、殺菌効果のあるグレープフルーツ、デオドラント作用のあるユーカリのブレンドで作ったカーペットでオドライザーを使って掃除完了です。

保存容器に重曹を250gと、グレープフルーツ9滴、ゼラニウム6滴、ユーカリ5滴をいれよく混ぜ合わせます。
時々容器を振りながら半日以上おいて香りをなじませ、カーペットにまき、2時間放置して掃除機をかけます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月26日(水)

いよいよ10月も終盤になって来ましたね。
今日は夕方からパラパラ雨が降り出しましたよ。
どおりでさっき頭が痛く感じたんですね。
久しぶりに鎮痛剤を飲みましたよ。

今日も相変わらず、手脚の筋肉痛が主張しております。
たった1ゲームのボウリングで筋肉痛はないやろ〜。
もうこれは出来ませんね〜。

さてと、これから夜診が始まります〜。
ちょっとハード係の感じです。
ん〜ん、体力がもつやろか?


『シェイプアップ』
それほど肌を露出しなくなる季節は体型の変化を見逃しがちです。
久しぶりにはいたジーンズがきつい、ジャケットが苦しいなんてことで気がつくのは悲しいものです。
定期的にお風呂や洗面所の鏡に裸の全身を映して体型のチェックをし現実を認識しましょう。
気になる部分は発汗作用のあるジンジャー、ほのかな柑橘系のメリッサろ、収れん作用のあるゼラニウムで作ったボディスクラブでマッサージをします。

保存容器に天然塩大さじ4と、ジンジャー1滴、ゼラニウム2滴、メリッサ1滴を入れよくかき混ぜます。
時々振りながら半日以上置いて香りをなじませ、お湯をはったバスタブに入れ、よくかきませて入浴します。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月25日(火)

いやいやいや、昨日は参りました。
午後、家でのんびりとテレビを見ながらくつろいでいたら、突然右脚がつりそうになったんですよ。
初めはふくらはぎだったので、立ち上がりアキレス腱を伸ばそうとしたら、今度は右脚のスネの筋肉がつりそうになって、どうしようもなくなってしまいました。
スネの筋肉とふくらはぎの筋肉は、お互いに反対の動きをするんです。
立ったままの姿勢が一番ましだったので、しばらくその状態でじっとしてました。
そしたら、今度は左脚のふくらはぎがつりそうになって来たんですよ。
これはもうあかんと思い、以前にもらっていた芍薬甘草湯を引っ張り出して飲みました。
しばらくしていると、少し治って来たのでやれやれって感じでした。


『趣味の時間』
趣味の習い事は、知識や同じ趣味の仲間などが増え、手軽に自分の世界を広げてくれます。
恋愛や仕事とは別の世界を持つこと、何かの没頭する時間を持つことでもあります。
いくつからでも始められることも習いごとの魅力です。
楽しさを促すグレープフルーツ、熱中を促すゼラニウム、意欲を促すスパイシーなブラックペッパーで香りづけしたカードをレッスン用のノートに挟んでおけば、難しい作業もはかどりそうです。

ティッシュやコットンに、ゼラニウム1滴、グレープフルーツ2滴、ブラックペッパー1滴をたらして、密閉容器にカードとともに入れて半日ほどおき、香りを移します。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月24日(月)

今日は休みですが、朝から眼科に行って来ました。
2週間ほど前から、左目にコロコロした感じがあったんですよ。
初めのうちは、何かゴミでも入ったのかなって思っていたのですが、どうも違うみたいで、麦粒腫なら日に日に腫れてくるからこれも違うし。

診察してもらったら、眼自体は何ともなっていないらしく、多分、まぶたを閉じる時に、上まぶたが眼球に少し当たってそういう風に感じているのだと思うとのことでした。
目薬を処方され終了です。
何はともあれ、目に異常が無かったのは良かったです。
ただ一つ厄介なことが…。
目薬を上手くさせないんです。
って言うか、嫌いなんですよね。
でもまぁそんなこと言ってられないし、今から頑張って目薬をさしますわ。


『乾燥肌防止パック』
クレイパックの基材として使うレッドクレイは、鉄分などのミネラルを多く含み、乾燥や老化が気になる肌におすすめです。
ただし、バックの後に肌が軽く赤く染まるので先が洗顔料を使ってすぐに落としましょう。
乾燥防止目的のパックには細胞成長促進作用のあるゼラニウムとパルマローザのバラに似た香りに、乾燥肌におすすめのピーチカーネルオイル、そしてレッドグレイを使います。

乳鉢にレッドクレイ大さじ1、ネロリウォーター大小さじ1を加えよく混ぜあわせます。
ビーカーにピーチカーネルオイル3mlとゼラニウム3滴、パルマローザ1滴を加えよく混ぜあわせます。
乳鉢のクレイとオイルと声を混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月23日(日)

昨夜のボウリングは散々な結果でした。
もう1ゲームでヘロヘロで、指は痛くなってくるしねぇ。
昔、普通に投げていた14ポンドのボールが重く感じましたねぇ。
もう12ポンドぐらいがちょうど良いのかな?って感じですね。
本当に筋肉の衰えを痛感する瞬間でしたねぇ。

その後は、お腹も空いて来たので、教えてもらった居酒屋さんへ電話してみると、なんなくOKでした。
15分ほど歩いて目的地に到着です。
店内にはお客さんがチラホラでした。
土曜日の7時半でその集客はあかんでしょう。
まぁ、給料日前ってのもあるでしょうけどね。
コース料理があるのですが、2日前までに予約しないとダメなようで、大量のメニューの中からアラカルトで注文をしました。
でも、種類があり過ぎるのも何を頼めば良いか悩んでしまいますねぇ。

お腹も充実したので帰ろうかと。
酔っ払ってなかったので、阪急で洛西口駅まで。
そこからはブラブラ歩いて帰りましたよ。
昨日は、なかなか良い運動になりましたねぇ。


『乾燥防止クリーム』
肌は皮脂膜で覆われています。
皮脂膜がなければ水分の蒸発を防ぎ外部刺激から皮膚を守ることができません。
また多すぎるとにきびなどの炎症の元になります。
皮脂膜の正常化をサポートするのがクリームの役割。
細胞成長促進作用のあるゼラニウムとフランキンセンスでクリームを作りましょう。
乾燥がひどい部分にはクリームを塗った上から適度な大きさに切ったラップをかぶせます。
5分位置いて剥がせば、保湿力がアップしますよ。

ボールにスイートアーモンドオイル10ml、アボガドオイル5ml、ミツロウ3gを入れて湯煎にかけます。
ミツロウが完全に溶けたら、シアバター2gを加えて完全に解けたら湯煎からおろして粗熱を取り、保存容器に移します。
そこにゼラニウム2滴、フランキンセンス2滴を入れよく混ぜあわせて半日を半日ほど置いて固まったら完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月22日(土)

今日は夕方から、甥っ子たちとボウリングに行くことになっている。
どういう流れでそうなったのかは分からない。
何年ぶりだろう?
20年以上はしていないと思う。
出来るんだろうか?
ましてこの腰で。。。

その後は流れで食事に行くのだが、なかなか店が決まらない。
総勢6名なのだが、チーズ、マヨネーズがアウト、鶏肉がダメな者もいて、ちょっと決めかねている。
これでいくと居酒屋ってことになりそうなのだが、なかなか良さげな店が見つからない。
集合してから決めるしかないなぁ。


『乾燥肌防止化粧水』
同じものでも使い方1つで差が出るのが化粧品です。
忙しいからといってちゃちゃっとつけて、肌が化粧水を吸収する前にすぐに乳液や美容液をつけていませんか。
化粧水の目的は水分補給。
肌がしっかり化粧水を吸収してから次のステップに移りましょう。
細胞成長促進作用のあるぜ、ハーバルなプチグレン、ミルラの樹脂成分で作った化粧水は、たっぷり3度つけがおすすめです。
1度つけるごとに手のひらで顔を抑え、手の温度で肌によくなじませましょう。

スプレー容器にグリセリン5mlとゼラニウム3滴、プチグレン4滴、ミルラ3滴をいれよく混ぜ合わせます。
それに、ネロリウォーター45mlを加え、さらによく混ぜます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月21日(金)

お昼過ぎに、突然スマホから警報音が鳴りだした。
何ごとか?と画面を見てみると、鳥取県で地震発生とのこと。
なんや京都は関係無いやん!って思った瞬間、ゆっさゆっさという感じで揺れ出した。
揺れはそんなに強く無かったのだが、結構長い間揺れていた。
針灸院の建物は結構古いので、大丈夫なのかちょっと心配。
最近、日本全国で地震が発生しているなぁ。
いつどこで大きな地震が起きるのか心配だ。


『乾燥肌防止クレンジングオイル』
そろそろ風が冷たくなってくる頃は、空気の乾燥する季節でもあります。
乾燥は、肌の老化を促進してしまいます。
ガサガサになってしまうまえに、ケアを始めましょう。
まずは、細胞成長促進作用のあるゼラニウムのクレンジングオイルで丁寧にメイクを落とします。
洗顔は汚れだけでなくセラミドなどの肌の潤い成分も洗い流してしまいます。
洗顔はしっかり、でも手早く行いましょう。

保存容器にスィートアーモンドオイル10mlと、ゼラニウム2滴を入れよく混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月20日(木)

今日、お昼に訃報の知らせが届いた。
あの日本ラグビーの申し子、平尾誠二氏が亡くなられたようだ。
享年53歳、あまりにも早すぎる人生のノーサイドのホイッスル。
ニュースの記事を読んで見ても、死因は一切書かれていない。
とは言え、重篤な病気であったことは想像出来る。

彼の思い出といえば、私が高校3年の時に伏見工業高校のラグビー部と練習試合した際に一度会っているのだ。
京都でほとんど敵なしの彼らにとって、一般の高校では試合にならないのだ。

練習試合当日は、まさかのダブルヘッダーが組まれており、各試合共に1.5軍のチームで我々と対戦したのだ。
私は第二試合だったので、フォワードの2軍とバックスの1軍というチーム編成だった。
そのバックスに2年生の平尾選手がSO (スタンドオフ)として出場していたのだ。
ちなみに大八木選手は第一試合に出場していた。

結果はもちろん大敗だったのだが、何対何というのは覚えていない。
とりあえず、怪我をせず試合が終わったことにホッとしていたのが、今でも強烈な印象で残っている。

この場を借りて、平尾選手のご冥福をお祈りいたします。


『お笑いを見るときの香り』
笑うことが心や身体の健康に良いことが、最近の研究によって科学的にも明らかになってきました。
辛くて苦しいときこそ、笑うべきなのかもしれません。
「笑う門には福きたる」のですから。
あまり難しいことは考えず、まずはユーモアを促すゼラニウムと、満足感を促すオレンジの花ネロリの芳香浴をしながらお笑い番組をみて、笑うことから始めましょう。

受け皿に7分目くらいまで水かお湯を入れ、ゼラニウム4滴、ネロリ2滴を加え温めます。
蒸気と一緒に香りを部屋に広げます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月19日(水)

今日も良い天気になりましたねぇ。
少し暑いぐらいです。

と言う事で、今日朝一番の仕事は、トイレの掃除から。
ちょっと気になってたんですよねぇ。
でもなかなか出来なくて。

マット取り出して床を掃除。
もちろん洗濯機に直行です。
けつこうホコリなんがが溜まってるんですよね。

仕事開始時間に間に合いました。
やっぱりこういう所は小まめに掃除しないとあきませんねぇ。

さてと、これから午後の仕事開始です。
頑張るとしますかねぇ!


『G退治』
その姿を見かけただけで、1日の気分を台無しにしてくれるゴキブリ。
家中のものの衛生状態が信用できなくなります。
Gは、食器かごやシンク、冷蔵庫の水受け皿など、恒常的に水が溜まっているような場所を好みます。
水仕事が終わったら、しっかりと拭き取るようにしましょう。
昆虫忌避作用のあり、スパイスのクローブとペパーミント、殺虫作用のあるゼラニウムを使った殺菌スプレーを徹布してきっちり拭き取りします。

スプレー容器に無水エタノール10mlとクローブ7滴、ゼラニウム9滴、ペパーミント4滴、をよく混ぜ合わせます。
そこに精製水を40ml入れ、さらに混ぜて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月18日(火)

今朝、針灸院に出勤して、何気に郵便ポストの物を取り出してビックリ‼️
『村本針灸院のテーマソング』の楽譜が入っているでわないか。
昨日、サックスのレッスンが終わり、少し先生と雑談してた中にテーマソングの話しが出たんです。
そしたら、今度の発表会でその曲を吹いたらって言われたのですが、私は曲を聴いて楽譜に起こすことが出来ないんですと言ったんですよ。
そしたら、今度譜面に起こしておきますねと言って下さったんです。
まさか、その日の内に出来て、おまけに届けてもらえるなんて夢にも思って無かったので、本当に超ビックリです。
早速、何枚かコピーをして、1枚をラミネート加工しました。
それを受付のコルクボードに貼って見ました。
これはこれでユーモアがあってええ感じです。


『バストアップケア』
バストアップをしたいと願う女性は多いですよね。
バストアップには女性ホルモンが関係していて、ホルモンバランスが乱れると下がってしまうそうです。
ホルモンバランスを調整するゼラニウムと甘くスパイシーなフェンネルのボディオイルでマッサージをしましょう。
腕を上げて反対の腕を背中の方へ伸ばし手を置き、背中のお肉を引き寄せ胸の上部に乗る様にします。
左右各5回程度、ハリのある魅力的なバストをイマージョンしながら行って下さいね。

保存容器にスイートアーモンドオイル10mlと、ゼラニウム2滴、フェンネル2滴を加えよく混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月17日(月)

ようやく13連勤が終わり休日です。
しかし朝から残念な雨模様。
それも長く続かずラッキーな結果に。
と言うのは、今日はサックスのレッスン日。
課題曲を見てもらうのが普通なんですが、楽譜にあるピアノのコードについての話しになったんです。
コードって和音の事で、もちろんギターとかでも使います。
その流れを理解していると、伴奏と合わせやすくなるんですよね。
そんな話しをしていると、あっと言う間に1時間が過ぎてしまいました。
でも今まで知らなかった事がとても新鮮で、また新たな発見って言う感じです。
曲を吹く練習ももちろん大事ですが、こういった全体の流れを理解するのも大事だと分かりました。


『女性だけの症候群』
月経前に、ケーキやチョコレートといった甘いものやコーヒーなどのカフェイン飲料などを異常に欲する人は消化吸収力が落ちていて、身体が糖分や刺激を欲しがっている状態と言えます。
しかし、身体が欲するままそれらを摂るとさらに消化吸収力を落としてしまうことになります。
この時期は出来るだけ甘いものや刺激物は避ける様にしましょう。
ホルモンバランスを調整するゼラニウム、ローズオットー、イランイランのブレンドで気分転換してみて下さい。

スプレー容器に無水エタノール5mlと、イランイラン4滴、ゼラニウム10滴、ローズオットー6滴を入れよく混ぜ合わせます。
そこに、精製水を45mlを加えてさらによく混ぜて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月16日(日)

あ〜あっ、どんくさー。
さてと『よもや』でもやりましょと思い、ハイボールの用意をしてたんです。
ハイボール用のウィスキーはブラックニッカ、通称髭のおじさんです。
コスパを求めるので、いつも4Lのペットボトルを購入してます。
それを空いたウィスキーの瓶に入れるのです。

瓶に詰め終えて、意気揚々としてた時の事です。
ペットボトルを片付けようとした時に、手が瓶に当たってしまい床に落下。。。
もちろん瓶はこっぱみじんに割れてしまいました。
床一面にウィスキーが…。
当然ガラスが飛び散り悲惨な結果に。。。

リビングで割れたので、念入りな掃除をするはめに。
ご想像通り、冷た〜い空気が家の中に漂ってます。
こういう時は、ちょっと怒られる方が楽なんですけどねぇ。
ちょっと針むしろな感じですね。


『失恋の痛みを癒す』
何度経験しても失恋は辛いもの。
失恋に「慣れる」なんてことは一生ないでしょう。
好きな人に受け入れてもらえない、信頼していた人に裏切られた。
この痛みは想いが深ければ深いほど続きます。
時間と香りで少しずつ癒していきましょう。
感情の否定による落ち込みを楽にしてくれるミカンの花から抽出するネロリ、失意を緩和してくれる柑橘系にマンダリン、傷ついた心を癒してくれるバラの香りに似たゼラニウム、心を楽にしてくれるローズウッドのブレンドで傷ついた心をケアします。

保存容器にホホバオイル20mlと、ゼラニウム2滴、ネロリ1滴、マンダリン2滴、ローズウッド3滴を入れよく混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月15日(土)



週末なので、プチ禁酒を解禁して帰宅するやいなやシングルモルトと戯れております。
普段はハイボールばかりなので、水の様に飲んでしまうので、今日は趣向を変えて久しぶりのシングルモルトです。

何にするか少し悩んだんですけど、久しぶりと言う事を考えると、やはりここはSMWSの24.123しかないでしょ。
SMWSの24と言えば、そうマッカランです。
27年 52.3% バーボン樽

昔のシェリー樽の華やかさとはまたひと味違う気品とでも言うのでしょうか、素晴らしいの一言に尽きますね。

私は、シングルモルトをニート(ストレート)で飲むのが一番好きです。
少し飲んだ後に、少し加水してあげると、また全然違う香りや味を出してくれます。

加水用の水は、どんなものでも良いと言うわけではありません。
一番良いのは、そのウィスキーを仕込んだ水、いわゆるマザーウォーターが最適とされています。
さすがにそれは無理なので、スーパーなどで売られていミネラルウォーターで代用します。

以前、土屋 守氏の著書を読んだのですが、サントリーの南アルプス天然水が良いとの事でした。
現在京都では、南アルプス天然水はあまり見かけず、鳥取県の大山の水ばかりが目につきますねぇ。
まぁ、ここはそれでもOKと言う事で。

いま『よもや』を書きながらチビチビやっでますが、チョコレートや麦芽の甘い香りがたまりませんねぇ❗️


『嫉妬の香り』
嫉妬は最も不快な感情の1つでしょう。
とはいえ、人間がふたり以上いるところには、他の感情と同じように生まれてしまう感情です。
特に恋愛の場合では、嫉妬されるのも苦しいもの。
ただ、全く嫉妬の様な負の感情がない関係は味気なかったりもします。
このやっかいな感情が生まれてしまったら、鎮静作用のあるゼラニウム、キク科のカモミールローマン、ハーブ系の香りのアンジェリカ・ルートのブレンドで心を落ち着けてあげましょう。

受け皿に精油を落とし電気の熱で温めます。
アンジェリカ・ルート1滴、カモミールローマン3滴、ゼラニウム2滴です。
アンジェリカ・ルートの青い香りを感じて下さい。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月14日(金)

今朝、仕事前にヤフーニュースを見ていたら、糖質制限に関する記事ちらほらと。
見出しを見てみると、回転寿司でしゃりを残す人が急増してるとか。
へぇ〜って思いながら読み進めて行くと、まぁ〜出るは出るは間違った見解が。
やっぱりマスコミってその程度なのねって感じ。

まぁ、糖質制限だからしゃりを残すという事は理解出来るが、そもそも糖質制限をしている時に寿司屋に行くな!
仮に行ったとしても、お寿司を食べず刺身にしておかないと。
それに醤油も結構糖質があるんだよねぇ。
あっ、お寿司屋さんにある生姜も当然ダメ!
一番の問題は、食べ物を粗末にするなって話し。
それと、糖質を取らなければいくら食べても大丈夫ってのは幻想だからね。

昨夜もTVの番組のロケで、飲み会の締めにステーキっていうのがあって、本当にこれは最悪な内容。
その上、インタビューを受けてた人が、寂静さんがテレビで言ってたって。。。
ん〜、たぶんそれは無いな!
だって、寂静さんが受診した時、私、横に居ましたから。

確かに、お肉だけを食べていると痩せます。
それは事実です。
問題は、食べる時間なんです。
食べてすぐ寝てしまうと、やはりカロリーを消費しないので脂肪が付きます。

その辺の事は本には書かれてないからなぁ。
著者は、糖質制限を真面目に取り組んでみて本を書いてるやろし。。。

人間はそんなに真面目を継続できないんだよなぁ。
やっぱり、失敗も経験しないと真の継続は難しいのと違うかな。


『家庭菜園の虫除け』
害虫を自分で追い払うことの出来ない植物は、虫に食べられるの防ぐために、昆虫の嫌がる香りを成分を発しています。
そのような成分の中で、最も効果が高いと言われている成分がシトロネラール。
シトロネラールを含むシトロネラと、甘い花の香りのゼラニウムのブレンドで安全な害虫駆除薬が出来ます。
口に入れる野菜やハーブにも安心して使えます。
そのうえ、人間にとってはよい香りなのが嬉しいところです。

スプレー容器に無水エタノール5mlとシトロネラ4滴、ゼラニウム6滴を入れ、まぜ合わせます。
さらに精製水45mlを加え、よく混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月13日(木)

いやいやいや、今日は寒いですねぇ。
針灸院では、まだ扇風機が2台出ています。
もうあまり使わなくなりましたが、たまに蒸し暑い日なんかは、部屋の空気を混ぜるサーキュレーターの様な使い方をしてます。
明日はストーブを出さないとダメでしょうね。

そうそう、昨日の夜の治療時、BGMを流そうとしたら全く曲がかからなかったんです。
こんな事でも突然起こると、案外パニクってしまいますね。
何の音も無いのは、あまりにも寂しいのでFMを流したんです。
当たり前の話しなんですが、ニュースが流れたり曲がかかっり、それも激しい系…。
治療院には、FMのBGMはあきませんねぇ。
今週末にCDプレーヤーを買いに行って来ないと。


『考えすぎない香り』
考えなしの行動も問題ですが、考えすぎも心を不安定にします。
すぐには解決しないこと、自力ではままならないこともあります。
最初から100点をめざしてしまう完璧主義者はとくにこの「考えすぎ」が多いようです。
考えすぎにとらわれた心をリラックスするゼラニウム、イライラを緩和する爽やかな柑橘系のメリッサと、針葉樹の香りサイプレスをブレンドしたバスフィズをお風呂に入れて、何も考えない真っ白な時間を楽しんで。

容器に重曹大さじ5、クエン酸小さじ5、コーンスターチ小さじ2、天然塩小さじ2を入れてよく混ぜ合わせます。
さらにハチミツ小さじ1を加えてよく混ぜ合わせます。
そこにサイプレス5滴、ゼラニウム3滴、メリッサ2滴を加えさらによくかき混ぜます。
ラップに取り分けて丸めれば完成です。
10分ほどで固まります。
お湯をはったバスタブにいれてよくかき混ぜて下さい。

店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月12日(水)

いやぁ〜、今日はまいった。
お昼前から急にムカムカして来て、少し冷汗が出て来ましたよ。
幸いにも午前中の治療は終わっていたし、夕方まで治療の予定が無かったのが助かりました。
ちょっと治療ベッドで小1時間ほど横になっていたら、少し楽になりました。
とは言え、もう大丈夫って感じでは無いので、そのまま3時前まで横になって休んでいました。

さすがにその頃には、ほぼ回復したって感じでしたねぇ。
お腹もぐるぐると動き出してくれたので一安心です。
やっぱり歳には勝てないのかなぁ?
今夜は軽めの食事を少しと禁酒します。
健康を守る仕事やのに、自分がダウンしてたら話しにならないですもんね。


『顔のむくみケア』
むくみというのは、皮下に余計な水分がたまってしまった状態のことをいいます。
起床時に顔がむくむのは、前夜の飲酒、水分のとりすぎで、真皮が通常以上に水分を抱え込み膨張し、腫れぼったくなったり、うつ伏せ寝などで水分が顔に滞ってしまったりというのが、原因の場合が多いようです。
朝、むくんでいると感じたら、メイク前にこのフェイスオイルでマッサージしましょう。

保存容器にスイートアーモンドオイル10mlに、ゼラニウムと、ウッディな香りのジュニパーベリーを1滴づつ入れ、よく混ぜ合わせて完成です。
使うときによく混ぜて下さいね。

店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月11日(火)

今日は涼しいを通り越して寒いですね。
日中太陽が出ていると、まあまあ暖かいですが、曇り空で風でも吹こうもんなら、体感温度はかなり低く感じますねぇ。
いよいよ秋本番って感じですね。

秋って言えば、やはり食欲の秋ですね。
魚もこれからどんどん美味しくなってくるし、キノコなんかも美味しくなりますね。
昔、信州で食べたきのこ汁がめっちゃ美味しくて、今でも鮮明に覚えています。
今年は家できのこ汁を作ってみようかなぁ。
温かい食べ物が恋しい季節ですね。
もうぼちぼち、シチューのコマーシャルが流れ出しますよね。
ほんと、コマーシャルって上手く考えてますよね。
こんな事を書いてたら、なんかお腹が空いて来たような。。。


『風邪予防スプレー』
寒くなり空気が乾燥すると、ウィルスが活性化するだけでなく、のどや鼻の粘膜が保湿性を失い、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。
マスクをしたり、加湿器を使うなどして、しっかり粘膜を湿らせた上で、消毒作用のあるゼラニウムと柑橘系のベルガモット、殺菌作用のあるレモングラスと免疫促進作用のあり、スパイスのクローブを使ったルームスプレーで空気の殺菌を行いましょう。

スプレー容器に無水エタノールを5mlに、クローブ4滴、ゼラニウム6滴、ベルガモット7滴、レモングラス3滴を加えてよく混ぜ合わせます。
そこに、精製水45mlを加え、よく混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月10日(月)

卓球の平野美宇選手、ワールドカップで見事優勝の快挙です。
若干16歳の高校1年生。
日本人で初の優勝&大会最年少優勝と言う偉業を成しとげてくれましたよ。
決勝では4-0の完勝です。

いや〜、それにしてもお見事ですね。
4年後の東京オリンピックがたのしみですね。
日本のスポーツもだいぶ選手層が厚くなってきましたねぇ。


『風邪予防うがい』
手洗いとうがいは風邪予防の基本です。
外出から帰った後は、必ずするという習慣をつけたいですね。
うがいの方法ですが、最初に口の中に水を含み「ブクブクうがい」を30秒ほどおこない、食べかすなどを洗い流します。
そのあと、天井を向いて、喉まで薬やお水を入れるようにして「ガラガラうがい」を20秒ほど行います。
抗菌、抗ウィルス作用にあるゼラニウムとペパーミントのブレンドで効果アップを狙います。

保存容器にお酢を20mlと、ゼラニウム3滴とペパーミント1滴をいれよく混ぜ合わせます。
それを5mlコップに入れ、100mlの水で薄めてうがいをします。
マウスウォッシュとしても使えます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月9日(日)

今日は雨が降るんじゃないのかね!
夜からなのかな。
まぁ、どちらにしても洗濯が出来たから良かったです。
今日の治療は、終了の気配やなぁ。
こんな時は散髪にでも行ってみるのも良しやね。
混んでなかったら良いのだが。。。
まだ仕事終了まで小一時間ほどあるけど、ぼちぼち片付け出そうかな。


『頭痛ケア』
コーヒーに含まれているカフェインは、頭痛を抑える働きもありますが、飲みすぎると逆に頭痛を引き起こす場合があります。
頭痛が気になる場合は、普段からコーヒーは1日に3杯程度に抑えましょう。
むしろ頭痛の時はコーヒーよりも鎮痛作用のあるラベンダーと、バラに似た香りのゼラニウムで、マグカップ芳香浴がおすすめです。
立ち上がる湯気を体のすみずみまで届けるようなイメージで深呼吸しましょう。

マグカップに7分目ほどお湯を入れ、ゼラニウムとラベンダーの精油を1滴づつ入れ、立ち上がる蒸気と一緒に香りを広げます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月8日(土)

世間では今日から三連休ですね。
お天気の方も何とか夕方までもってくれました。
今朝、出勤してくる時に、あちらこちらで運動会の垂れ幕がありましたよ。
何とか行えて良かったですね。

今日は早く仕事がおわれたので、帰りに西院のオリーブオイル屋さんに寄って来ようと思っています。
このお店の名前は、『トレ チプレッシ』と言います。
場所は西大路四条を東へ300mほど行った南側で、労働金庫の向かい側になります。

お店に行くのは2ヶ月ぶりぐらいかなぁ?
とにかく久しぶりですよ。
今日は量り売りのレモンのオリーブオイルを購入しようかと。
チキンソテーや魚介類の料理にピッタリですよ!
あっ、もちろんパンにもね❗️


『女性らしさを感じ取り戻す』
慌ただしい生活の中でいつも美しく、女性らしくいるという事は簡単な事ではありません。
忙しさやストレスから行動や言葉が乱雑になることがあります。
金星を支配する薔薇の女王ローズオットー、ゼラニウム、濃厚な花の香りのイランイランは、女性らしさ、美的センスを高めてくれると言われています。
このブレンドで作ったシャンプー、リンスで女性らしさを取り戻しましょう。

市販されている、無香料のシャンプーやリンス50mlに、イランイラン2滴、ゼラニウム6滴、ローズオットー2滴を入れ、よく混ぜ合わせて完成です。
使う前によく混ぜて下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月7日(金)

今日も朝から気持ち良い天気ですねぇ。
窓を開けていると、心地良い風が部屋の中に入って来ます。
昼寝するにはもってこいって感じですね。
この天気も今日までで、週末は天気が崩れるみたいですよ。
せっかくの三連休も雨降りじゃぁねぇ。
バーベキューなどの野外レジャーを考えてる方は、ちょっと予定を変更も視野に入れとかないとね。

私は今週から13連勤なので、三連休はまったく関係ありませんよ。
ただ、土・日・祝は3時までなので、以外と気持ちの上では楽なんですよ。

今朝、ネットでニュースを見ていたら、やたらと糖尿病関連の話題が多かったなぁ。
例えば、糖質を摂ると急激に血糖値が上がり、血管壁を傷つけ、血管が詰まり心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上がる。
また、空腹時の血糖値が正常であっても、食後2時間経っても血糖値が200以下にならないでいると、これだけでれっきとした糖尿病予備軍となるんですよ。

それと、糖尿病を調べる検査項目にHbA1c (グリコヘモグロビン A1c) というものがあります。
このHbA1cとは、過去約6週間の血糖コントロール状態を表す数値で、4.6〜6.2が正常値となります。
この数値を越えると糖尿病ということになります。
空腹時血糖はごまかせても、HbA1cはごまかせません。
余談ですが、生命保険などは特にこの数値を重視しています。

このようなニュースを見ると、恐怖心があおられてしまいますが、安心して下さい。
この件に関しては、糖質制限食を実行して行けば何ともありません。
血糖値も安定しますし、HbA1cもちゃんと正常に戻ります。
コレステロールや中性脂肪の値も正常値となります。

ただ、糖質制限食は誰がやっても良いと言う事ではありません。
例えば、腎臓の機能が弱っている方はやってはいけないのです。

もしやりたい方が居られるのなら、一度医師にご相談される事をお勧めします。


『見えない不安に』
自分の力での解決は難しいと感じる問題に向き合った時、人は不安を抱えます。
努力や頑張りだけではどうにもならない場合は、心を落ち着かせてどんな結果も受け入れる準備をしながら結果を待つしかありません。
過度に完璧を求める人の不安を鎮めるゼラニウム、心を冷静に気の流れを滑らかにするラベンダーと、柑橘系のメリッサをブレンドしたハンドクリームを手に塗り、そこから精油成分を吸収して下さい。

ボウルにスイートアーモンドオイル10ml、アボカドオイル5ml、ミツロウ3gを入れて、湯せんにかけます。
ミツロウが完全に溶けたら、シアバター2gを加え、完全に溶けたら湯せんからおろして粗熱をとり、保存容器に移します。
ゼラニウム1滴、メリッサ1滴、ラベンダー2滴を入れ、行く混ぜ合わせ半日ほどおいて固まったら完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月6日(木)

台風が過ぎ去った今日は、朝から久しぶりの青空が見えましたね。
身体に当たる風も、さらっとしていて気持ちが良いです。
それでも、この週末は天気が下り坂のようですね。
これではせっかくの三連休が台無しですね。
って、私には三連休は全く関係ありませんし、10日の月曜日は祝日なので仕事ですわ〜。
んっ、ってことはまたもや13連勤やん。。。
ん〜ん、さすがにちょっときついかもなぁ…。


『仕切りの香り』
ゼラニウムはてんびん座の象徴的オイルです。
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術によると、正義、公正さ、バランスを重要とするてんびん座の人々は、他の人の考え方を理解しようとし、全ての状況を重んじ、全ての争いを解決しようとするのだそう。
こんな力を持つゼラニウムと同じようにバランスをとる、檜の香りシダーウッドと柑橘系のマンダリンをブレンド。
会議の前に部屋にスプレーをしておきましょう。

スプレー容器に無水エタノール5mlと、シダーウッド7滴、ゼラニウム6滴、マンダリン7滴を入れよく混ぜ合わせます。
そこに精製水45mlを加えてさらに混ぜ合わせて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月5日(水)

どうやら台風は大丈夫そうな感じですね。
雨の方も、お昼過ぎにパラパラっと来た程度で、5時を過ぎた現在はもう上がってますよ。
このまま何事も無く過ぎてくれれば有り難いのですけどね。

まだニュースを見てないので、各地の被害状況がわからないのですけどね。
今日は、ちょっと早仕舞いしようかなぁ〜なんて思っています。
このままボーっとしていても時間の無駄ですしね。
あっ、もちろん電話は転送にしておきますけどね。
夜の7時を過ぎたら、留守電にしますけどね。
さてと、ぼちぼち片付けるとしますかね!


『地道な作業の為の香り』
実際、地道な仕事が会社を、社会を支えています。
どんな素晴らしい企画もそれなしでは実現しないのですから。
そこにこそ、関わる人の心配りやちょっとしたアイデアが必要です。
どんな事も『つまらない仕事』と判断しないでやりがいを見つけたいものです。
面倒くさがらずコツコツ仕事をする人のための香りとして、頭脳明晰作用のあるハーバルですっきりとした香りのユーカリ、脳を活性化してくれるマジョラム、着実さを促してくれるゼラニウムをブレンドしました。

ゼラニウム3滴と、マジョラム2滴、ユーカリ1滴をブレンドして遮光瓶にいれ、ティッシュに1、2滴垂らし、ゆっくり香りを楽しみます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月4日(火)

今日は、台風前日だが何とか晴れてくれた。
こんな天気だと、なかなか治療に行こうという方はおられない。
今日も暇なのかなぁと思いながら出勤した。
すると、留守番電話にメッセージが入っていた。

どれどれメッセージを聞くとするか。
突然ですが、本日治療を受けたいとの有り難い話。
折り返し電話をかけると、昨年の5月に一度お見えになった方だった。
お名前をお聞きして、すぐに思い出した。
北海道の旭川からの来院で、凄く印象に残っていたのだ。
もちろん、鍼灸治療だけで京都まで来られてるのではない。
漢方の診察を受けに来られているのだ。

その方との雑談で、今日もう1日京都に泊まるとのこと。
ん、という事は明日帰る?
明日は台風がやって来るよ。
名古屋ー旭川便、飛行機飛ぶかなぁ?
幸運を祈るしかない。。。


『アイデアの香り』
アイデアだしに、ブレインストーミングは欠かせません。
実現可能、不可能は置いておき、斬新なアイデアをたくさん出すことで新たなアイデアを生み出していくというもの。
楽観的、批判的、慎重派、大胆などさまざまな立場のメンバーで行うと多角的なアイデアを出すことが出来ます。
独創性を促すスパイシーなクローブ、ユーモアを促すゼラニウム、地に足をつかせるというオレンジの花の香りのネロリという組み合わせも多彩な香りを放って脳を刺激します。

ウォーマーの7分目くらいまで水かお湯を入れ、クローブ2滴、ゼラニウム3滴、ネロリ1滴をいれ、温めて香りを楽しみます。
湯気が立たなくなったら、水かお湯を足します。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月3日(月)

今日は、せっかくの休日なのに朝から雨降り。
朝から何をするという事なく、ダラダラと過ごしている。
まぁ、たまにはそんな日があってもええやん!なんて自分に言い訳をしている。
ん〜ん、それにしてもよく降るなぁ。
気温は大した事ないが、湿度が高くけっこう蒸し蒸しした感じだ。
朝起きた時は、少し冷やっとした感じがあったので、長袖のシャツを着たのだが、ジワーッと汗ばんで来るのでTシャツに着替えた。
台風の影響で、しばらくはこんな天気が続くらしい。
それでも明日は、晴れ間が見られるようだ。
もうぼちぼち秋晴れが恋しい感じだ。


『クラシックの香り』
クラシック音楽とは、一般的に西洋の芸術音楽のことをいいますが、今日では、バイオリンやフルートなど伝統的な西洋楽器で奏でられる音楽と捉えられているようです。
クラシック音楽のお供には、静かで穏やかな気分を促すバラの香りに似たゼラニウムと柑橘系のマンダリンをブレンドした香りを漂わせて、しっとりと聞きいるのはいかがでしょうか。

マグカップに7分目ほどお湯を入れ、ゼラニウム2滴とマンダリン4滴を垂らし、立ち上がる湯気と一緒に香りを広げます。
湯気が立たなくなったら、精油は足さずにお湯を足しましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

10月2日(日)

今日は、午後から少し蒸し暑くなって来ましたね。
明日は休みなので、治療院のカーテンとベッドシーツを洗濯しましたよ。
カーテンは、洗えたらそのままカーテンレールに吊っておけば良いですからね。
火曜日にはエアコンをかけて、部屋の除湿をしないとあきませんけどね。

最近、千年灸を使うことがたびたびので、カーテンにヤニがつくんですよ。
これをそのままにしていると、まっ茶茶になってしまうんです。
そうなってしまうと、カーテンもアウトですからね〜。


『バランス力アップ』
てんびん座の人はバランスを取る能力に長けていて、平和主義者。
洗練された会話を好み、隔りのない交流を楽しむことができます。
そんなてんびん座の人にあやかり、てんびん座の象徴的オイル、ゼラニウムに同じ金星の植物のローズオットーとサンダルウッド白檀、ペパーミントをブレンドしたバスフィズを作りました。

重曹大さじ5、クエン酸小さじ5、コーンスターチ小さじ2、天然塩小さじ2を入れてよく混ぜ合わせます。
さらに、はちみつ小さじ1を加えてよく混ぜ合わせます。
サンダルウッド白檀5滴、ゼラニウム3滴、ペパーミント1滴、ローズオットー1滴を加えて、さらに混ぜます。
ラップにとりわけ丸めて10分ほど置くと完成です。
お湯をはったバスタブに入れてよくかき混ぜて入浴しましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


PageTopNext>>

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR