11月30日(水)

11月も今日が最後です。
私は、昨日から耳、鼻、喉の調子が非常に悪いです。
症状としては、耳閉感、くしゃみ、鼻水、喉の痛みですねぇ。
耳鼻科の症状がオンパレードって感じですねぇ。
一瞬風邪かな?って思ったのですが、寒気とかは無いので、多分風邪ではないと思うんですけど…。
今朝から、いつものアレルギー剤にプラス鎮痛剤と抗生物質を飲み始めました。
いまダウンしてる場合じゃないですからね。


『木枯らしの香り』
11月の別名は霜月。
霜降月が省略されたものだと言われています。
草が枯れ、葉が落ち、なんとも寂しい季節ですが、その代わり紅葉という鮮やかな色彩を楽しむことができます。
寒さを感じながらも自然の見せる様々な表情が私たちの心を楽しませてくれます。
そんな11月をイメージした静けさを促すカモミールローマン、冷たさを促すユーカリ、穏やかな強さを持つ柑橘系のメリッサと愛情を促すローズオットーのブレンドです。

スプレー容器に無水エタノール5mlとカモミールローマン4滴、メリッサ3滴、ユーカリ3滴、ローズオットー5滴を入れ、よく混ぜ合わせます。
さらに精製水45mlを加えてよく混ぜて完成です。

明日から12月です。
12月は、フランキンセンスという精油をご紹介します。
女性には嬉しい効果がたくさんある精油ですにで、お楽しみに!

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

スポンサーサイト

11月29日(火)

くしゃみと鼻水の状態があきません。
大気中に、一杯変な物が混じっているようです。
あたりの山々は霞んでるし、昨日洗車したばかりの車は軽いヒョウ柄になってるし。。。
そらぁ、こんな空気吸うてたら身体もおかしくなりますわ。

月末のせいか、駆け込み治療の患者さんが多いです。
まんべんなく、ばらけてくれると有難いのですがね。
世の中、そう上手くは行かないもんですね。
さてと、今夜もあとひと頑張りしないとあきません。
今からちょっと気合を入れとかんとあきませんねぇ。


『落ち着いた愛の香り』
どんなに激しい恋だと思っていても、最初のハラハラした不安定な時期が過ぎるとβエンドルフィンという脳内物質が出て、安らぎや信頼を感じるようになります。
これは関係を定着させて子育てし、子孫を繁栄させるための脳の仕組みなのです。
これを香りで表現すると愛を促すローズオットー、安定を促すシダーウッド、安らぎを促すラベンダー、満足を促すオレンジ、温かな気持ちにしてくれる、ローズウッドのブレンドです。

ボウルにミツロウ20g、ココナッツオイル5mlを入れて湯せんにかけます。
小さなガラスコップなどの容器の真ん中にロウソクの芯をたらしえ、箸などではさんで固定します。
溶けたミツロウをガラスコップに流します。
粗熱が取れたらオレンジ6滴、シダーウッド5滴、ラベンダー6滴、ローズウッド6滴、ローズオットー2滴を加え静かにかき混ぜてます。
完全に固まったら、芯を適当な長さに切って完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月28日(月)『タイヤ交換完了❗️』



ちょっと早いとは思うけど、先ほどスタッドレスタイヤに交換しました。
寒くなってからタイヤ交換するのは辛いですからねぇ。
それに腰にも負担がかかりますからね。

この冬は、何となく雪が結構降るような気がするんですよね。
雪の日は、自宅前の道路が凍結するですよね。

でもこれで安心です!
雪、いつでも来い!って感じです。


『ブーツの消臭』
この季節ののおしゃれに欠かせないブーツですが、気になるのが内部に発生する臭い。
ブーツの中には、臭いの元になる細菌やバクテリアが繁殖するのに程よい温度と湿度なのです。
殺菌、消毒作用のあるグレープフルーツ、ティートリー、女性らしいローズオットーの香りをプラスした消臭ボールを履かないときに入れておけば、
靴を脱いだ時にも怖くありません。

保存容器に重曹200gとグレープフルーツ6滴、ティートリー5滴、ローズオットー5滴を入れよく混ぜ合わせます。
時々容器を振りながら半日以上置いて香りをなじませ、適当な大きさの布に包み完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月27日(日)

いよいよサックス教室の発表会当日になってしまいました。
天気は最悪の雨降りです。
今日は、この雨も止みそうにありませんねぇ。
傘をさして行くのは仕方ないとしても、楽器が濡れるとまずいですからね。

そこで考えついたのが、ブルーのゴミ袋にケースごと入れてしまえば良いやん!
その格好で街中を歩くのは、ちょっとカッコ悪いですよね。
まぁ、今回はそんな事言ってられないしね。
あぁ〜、だんだんとドキドキして来たぁ〜。


『生理痛ケア』
あまりにも生理痛がつらいと、毎月憂鬱な気分になりますよね。
気持ちが生理や痛みに集中しないようにすることは、生理痛ケアに大切。
ホルモン分泌調整作用のあるローズオットーと、うっでぃえなサイプレスをブレンドしたボディオイルで、優しいマッサージを痛みのある部分に施しましょう。

保存容器にスイートアーモンドオイル10mlとサイプレス3滴、ローズオットー1滴を入れよくかき混ぜて完成です。
使う前によく混ぜましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月26日(土)

朝は天気が良かったのに、お昼から段々と曇って来ましたね。
今日は、ゆるゆるした感じだったので、3時で片付けてます。
早く帰れる日は、そう滅多にありませんから『よもや』をアップしたら帰ろうかと。

明日は、サックス教室の発表会です。
今日が最後の日なので、みっちりと練習をしようかと思っています。
と言っても、2時間も連続でできませんからね。
明日の事を考えたら、ドキドキして来たぁ。
さてと、それでは帰宅して頑張って来ます!


『女性 お不快な症状に』
月経に関わる不調の手当に使われてきた歴史をもつ、カモミールジャーマン。
その学名、マトリカリアは、ラテン語の子宮に由来し、大昔からカモミールは女性の辛さを緩和してきたことがわかります。
そんな古代の人の知恵を借り、カモミールジャーマンと抗うつ作用のあるローズオットーをブレンドしたフットバスをどうぞ。
月経の不快な痛みとイライラを減らしましょう。

大きめの洗面器や、バケツに約40度のお湯をはりカモミールジャーマン3滴とローズオットー1滴を垂らします。
ふくらはぎまで入れ、10分から15分つけておきます。
終わったら洗い流さず、タオルで水分を拭き取ります。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月25日(金)

さてさて、11月も1週間を切ってしまいましたね。
今年は例年より時間が経つのが早く感じますねぇ。
もう紅葉のピークも過ぎて、明日の週末がラストって感じですかね?
連日、観光地は人で一杯らしいですよ。
紅葉を見ると言うよりは、人混みを観に行くと言うか、人混みに混ざりに行くって感じですね。

いま車のタイヤをいつ交換するか迷ってるんですよね。
例年、12月最初の週末に換えてたのですが、何か今年はいきなり雪が降る様な気がするんですよね。
まぁ、どちらにしても天候次第ってところはあるんですけどね。
ちょっと週間天気予報でも見てみるか!


『冷え性』
血液循環が悪くなると手足に血液が行かなくなり、手や足の末端が冷たくなってしまいます。
そんな症状を末端冷え性と言います。
冷えを感じたら、手足の先を動かして、循環を促したり、血行促進効果のある濃厚な香りのイランイラン、シナモンリーフと鎮静作用のあるローズオットー おブレンドで作ったオイルでマッサージをしてみましょう。
キャリアオイルには皮膚を柔軟にし、肌細胞を活性化するスイートアーモンドオイルを使用します。

保存容器にスイートアーモンドオイル10mlと、イランイラン1滴、シナモンリーフ1滴 、ローズオットー2滴を入れ、よく混ぜ合わせます。
使う前によく混ぜ合わせましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

1124日(木)『ロ◯ム イルミネーション』



今年も始まってしまいました。
毎年恒例のロ◯ムのイルミネーション❗️
今日から地獄の1ヶ月間が続きます。
帰宅時間と重なり見物客で、五条通りが大渋滞になるんですよね。
あ〜、やな感じ。


『手作りガーグル』
風邪もインフルエンザもウィルスが人間の鼻の奥や喉の奥などに付着することから始まります。
うがいは喉の病原微生物を減らす効果と、呼吸器などの感染症の防止に効果が期待できます。
うがいはタイミングが大事で外から帰ったとき、飲食後、喉に不快感があるときに行うようにしましょう。
喉に痛みを感じたら、品格的な風邪になる前に抗菌、抗ウィルス作用のあるローズオットー、れもん、ユーカリをブレンドしたうがい水でこまめにうがいを。

ビーカーに無水エタノール5mlとユーカリ1滴、レモン2滴、ローズオットー1滴をいれよく混ぜ合わせます。
500mlのペットボトルに入れ、混ぜ合わせて完成です。
必ず1日で使い切りましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月23日(水)

今日は朝からバタバタの一日でした。
朝一番から東の横綱、午後からは西の横綱。。。
その二人だけで、もうヘロヘロって感じですよ。
しかし、この二人は示し合わせたかの様に、よく同じ日になるんですよね。
二人一緒の治療は、とてもじゃないけど無理ですよ。

今日、仕事を終えて帰宅したのが、ちょうど6時半過ぎでした。
それから1時間サックスの練習です。
何せ、次の日曜日が発表会ですからね。
土曜日は針灸院にサックスを運んでおかないといけないので、今日が最後の練習日と言うことになります。
そう考えると焦るのか、またまた伴奏と上手く合わなくなってしまいました。
まぁプロと違うんやから仕方ないですが…。
あとは、伴奏のCDを聴きながらエアサックスでイメージトレーニングするしかないです。
さてと、当日はどうなることやら。


『カサカサボディ』
冬になると手足の皮膚がかさかさして、白く粉を吹き、痒くなることがあります。
これも乾燥の仕業です。
入浴時には手のひらと木綿のタオルでやさしく洗います。
皮脂を奪う熱いお風呂や長湯は避けましょう。
入浴後はすぐに水分を拭き取り、オイルでしっかり保湿を。
皮膚軟化作用と、皮膚弾力作用を持つローズオットーに、細胞成長促進作用のある、フランキンセンスの落ち着いた香りをブレンド。
皮膚を柔軟にし、活性化するスイートアーモンドオイルを使用します。

保存容器にスイートアーモンドオイルを10mlに、フランキンセンス3滴とローズオットー1滴を入れ、よくかき混ぜ合わせて完成です。
使う前によくかき混ぜて下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月22日(火)

今朝、起きた時は何ともなかったのに、針灸院に向かう頃から、背中が詰まって痛いです。
夜中に背中を寝違えたのかなぁ?
お昼を過ぎて、少しは楽になったのですが、首を左に傾けると背中に痛みが走ります。
かと言って、疼く訳でもないですしね。
ん〜ん、こんなん直ぐに治せるのに、自分では何も出来ないしなぁ〜。。。


『年齢が出やすい手のケア』
手は、顔以上にみられているパーツです。
そのうえ、化粧でカバーすることもなく、重い荷物を持ったり、家事で酷使したりと日々過酷な環境にさらされています。
たまには、手にも化粧水をつけ、さらにクリームを塗り
ビニール袋をかぶせて手首を留めて5分おくぱっくなどいかがでしょう。
皮膚軟化作用と皮膚弾力作用を持つローズオットーとゼラニウムのブレンド。
ミネラル、ビタミン、特にビタミンEが豊富なピーチカーネルオイルを使います。

ボールにピーチカーネルオイル15ml、ミツロウ3gを入れて、湯せんにかけます。
ミツロウが完全に溶けたら、シアバター2gを加えて完全に溶けたら湯せんからおろして粗熱をとり、保存容器に移します。
ゼラニウム3滴とローズオットー1滴を加えてよくかき混ぜて半日ほどおいて固まったら完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


11月21日(月)

今日は11月最後のサックスのレッスン日です。
教室の発表会まで1週間を切ってしまいました。
自分で言うのも何ですが、2週間前までは結構上手く行ってたんですよねぇ。
それが突然リズムが狂い出して、焦りで伴奏に合わなくなってたんですよね。
必死に修正して、何とか形にはなったのですが…。
本番は、結構緊張するでしょうし、ぐちゃぐちゃにならないようにしないとね。
残すところ、今日を入れて練習出来るのは3日間。
実際には、今日はもう終わったので、あと2日です。
課題は、当日の緊張をどう乗り切るか!って事なんですけどね。
これだけは鍼でどうにかなるって事ないしなぁ。


『自分をほめる香り』
こんなに頑張ったのだからほめて欲しいと思うことは、人として当然の感情です。
ところがほめて欲しい人からほめて欲しいタイミングに、言って欲しい言葉をもらえることはほとんどないですよね。
それなら、待つよりもむしろ、自分で自分をほめるというくせをつけませんか。
幸福感を促すローズオットー、抱擁するというキーワードを持つラベンダー、博愛のキーワードを持つパチュリのブレンドも、頑張ったあなたをほめてくれます。

保存容器にシャンプー50mlと、パチュリ3滴、ラベンダー5滴、ローズオットー2滴を入れよく混ぜ合わせてかんせいです。
使う前によく混ぜ合わせましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月20日(日)

昨夜の飲み会は楽しかったですよ。
ただ声のでかい客が居てたのが、ちょっと嫌な感じでした。
ええ歳こいて、目立ちたいんやねぇ〜。
9時過ぎにお開きにして、デザートを食べに行こうということになっていたので、近くのファミレスへ行ったんです。
注文は前から決めていたんですよ。
いざメニューを見てみると、何とチョコパフェが無いではないですか。
一同ガッカリ。。。
ここは気を取直して、各々違う物を注文しました。
約1時間でお開きにして、タクシーで帰りました。
家に着いたのが10時半過ぎ。
この帰宅時間は記録かなぁ。


『胃もたれ』
胃の働きは正常でも、多くの食べ物を一度に食べたり、消化の悪いものをよく噛まずに食べたりすると、胃もたれになりやすくなります。
健胃作用のあるローズオットーと、ブラックペッパーのブレンドでケアしましょう。
食後2時間以内のマッサージはおすすめできないので、蒸気から香りを吸入するマグカップ芳香浴にしましょう。
また胃もたれしているときは、コーヒーや緑茶などカフェイン類をひかえることも大切です。

マグカップに7分目ほど湯を入れブラックペッパー2滴とローズオットー1滴を垂らし、立ち上がる湯気と一緒に香りを広げます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月19日(土)

朝のうちパラパラ降っていた雨も、どうにか止んでくれたようです。
今夜は同級生たちと飲み会があるので、このまま天気がもってくれるとありがたいのですが。

今日は、午前中バタバタやったのですが、午後からはゆるゆるの予定だったのですが、いま立て続けに電話が鳴り、これからまたバタバタに戻ります。
さてと、治療の準備にかかるとしますかね。


『熟睡アロマ』
身体は疲れて眠いのに熟睡できないのは、ストレスを感じると分泌される副腎皮質刺激ホルモンが原因というケースが多々あります。
しかし、このホルモンが 分泌されるのは睡眠中だけ。
つまり、ストレスを緩和するために睡眠が大事なのに、そのストレスによって熟睡できないという…。
この悪循環を断ち切り、質の良い睡眠を得るために、鎮静効果のあるローズオットーと柑橘系のベルガモット。
睡眠作用のあるラベンダーの力を借りましょう。

受け皿にベルガモット3滴、ラベンダー2滴、ローズオットー1滴を垂らし、電球の熱で香りを広げます。
火を使わないので安心して使えます。
湯気がたたなくなったら、精油ではなくてお湯を足します。
濃度が高いので直接の吸入はしないで下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月18日(金)

今日は朝から少々バタバタした感じでした。
あともう少しで今日も終了です。
もうひと頑張りしないとね。

明日の夜は、久しぶりに同級生たちと飲み会です。
いつもは街中に出ていたのですが、今回は桂駅周辺で集まろうと言うことになったんです。
理由は帰りが楽ですからね。
明日は、あんまり羽目を外さない様にしないとね!


『切なさが止まらない』
切ないという気持ちは確かに存在しているけれど、明確な説明のつかない言葉であり、感情です。
強いていえば、失いたくないものを失う時の惜しむ気持ちに少し似ているのかも。
抗うつ剤
作用のある、オレンジスイートとローズオットー、鎮静作用のあるマンダリンとサンダルウッド白檀、精神高揚作用のある花のジャスミンのブレンド。
華やかな香りが心を元気にしてくれ、間もなく訪れる幸せを期待させてくれます。

スプレー容器に、無水エタノール5mlと精油を入れ、よく混ぜ合わせます。
そこに精製水45mlを加えてよく混ぜて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月17日(木)

今日も朝から良い天気だったのですが、午後から少し怪しくなって来たみたいです。
そのとたん、頭痛がして来て、首も詰まった感じになって来たので、即、鎮痛剤を服用しました。
30分ほどしたら、幾分かはましになったのですが、スッキリしないので自分で鍼をすることに。
首の横が詰まる感じがするので、そこに鍼を刺そうとするのですが、なかなか上手く出来ません。
悪戦苦闘の末、どうにかこうにか出来たのですが、気がついたら1時間も寝てしまってましたよ。
ちょっと真剣に身体のメンテナンスを考えないとあきませんねぇ。


『美肌ケアパック』
肌細胞の再生に欠かせない成長ホルモンは、夜10時から朝2時までの間に分泌するとされています。
つまりこの時間に肌は生まれ変わるのです。
夜型の生活のため、この成長ホルモンの分泌時間に睡眠が取れずにいた場合、ターンオーバーが上手くいかず肌がくすんでしまいます。
肌をすべすべにするカオリン、保湿、収斂作用のあるローズウォーター、肌への浸透性がいいピーチカーネルオイルを使ったパックをして眠りにつきましょう。

乳鉢にカオリン大さじ1、ローズウォーター小さじ1いれよく混ぜ合わせます。
ビーカーにピーチカーネルオイル3mlとミルラ3滴とローズオットー1滴をいれよく混ぜ合わせます。
乳鉢のカオリン いピーチカーネルオイルを加えて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


11月16日(水)

今日は朝から暖かいですね。
家の中の方が寒く感じますよ。
昨日、家に帰って空を見上げると雲の合間からお月さんが綺麗に見えましたよ。
とりわけ、大きくはなかったので、見る時間帯が違ったんでしょうね。
今夜ははっきりと見えそうですね。

11月も今日から後半戦です。
あっという間に年末になってるんでしょうねぇ。
本当に1年なんてあっという間に過ぎてしまいますね。



『美肌ケアオイル』
血液中の鉄分が不足すると各細胞に酸素が充分に運ばれず、そのため肌もくすみ、荒れたりカサついたりなどさまざまなトラブルがおきます。
美肌のために欠かせない鉄分ですが、女性は月経や妊娠や出産で失われがち。
その上体内で合成できないため、食事から摂取する必要があります。
くすみや、かさつきが気になったら、ひじきや豚レバーなど鉄分の豊富な食材を意識してみて下さいね。

保存容器にピーチカーネルオイル10mlと、パルマローザ1滴とローズオットー1滴をいれ、よく混ぜ合わせます。
使う前によくかき混ぜて下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月15日(火)

昨日のスーパームーンは、天候のせいで見れずに残念でしたね。
なんでも68年振りだとか…。
と言うことは、次のスーパームーンは見れないですね。
今夜はお月さんが見れそうです。
まぁ、真のスーパームーンではないけども、かなり大きく見えるでしょうね。
今夜は何時頃が一番大きく見えるのでしょうかね。
ちなみに、昨夜は10時頃でしたからね。


『美肌ケアローション』
有酸素運動や入浴の時に出る汗は毛穴に詰まった汚れを排出し、新陳代謝をアップ。
天然の保湿成分を含んでいるため「自然の化粧水」ともいわれている。
毎日の運動は大変でも38度から40度程度のぬるめのお湯での半身浴なら生活に取り入れやすいですね。
しっかり発汗した後は、ローズオットーとローズマリー、パチュリのハーバルなブレンドに、保水力抜群のキサンタンガムとオレンジの花のから抽出したネロリうぉーたーを使ったジェルローションで、しっかり保水します。

ビーカーにグリセリン小さじ1、キサンタンガム小さじ1/8を入れよく混ぜ合わせます。
ネロリウォーターを20mlを加え15分ほどおきます。
そこに、ローズオットー1滴、ローズマリー1滴、パチュリ2滴を加えなめらかになるまで、混ぜ合わせたら完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月14日(月)

今日は休みで、朝一番からお医者さんに行って来ました。
いつも診察はあっさりしたもので、診察室に入って10秒で終わりです。
9時半過ぎに家に戻るやいなや、銀行と買い物に連れてって欲しいと言われ、再び出発しました。

スーパーの中をうろうろ歩きながら見て回ってビックリ‼️
野菜の高いこと高いこと❗️
白菜がひと玉700円って。。。
細い大根が300円、キャベツも小さいので400円、他の野菜も同じような感じでした。

これからお鍋が美味しい季節ですが、これではなかなか出来ないですね。
街中の飲食店はほんまに大変ですよね。
お好み焼き屋さんとか大丈夫かなぁ?
まぁ他人の心配をしてる場合じゃないですけどね。


『美肌クレンジングオイル』
11月の精油ローズオットーは精油の女王ともいえる存在。
その華やかな花の香りをとともにその美容作用も女性を喜ばせます。
そんなローズオットーで、冬の乾燥による肌ダメージを防ぎましょう。
まずはお手入れの基本クレンジングには、皮膚軟化作用と皮膚弾力作用を持つローズオットーに細胞成長促進作用のある柑橘系のマンダリンのブレンド。
キャリアオイルには皮膚を柔軟にし、活性化するスイートアーモンドオイルを使用します。

保存容器にスイートアーモンドオイル10mlとマンダリン1滴、ローズオットー1滴を入れよく混ぜ合わせて完成です。
使う前によく混ぜ合わせましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月13日(日)

今週も今日で終わりです。
明日は休みなので、朝一番にお医者さんに行って来ます。
鼻の調子が悪いにもかかわらず、今朝はバイクで出勤してしまいました。
遠くの山は、相変わらず霞んでいましたが、針灸院に着いてからも、鼻の調子が悪くならなくて助かりました。
さてと、今から片付けをして帰るとします。


『いたわりの香り』
つらいことを経験すると人の心は他人に心を閉ざしてしまうことがあります。
これは、寂しさや虚しさで心がかたくなになり、人の優しさや思いやりを素直にうまく受け入れられなくなってしまったなと思う時に使って欲しい香りです。
愛を高めるローズオットーやメリッサ、優しい愛情を促しベンゾインレジノイドのブレンドは、少し懐かしさも感じさせる愛情と温かさがいっぱい溢れた香りです。

保存容器にコーンスターチ大さじ3、地中より採掘した粘土の水分を抜いたホワイトクレイ大さじ1をいれ、よく混ぜ合わせ、ベンゾイン6滴、メリッサ2滴、ローズオットー2滴を加えます。
時々容器を振りながら、半日以上おいて香りを馴染ませ完成です。
お風呂上がりや外出前に体に塗布します。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


11月12日(土)

これまた今日は暖かい一日ですね。
絶好の行楽日和って感じですね。

でもここんとこ、ずっとやまが霞んでいますから、またややこしい物が飛んでます。
昨日、患者さんから聞いたところpm2.5が飛んでるらしく、外で激しい運動は控えるようにとのお達しがあったそうです。

2、3日前からくしゃみ鼻水がえらい事になってます。
2種類のアレルギー剤を飲んでなおボロボロな状態です。
月曜日の朝一番に医者に行って来ようと思っています。
あぁ〜、ほんまに嫌になって来るわ。


『喉の痛み』
本格滴に寒くなってくるこの時期は、外気はもちろん暖房が強くなる室内も乾燥しがちです。
鼻や喉などの粘膜を乾燥から守ることは、風邪予防のひとつです。
喉に違和感があったら本格的な風邪になる前に、早めにケアしましょう。
外出から戻ったらまずはうがいをし、その後抗菌、抗ウイルス作用のあるローズオットー、ペパーミントの蒸気をたっぷり吸い込み、冬のデリケートな粘膜を保護します。

洗面器の7分目くらいまで、約80度のお湯を入れ、ペパーミント1滴、ローズオットー2滴を垂らします。
蒸気を逃さないように頭から大きめのタオルをかぶり、目を閉じて立ち上がる湯気を吸い込みます。
※湯気がたたなくなったら、精油ではなくてお湯を足して下さいね。
精油成分は直接粘膜などを刺激することもあるため、長時間の吸入はさけましょう。
咳がでている時や喘息の時はやめましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月11日(金)

今日は暖かいですねぇ。
朝一番はストーブをつけてましたが、お昼前には消しました。

1時半から新患さんが来られるので、それまでの間にホームページを直してました。
直すと言っても大層な事では無くて、今年の夏に作った冊子の写真とそのお知らせを追加したんです。
まぁ、自分で言うのも何なんですが、ええ感じに仕上がりました。
これで良いように向かって行ってくれたら嬉しいのですけどね。


『平和への願い』
平和は人類共通の願い。
しかし今日もどこかで争いがおきています。
せめて、第一次世界大戦の終結を記念し定められた「世界平和記念日」には、世界中のだれもが命の危険におびえることなく過ごせる日が来るよう願いたいものです。
超越した平和というキーワードをもつミルラ、その平和は少しでも長く続くよう「エバーラスティング」という別名を持つヘリクリサム、「愛」をキーワードにもつローズオットーをブレンドした祈りの香りを作りました。

受け皿に7分目くらいまで水かお湯を入れ、ヘリクリサム3滴、ミルラ2滴、ローズオットー1滴を落とし精油を温め蒸気と一緒に香りを広げます。
火の元には十分注意して下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


11月10日(木)

昨日はアメリカの大統領選で、テレビのニュースはそのことばかりって感じでしたね。
結果は、大半の予想とは違いトランプ氏の勝利でしたね。
今日のネットのニュースでは、米国内で大統領を認めないと言う抗議デモが繰り広げられているそうです。

素人が大統領になって何が出来るっていう声がありますが、レーガン大統領だって映画俳優でしたからね。
まぁまぁ難しい事はよく分かりませんが、良いようになってくれると嬉しいんですけどね。


『美しい唇に』
カサカサで縦シワが入った唇は女性としての魅力を激減させます。
唇を覆う皮膚は、とても薄い為肌のみずみずしさを保つ機能が他の部分の皮膚より劣ります。
その為紫外線や乾燥などの刺激をとても受けやすいのです。
その一方で新陳代謝がよく、他の部分より早く肌が生まれ変わるのでダメージからの回復も早いのです。
カサカサしたらすぐに皮膚弾力作用を持つローズオットーで作ったリップクリームでケアしましょう。

ボウルにピーチカーネルオイル7ml、ミツロウ3gを入れて湯せんにかけます。
ミツロウが完全に溶けたら、粗熱を取って保存容器に移します。
さらに、ローズオットー1滴を加え、よく混ぜ合わせ半日ほどおいて固まったら完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月9日(水)

今日は一段と寒くなりましたね。
朝からずっと霧雨のようなのが降っています。
出勤して来る時に、綺麗な虹が出ていましたよ。
写メを撮るわけにもいかず、写真は無しです。

これだけ寒くなって来ると、身体に影響するので足腰を冷やさないように、今日からタイツを履きました。
たった一枚のことなんですが、寒さが全然違いますね。
若い頃は、そんなこと考えたこと無かったんですけどね。
まぁ、それだけ年輪を重ねて来たと言うことですね。

今日は、朝からずっと鼻の調子があきません。
鼻水が出て来ます。。。
何か飛んでる?
アレルギー剤を飲んでてこれやから、ほんまにたまりませんよ。
ちょっと自分で鍼でもしてみるかな。


『クリエイティブにいこう!』
創造性というもには、決して特別な人のものではなく、どんな人の、どんな場面でも必要なもの。
本の執筆も弁護士の論述も事務作業もテレフォンオペレイトもクリエイティビティが発揮されねければ、いい仕事をしたことにはなりません。
子育てから部屋の掃除まですべて同じ。
毎日に面白みは足りないなと感じたら創造性を高めると言われるスパイスのクローブ、サンダルウッド白檀、意欲を促すローズオットーのブレンドを試してみてください。

遮光瓶にクローブ3滴、サンダルウッド5滴、ローズオットー2滴を入れよく降って混ぜます。
マグカップに7分目ほどお湯を入れ、混ぜた精油を2滴垂らし、立ち上がる蒸気と一緒に香りを広げます。
湯気がたたなくなったら、精油ではなくてお湯を足して下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


11月8日(火)

朝から、昨日のfc2の不具合のうっとしさをぶちまけ、少しはイライラもおさまって来ました。
こういう機械物の不具合はかないませんなぁ。
昨日の夕方、家でCDのコピーをしていたのですが、調子良くやってるかと思ってたら、いきなり出来無くなったりするんですよね。
ほんまに昨日はイライラMAXって感じでしたね。

今朝は気分を変えて過ごさないとあきませんねぇ。
イライラしていて得することなんてありませんからねぇ。
こんな気分の時はどんな香りを嗅ぐのが良いのでしょうかね?
アロマの先生、教えて下さいな。


『意欲維持』
大辞林によると意欲とは物事を積極滴にしようとする意志、気持ち。
いかなる困難に遭遇しても意欲を保つことができればいいですよね。
意欲維持への一歩は、爽快な達成感を味わうこと。
これを繰り返し脳と体に記憶させる事で意欲維持の習慣が培われます。
意意思の力を強化するジュニパーベリー、意欲を促すフェンネルとローズオットーのブレンドを意欲維持のお守り代わりにして下さい。

遮光瓶にジュニパーベリー5滴、フェンネル3滴、ローズオットー2滴を入れよく混ぜます。
コットンに2、3滴垂らし、何もつけていないコットンではさみます。
布製の袋に入れて完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


11月7日(月)

ほんまたまらんわ、このfc2!
昨日(11/7 月) にブログをアップしようとしたら、管理画面に入れない始末。
メールアドレス、パスワードが間違ってます、やて。
寝ぼけてんのか!
メールアドレスはコピペしてるし、パスワードも間違ってないし。
どうせサーバーの不具合やろ!
それやったら利用者に謝ってこいって言うの!
ほんまにええ迷惑やわ!


『腰痛ケア』
腰痛が出たら「温める」こちが多いと思いますが、ぎっくり腰など急性の腰痛の場合は筋肉の炎症が起きているのでまずは「冷やす」必要があります。
温めるのは、2~3日して炎症が治ってから。
対処を間違うと痛みが慢性化することもありますので、判断に迷ったら医師の診断を受けるようにしましょう。
抗炎症作用のあるローズオットーとジュニパーベリーのブレンドで作った冷湿布で炎症を緩和しましょう。

ビーカーに無水エタノールとジュニパーベリー1滴と、ローズオットー1滴を入れよくかき混ぜます。
洗面器に冷水をはり、ビーカーに加えてよくかき混ぜます。
タオルを冷水につけ絞ります。
必要な箇所にあてましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


11月6日(日)

今日は朝からどんよりとした天気です。
針灸院はゆるゆると時間が流れています。

そんな時間を利用して、いまユーチューブで『めちゃもてサックス』動画見ていると言うか聴いています。
今回購入した楽譜は3種類です。

まずは、Boz Scaggs の We'er All Alone。
次に、When You Wish Upon A Star。
そして、山下達郎さんのクリスマス・イブ。

その模範演奏を聴いて愕然。。。
まぁプロが演奏してるので、上手いの当たり前ですが、これを1年間で果たして習得できるか?って言うことです。
楽譜を購入するまでは、厚かましくも何とかなりそうな気になってたんですけどね。
来月から猛練習をしないとあきませんねぇ。


『気合いスイッチ』
ここ一番という時に入れる「気合い」。
気合いとは『精神を集中させて事に当たるときの気持ちの勢い』のことを言うのかも。
残念ながらこの「気合い」と言うものは長時間保つことも、常に持ち続けることも出来ません。
神経を刺激して強化し活力を与えるマジョラムと、リラックスさせ精神を高揚させるローズオットーを、気合いの入った瞬間の心身と結びつけて、気合いスイッチを入れましょう。

紙にマジョラム3滴と、ローズオットー1滴を垂らして手帳にはさんでおきます。
シミには注意して下さい。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月5日(土)

今日はなかなか上手く仕事がはかどりましたね。
3時半頃に帰宅するなんて久しぶりです。
時間があるので、何をするか色々考えてみるものの、結局何も出来ないんですよね。
こういうのって、貧乏性って言うんですかねぇ?

『よもや』を書き出してたら、いつの間にか寝てしまい、気がついたらもう8時前!
ほんま、ビックリです。
ちょっと、自分に呆れてしまいますわ…。
ぼちぼちお風呂に入ってこようっと。


『合格の香り』

資格試験の結果が書かれた通知。
封を開け「合格」の文字を見たときの喜びは格別。
この瞬間のため、くじけそうな心を、日夜奮い立たせて頑張ってきたといっても良いですよね。
そんな達成感、喜びの気持ちを香りとともに身体中で感じましょう。
喜びを促すローズオットー、レモン、プチグレンのウッディな香りをブレンドさせて部屋に香らせます。
そして次の勉強はこの勝利の記憶と結びついた香りで。

受け皿に7分目くらいまで、水か湯を入れ、ローズオットー2滴、レモン3滴、プチグレン1滴を落とし、温めて、蒸気と一緒に香りを広げます。
火の元には十分注意して下さいね!

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月4日(金)

今朝、昨日ネットで注文した楽譜が届きました。
注文して24時間以内に届くって早過ぎとちゃう?
早速、箱を開けてみると一冊だけでした。
もう一冊は明日届くみたいです。
仕事がひと段落ついたので、中をパラパラと見て愕然としました。
何とCD伴奏付きではなかったみたいです。
あちゃ〜、あかんやん…。
この本はレッスンでは使えへんやん。。。
参ったなぁ…。
スイートメモリーズを練習したかったんやけどなぁ。
お昼にもう一度調べてみたけど、CD伴奏付きが無いんですよね。
めちゃもてシリーズはあるんやけど、上級者向けの楽譜やしなぁ。
今回は諦めるとするか。。。


『恋愛小説を読むための香り』
恋愛小説はどっぷり感情移入して楽しむもの。
不思議なもので主人公が平凡な女子高生やOLであっても、現実にはあり得ないお姫様であっても同じように登場人物になりきって感情移入してしまうもの。
愛を促すローズオットー、集中を促すフランキンセンス、想像力を促すヘリクリサムの菊の香りをブレンドした香りに包まれながらの読書で、さらにどっぷり物語に浸って下さい。

受け皿にフランキンセンス3滴、ヘルクリサム2滴、ローズオットー1滴を落として温めて香りを広げます。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月3日(木)

今日は11月3日、文化の日ですね。
朝から天気も良く、バイクで出勤して来ました。
最近、だいぶ気温も下がり、バイクですと風が冷たく感じますねぇ。

今日は、バタバタするほどの忙しさって事はなかったので、ゆったりと治療をさせてもらってます。
この分ですと夕方には帰れそうなので、家でサックスの練習が出来そうです。
発表会まであと少しなので、ここはやっておかないとね。

昨日、ネットで楽譜を色々探してたんですが、ようやく良さそうなのが見つかったので、あとで注文しようと思ってるんですよね。
でも、ほんまに吹けるやろか?と言う一抹の不安はありますが…。


『結婚記念日』
結婚記念日は、夫婦がお互い労り合い、感謝する日。
もちろん互いの愛情を確認するロマンチックな記念日でもあります。
豊かさを促すハーバルなパチュリ、愛を促すローズオットー、温かさと甘さのあるバニラの香りのベンゾインレジノイド、多幸感を促すハーバルなクラリセージのブレンドでキャンドルを作ってロマンティックな夜を演出しましょう。
透明無臭で時間がたっても匂いが悪くならないココナッツオイルを使用します。

ボウルにミツロウ20gと、ココナッツオイル5mlいれて湯せんにかけます。
小さなガラスコップなどの容器の真ん中にロウソクの芯をたらし、箸などではさんで固定します。
溶けたミツロウをコップに流しいれます。
粗熱がとれたら、クラリセージ7滴、パチュリ5滴、ベンゾインレジノイド10滴、ローズオットー3滴を加え、静かに合わせます。
完全に固まったら芯を適当な長さに切って完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

11月2日(水)

11月に入って、サックスの発表会まで4週間を切ってしまいました。
2曲の演奏をしないとダメなんですが、まだ2曲目が上手く吹けないんです。
ちょっと困りましたねぇ。
とは言え、焦っても仕方がないので、ここは開き直るしかありませんねぇ。

この発表会が終わると、次年度の課題曲を見つけないとダメなんですよ。
私自身は、どちらかと言うとアップテンポの曲よりもバラード系のゆったりした感じの方が好きなんですよ。

昨日から色々探してみたのですが、4曲ほとピックアップしてみました。

① We'er All Alone
② 奏 (かなで)
③ スウィート メモリーズ
④ 星に願いを

まぁ、ざっとこんな感じです。
あとはCD伴奏付きの楽譜を探さないとあきません。
『めちゃもてサックス』の楽譜はカッコいいけど難しいからなぁ〜。。。


『パワーが欲しい』
「がんばらなくちゃ」とふと口をついてでた時は自分が頑張れていないと自覚している時。
焦りを感じている心のサインなのです。
そんな時は、まず「TO DOリスト」を作成し、なにをがんばらなければならないのかきちんと明確化します。
もちろんリストにこの香りをつけることを忘れないで下さい。
リラックスさせながら精神を高揚させてくれるローズオットー、神経を刺激して活力を与えてくれるバジルとシダーウッドのブレンドです。

ボウルにココナッツオイル15ml、ミツロウ5gをいれて湯せんにかけます。
ミツロウが完全に溶けたら湯せんから下ろして粗熱をとり、保存容器に移します。
そこにシダーウッド5滴、バジル4滴、ローズオットー3滴を加え、よく混ぜ合わせ半日ほどおいて固まったら完成です。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎


11月1日(火)

いやぁ〜、ついにやりましたぁ!
サックスの中級に合格しました!
昨日、レッスンに行ったら、いきなりテストって言われて、えっ?って感じでしたが、ここまで来たらなる様にしかならないって開き直ったのが良かったようです。
テストの内容は、音階をリズムに合わせてキチッと吹けるかと課題曲を伴奏に合わせて吹けるかでした。
この日に限って上手く出来ました。
今月末の発表会までに、何とか完璧に仕上げないとね。


11月の精油『ローズ・オットー』
1滴を作るのに50本分の花びらが必要なローズ・オットーは「精油の女王」と呼ばれています。
その名にふさわしく、美容や恋愛、女性特有の不調などをサポートする女性に嬉しい作用をたくさん持っています。
寒く彩のない晩秋に、生き生きとした華やかさをプラスしてくれる香りです。

『マゼンタの香り』
マゼンタとは、赤みの強い濃いピンク。
色の三原色CMYのMとしてプリンターのインクカートリッジでもお馴染みの色です。
この色は、オーラーソーマヒーリングでは「神聖な愛」というタイトルを持ち、母性、包容力、優しさ、奉仕、愛、安らぎを象徴しています。
愛を促すローズオットー、安心のオレンジの花ネロリ、献身のローズマリー、母性のラベンダー、保護するサンダルウッド白檀、安らぎのハーバルなクラリセージのブレンドでこの色を表現しました。

スプレー容器に無水エタノール5mlに、ローズオットー2滴、ネロリ1滴、ローズマリー2滴、ラベンダー6滴、サンダルウッド6滴、クラリセージ3滴を入れ、よく混ぜ合わせます。
そこに精製水45mlを加えてよく混ぜ合わせて完成です。
使う前によく混ぜましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

PageTop

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR