FC2ブログ
      

3月31日(火)

3月最後の日の今日も新型コロナウィルスのニュースで世の中溢れかえっています。
昨日突然届いたタレントの志村けんさんのニュースで芸能界も驚きを隠せない様子です。
何ともいたたまれない気持ちになってしまいますね。
この問題がいつ頃収束してくれるのかまったく予想がつきません。
自粛疲れとか言って居酒屋に行く人たちがニュースで流れて居ましたが、どんな神経をしているのか?マークが頭の中で飛び交っています。
それに以前から気になっていたのですが、パチンコ店のことは何も言わないですね。
一応横並びとは言えかなり接近していますからね。
それにいちいちパチンコ台を消毒もしないですからね。
わざわざ危険に晒されに行くのと同じだと思うのですが…。
こういう人たちがたくさんいる以上、年内収束は無理なんじゃないでしょうか。



スポンサーサイト



3月30日(月)

朝から突然の訃報が飛び込んで来た。
タレントの志村けんさんが昨夜11時10分に永眠されたそうだ。
志村さんと言えば『8時だよ全員集合』、『バカ殿』などいろいろな代表作が挙げられるが、私達世代は何と言っても『8時だよ全員集合』だ。
ドリフターズと言えば、今の若い方からすればお笑いバンドのように思われるかもしれませんが、実は1966年のザ・ビートルズ日本来日の際に前座として日本武道館に出ているれっきとしたバンドなんです。
私の記憶では、ドリフターズのメンバーの荒井 注さんが抜けたあとに志村さんが出て来たんですね。
ですので子供の頃は志村さんにはあまり馴染みが無かったように思います。
『バカ殿』シリーズもちょっと年代が違い、馴染みは薄かったのですが、最近は『志村動物園』を拝見させていただいておりました。
動物に接する志村さんの態度に人間性を感じ学ぶことが多くありました。
まだまだこれから活躍されていかれるタレントさんだっただけに今回の訃報はショックでなりません。
御冥福をお祈りします。



3月29日(日)

村本針灸院では、多数の患者さんのご要望で強酸性水・強アルカリ水を一昨日よりお分けしています。
強酸性水はph2.2~2.7とかなりの雑菌力で、ほとんどのウィルスや細菌は5秒程度で除菌出来ます。
この辺も気になる方はネットで検索していただければなるほどとお解りになられると思います。
当院は強酸性水の販売を目的にしていませんので、強酸性水生成器のランニングコスト代としていただくことにしました。
1リットルの遮光ボトルを300円、強酸性水・強アルカリ水ともに100mlを10円、1リットルを100円となっております。
えっお金を取るの!ってお思いの方、『ネットで強酸性水 値段』で検索してみて下さい。
5リットルで7500円という高値の物もあったりします。


でも良い事ばかりではありません。
強酸性水・強アルカリ水は金属を腐食させる可能性がありますので、そこは注意して使用していただく必要があります。
とは言え少し付いたぐらいではどうということはありませんけどねぇ。
それと紫外線に当たると雑菌力が低下していくんです。
ですので遮光ボトルが必要になるんです。
一番安上がりなのはお酒などのネジ式の蓋の出来る紙パックです。
これはほぼ完璧でしょうねぇ。
私自身はペットボトルにアルミテープを貼って使って見ているのですが、まぁそこそこ大丈夫な感じですよ。
今日、ホームセンターで黒色のスプレー缶を購入したのですが、ペットボトルに吹き付けて使ってみようと思っています。
それが上手くいけば遮光ボトルを購入しなくても良いですからね。





3月28日(土)

3月最後の週末です。
今日は昨日と違い、やや冷え込んでいます。
街中の桜も咲きだし、良い感じになって来たのに新型コロナウィルスの猛威で散々な春の到来となってしまいました。
収束の気配もなかなか感じられず、東京では爆発的な感染の増加が見られ大変な状況になっています。
それでもニュースを見ていると、国民全体的に気の緩みと言うか危機感の欠如が目立つような気がします。
自分は若いからとか元気だから感染しないだろうという無責任な考え方は無くさないとダメだと思いますねぇ。
過剰過ぎるのもどうかとは思いますが、とにかく一人一人が危機感を持って対策していかないとあきませんよね。



3月27日(金)

今日は月に一度のおばあ3人組の『鍼ツアーの日』でした。
今日のおばあ達のもっぱらの話題は、やはり新型コロナウィルスでした。
全員年齢が年齢だけに感染したらお終いやわ!
何とも返事のしようがねぇ。。。
このおばあ達は、健康にはとても貪欲なんですよ。
つい先日から受付カウンターに置いた強酸性水を見た途端、興味深々でいろいろと質問されました。
治療が終わり、帰られる前に『この強酸性水を分けて欲しい!』と全員から言われ、早速、昨日届いた1リットルの遮光ボトルに強酸性水を入れて使い方をお教えしました。
次回ボトルを持って来てくれたら、強酸性水の中身の値段で済むからねと説明をしました。
当院は針灸院で、物を販売するのが目的ではありませんので、希望者にはランニングコストでお分けしています。
ちなみに強酸性水のお値段は、100mlが10円、1リットルが100円です。
インターネットで購入すると5リットルで7500円です。



3月26日(木)

3月も残すところあと5日となりました。
世界中が新型コロナウィルスの猛威でめちゃくちゃな状態になってます。
日本では東京で感染者が一気に増加しています。
春が近づいてきて皆んな気が緩んで来てるんでしょうね。
1月に専門家の意見が軽過ぎたのも一つの要因になっているように思いますねぇ。
このまま不要不急の外出は控えろと言われてもなかなか難しいのでは?
特に若者にとってはストレスの限界に近いのではないでしょうか。
私は、今回の騒動は何か『もぐらたたき』のような気がしてならないんですよねよ。
何とも皮肉なものですが、私が1月に予想した通りのシナリオになって行ってるんですよ。
こんな予想は外れて欲しかったんですけどね。。。



3月25日(水)

最近、暑いんだか寒いんだかよく分からん天気が多いですね。
それよりも黄砂が凄いです。
朝、針灸院に来る途中辺りを見回せば、周りの山々は白く霞んでいます。
pm2.5や大気汚染物質を含んでいるためかなり厄介です。
マスク無しではちょっと歩けませんよ。
街中を見てみると、マスク無しで歩いている人が結構居られます。
コロナウィルスよりも黄砂は大丈夫なんでしょうかねぇ?
先日、とある患者さんから針灸院に空気清浄機を導入されては?との提案がありまして、前向きに検討しようかと思っています。
ただ先日、強酸性水生成器を購入したところなので、針灸院の懐具合は冷え込んでおり、空気清浄機の導入には多少の時間がかかりそうです。



3月24日(火)



今日から針灸院の受付カウンターに手指消毒用とうがい用の強酸性水を置きました。
これで患者さんの安心感が増してくれればと思っています。
まだうがいはされた方はおられませんが、手指消毒の方はされる方がおられましたよ。
この強酸性水の効力を知っている方は少ないと思いますが、これからどんどん針灸院から発信していこうとと思っています。
強酸性水はどんどん作れるのですが、注文している遮光ボトルと遮光スプレーボトルがなかなか届きません。
何か良い方法がないものか模索中です。
蓋のできる紙パックは案外良い方法だと思うんですよね。
何か良い案があれば教えて下さいね。





3月23日(月)



二階のベランダのプランターで育てている『そら豆の花』が可愛く咲きました。
ん~ん、でも茎の丈が短いので今年も収穫は難しいかもしれませんね。
でも、そら豆と考えず花と思えば心安らかに過ごせます。
植物係は私ではないので意見すると険悪なムードが漂います。
たぶん、プランターに株を詰め過ぎなのと土の栄養管理不足、それに日当たりでしょうねぇ。
でも家に緑があるのはなかなか良いものです。
現在は、そんな世話をする暇もなく楽しくないですよ。
一度土いじりをするとハマっちゃいますよ!
皆さんもいかがですか?



3月22日(日)

3連休の最終日は予定が大きく変わってしまいました。
先日から導入した強酸性水の告知とか作りたかったのだけど、とりあえず生成器の周りを整理していたら結局のところ受付周りの大掃除をすることになってしまいました。
私が率先して掃除をするという事は、もうじき雨が降って来るでしょうね。
まぁ天気予報でも午後から雨が降り出すと言っていましたからね。
午後から頑張った甲斐もあり、一応形にはなりました。
明日は休みですが、朝から雑用を片付けに針灸院に来ます。
洗濯もありますからね~。
でも雨降りやったらあかんなぁ。。。



3月21日(土)『遮光ボトル製作』





パピリオ社の『リフレッシュ ウォーター』の空きボトルで遮光ボトルを作ってみました。
透明ボトルにアルミテープを貼り付けてみたのですが、完全遮光とは行かないまでもかなり良いせんいってると思うんですよね。
アルミテープの難点は、すぐにシワがいくところです。
透明のボトルに強酸性水を入れた場合、だいたい1週間で効力が無くなるようです。
という事は、2日目ぐらいでどんどん効力が下がると考えてもいいでしょうね。
完全遮光だと1ヶ月間は大丈夫でしたからね。
まぁ今の時期、どんどん強酸性水を使って除菌消毒してやれば効力が落ちる前に無くなりますからね。
針灸院も昨日から使用しだしたのですが、朝一番と終了時の仕事は強酸性水を使って針灸院の除菌消毒となりました。
少しでも患者さんに安心していただけるようにと思っています。



3月20日(金)『春分の日』

昨日、日中がかなり暑かったので、いよいよ冬物の上着は要らんかなと思い、今朝薄手の上着で針灸院に来たのですが風が冷たく寒く感じましたよ。
今日は曇ったり日が差したりでややこしい天気です。
世間は今日から3連休ですが、この新型コロナウィルスのおかげで何処にも出かけられそうに無いですね。
大人はまだ良いですが、子供や若い人なんかはちょっとストレスが溜まってしまいそうですね。
針灸院の3連休は、バタバタではなく比較的ゆるゆるした感じになっています。
あまりこんな日が続くのは歓迎出来ませんが、世界中がそうですから仕方ありませんよね。


今朝は針灸院に来て一番に昨日作った『強酸性水』で人が触りうるところを部屋中全消毒しました。
もちろん玄関ドアにトイレの中やドア、水道の蛇口のコックの部分、手すりに至るまで全てです。
これでかなり不安感は払拭出来そうです。
それと今日から治療にはアルコール綿花を使わず、強酸性水綿花に変更しました。
これからは瞬時にして雑菌やウィルスなどを除去出来るので安心です。
あとは患者さんの認知度を高めていくしかありませんね。



3月19日(木)『強酸性水を製造する』





本日、注文していた塩が届いたので、早速治療の空き時間に『強酸性水』を作ってみました。
初回は15分間生成器を動かし、出来上がった水は捨てるとのこと。
出来上がった強酸性水の匂いを嗅いでみると、むせ返るような匂いで驚きました。
さてここからが本番です。
写真に写っている2個の容器に水を2L入れて、付属の計量スプーンに塩をすり切り一杯入れよく混ぜます。
そして生成器の中に水を入れスイッチオン。
タイマーの時間は5分ですのですぐに出来上がります。
出来上がった強酸性水に付属の『ヨウ化カリウムデンプン試験紙』を浸して色をチェックします。
残留塩素濃度はだいたい20ppmで、なかなか良い出来映えです。
この工程を繰り返すこと3回、6Lの強酸性水と強アルカリ水の完成です。
遮光ボトルに移し替え、日付を書いてシンク下に収納しました。
これでだいたい1ヶ月間は大丈夫です。
これでウィルスの恐怖から解放されます。
あとは、1Lの遮光ボトルと30mlの遮光スプレーボトルが届けばご希望される方にお分けすることが可能となります。

どのようなウィルスや細菌に効果があるかは下にリンクを貼っておきますので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。
                               👇
                           強酸性水の効果


3月18日(水)

昨日の続きです。
本日、ホテルの担当者さんに6月の同窓会を中止する旨を伝えました。
理由は、もちろん新型コロナウィルスの感染の拡大による懸念増大によるところとお伝えするとかなり驚かれた様子の受け答えでした。
今回の新型コロナウィルスの問題を一般の方々はどのように受け止めておられるんでしょうか?
私の考え方が神経質過ぎるのか?はたまた一般の方々が軽く受け止め過ぎているのか?
私には軽く受け止め過ぎているとしか思えないんですけどね。
どうしても年内に収束するとは思えないんです。
抗ウィルス薬の開発とニュースでは言っていますが、私の頭の中には疑問符が飛び回っています。
もちろん出来ればと願っていますが…。
1日でも早く安心して過ごせる日を祈ります。



3月17日(火)

今朝も結構冷え込みましたが、日差しはだいぶ暖かいです。
昨年から今年の6月に同窓会を開催しようと計画をしていたのですが、今般の新型コロナウィルスの問題で中止を決定しました。
6月頃には収束しているのではという意見を述べられている専門家の方もおられるようですが、選抜高校野球が中止になり、東京オリンピックですら危ぶまれている昨今の状況を考えますと、参加者の皆さんの安全を担保することは非常に難しく、大変残念ではありますが収束の目処が立たない以上、延期ではなく中止を決定するしかありませんでした。
いろんな方面から『楽しみにしてる!』とお聞きしていただけに、何ともやるせない気持ちです。
まぁ、こればっかりは誰のせいでもありませんからねぇ。
早い時期での収束を祈るしかないですね。



3月16日(月)『強酸性生成器』





以前から購入を検討していた『強酸性生成器』。
熟慮した結果、SB 環境株式会社の『LABO SCI』という機種に決め.3月13日に発注しました。
納品は1ヶ月ぐらい先の予定だったのが、翌日に送られて来たのにはちょっとビックリしました。
14日の土曜日はちょっとバタバタしていたので、開封せずに昨日箱から取り出して取扱説明書に目を通しました。
この装置の中には隔膜フィルターというものがありまして、使用する水によってフィルターの対応年数が変わってくるんです。
一般的な水道水を使用すると1~2年でフィルター交換をしなければなりません。
ランニングコスト的には少し上がりますね。
まあそれはさておき、最も大事な事はこの強酸性水がどれほどの殺菌力があるかと言うことですよね。
強酸性水の残留塩素濃度の基準値は約20ppmです。
世間では消毒アルコールが手に入らないため、『次亜塩素酸水』が注目されていますが、消毒、殺菌力の面から言えば『強酸性水』と比べ物になりません。
細菌やウィルスを非活性化するのに大体5秒もあれば十分です。
中には10秒~60秒とかかるものもあるようですが、聞いたことも無いようなウィルスや細菌なのでそこはあまり気にしなくても良いと思います。
この強酸性水は紫外線に当たると普通の水に戻るという性質があり安心して使用する事が出来ます。
ただし金属は腐食させてしまうので注意か必要になります。
貴金属や時計などは外して使用する事をお勧めします。
以前勤務していた高雄病院では、25年前に導入しており、アトピーの患者さんの皮膚消毒や各職員のうがい、給食調理室でのまな板の洗浄、および生野菜の洗浄などに活用されていました。


この『強酸性水生成器』が針灸院に入ったので、今まで使っていた消毒用アルコールから強酸性水に切り替えていこうと思っています。
患者さんからご希望があればお分けしようと思っています。
この『強酸性水』を携帯すれば、電車の吊り革や手すりの消毒が簡単に出来るので非常に安心です。
自宅に戻れば強酸性水で手洗いうがいをすれば完璧だと思います。



3月15日(日)

3月も今日で半分が終わりました。
新型コロナウィルスの問題で世界中大問題となっています。
いつ収束するのか全くわからない状況で国民の不安は募るばかりです。
この状況を抑え込もうとすると経済状況が不安定になりますし、4月、5月と続いて行きますと倒産や失業率の増加が懸念されます。
我々一般市民はどうすれば良いのかわからないと言うのが現状です。
不要不急の外出を控えてと言いますが、やはりこれにも精神的ストレスにより限界がありますからね。
日本が仮に収束しても、諸外国での収束も進んでくれないと今までのような生活に戻って来ないような気がします。
1日でも早く収束することを祈るしかありませんね。



3月14日(土)

天気予報では昼過ぎから雨降りのはずが、朝から雨降りとどういうこと?
はずれ過ぎるのも程がある。
お昼頃には雨も上がったようですが、これからもまた降り出すんでしょうかね?
まぁどうでもいい話しですが。。。


今日の針灸院は、ちょっとバタバタ感があり、なかなか良い感じです。
昨日のおかげか気分も爽快とはいきませんが悪くはないですね。
明日もう一日ありますが、来週からどうなるかが気になるところではありますね。
まっ、どうであれやれる事を真面目に丁寧にやっていくしか無いですしね。


3月13(金)

昨年の消費税増税から、針灸院も例外なく患者さんの来院数が減少しています。
その上、現在の新型コロナウィルスの問題である意味拍車がかかっていると言っても過言ではありません。
さすがに新型コロナウィルスの問題は収束が見えてこないので、日本のみならず世界中で経済の冷え込みが懸念されるところであります。
その経済不安から当院も大きな影響を受けていることを認めざるを得ません。


当然ながら、私の精神的ストレスも尋常で無いのも事実です。
自宅でもその話しになり、今は何業でも大きな打撃を受けているのだから乗り切って行くしか無いし、こんな時だからこそ真面目に丁寧な仕事していくしかないという結論に達しました。
しかしながら、結論が出たからと言って気持ちが安らぐという事が無いのも事実です。


そんな中、今朝来られた患者さんは、とあるお寺のご住職でいろいろなお話しを分かりやすくしてくださるんです。
仏様に支えるご住職と言っても、当然ながら人間ですので身体の不調を何とかしたいと当院に来られている訳なんです。
今朝もご住職といろいろお話しをしている中で、スーッと気持ちが楽になる感覚を覚えたんです。
それは良い意味で何とも言えない感覚でした。
何の根拠も無いですが、自信と言いますかエネルギーが満ちていくとでも言うのでしょうか、そんな不思議な感覚でした。
その時ふと思ったんですよ。
自分とこのご住職とのご縁は、きっと私を救うために来院することになられたんだと。
そして何より、私の気力が満ちていないとご住職自身が楽になれないと無意識の中で分かっておられるんであろうと。
そのように導いてくださったのは間違いなくお釈迦様でしょう。
私は仏教を含め宗教のことはよく分かりませんが、そのように感じたのは紛れもない事実です。
明日からの自分がどのように変わっているのか楽しみで仕方がないです。



3月12日(木)

昨日家に帰ってニュースを見てビックリしました。
何と春の選抜高校野球を中止するとの発表しているでは無いですか。
まぁせいぜい無観客試合にするんやろなぁぐらいに思ったいましたので。
高校野球を開催するにあたって、ちょっと思うところもあったんですよね。
日本全国の学校に休校の要請を出している政府。
各都道府県の判断でということらしいが、ほとんどの学校が3月2日から休校になりましたよね。
その最中に無観客とは言え高校野球はしても良いのか?という疑問。
高校球児にとってはこの決定には、何とも言えない悔しさがあると思います。
でも何かが起こってしまったら取り返しがつかなくなってしまいます。
高野連の決定に至るまでの葛藤は計り知れません。
断腸の思いでの決定でしょうし。。。
しかし、この状況がまだまだ続くようですと、子供たちが精神的ストレスにより大変な事態になりそうで気が気じゃありません。
早く収束することを願うしかありませんね。





3月11日(水)

東日本大震災から今日でまる9年となります。
東北地方ではだいぶ街の復興が進んでいるとは言いますが、震災前の活気という点から見るとまだまだほど遠いように感じます。
原発の問題も何も解決していないのですから、当然と言えば当然ですよね。
世界中が、現在新型コロナウィルスの問題で大きく揺れ動いている最中、日本政府も最重要課題として取り組んではいるものの、なかなか先行きが見通せない状況の中、国民としては不安感が広がるばかりです。
昨日『よもや』でも書きましたが、宝塚歌劇団の公演は中止になったそうです。
まぁこの時期、いろんな状況が考えられるので致し方ないですね。
私個人的な意見としては、致し方ないと思っていますが、ほんの少しだけ公演が成功して欲しいと期待感もあったんです。
聞くところによりますと、パリ・オペラ座バレエは東京で開催されたそうです。
この公演を観に行った方から感染者が出なければ、エンターテイメント業界にとっても少し安堵出来るのでは無いでしょうか?
まぁどちらにしても、早く収束して欲しいものですね。



3月10日(火)

今日は朝からずっと雨模様です。
花粉症で悩む者にとっては恵みの雨と言ったところでしょうか。
3月も1/3が過ぎようとしていますが、世の中は新型コロナウィルスの問題で大騒ぎしています。
早く収束しないと、いろんな業種で支障出て来てしまいますね。
観光業界は悲惨で、外国人観光客向けに経営をしていたところは破産というニュースが流れています。
エンターテイメント業界も大きな打撃でしょうし、これがいつまで続けば混乱を招くでしょうね。
先日、宝塚歌劇団の公演が開催されました。
賛否両論ありますが、いろんな業界で自粛しているこの時期にどうなんでしょうね?
大袈裟に言い過ぎだと楽観的な意見もありますが、感染が広がっているのも事実です。
日本は感染者数が急速に増えていないと言いますが、誰でもがPCR検査を受けれる訳じゃありませんからね。
仮に大勢の方の検査を実施したら、陽性反応の出る人が増えると思いますねぇ。
今は数日後に出る政府の方針を聞かないと何とも言えませんねぇ。





3月9日(月)

今日は温かいを超えて暑い一日となりました。
今朝もいつもと同じように朝からバタバタしてました。
先ずは針灸院の雑用をささっと終わらせて、確定申告の書類を提出して来ました。
まぁ一応これでやれやれって感じです。
右京税務署の帰り、午前10時の時点で五条通りの桂川の温度計ですでに14度を指していました。
さすがに上着を来て車に乗っていると暑くてたまりませんでした。
帰りの道中、『そうや、タイヤ交換したろ!もう雪が積もる事は無いやろから。それに来週、再来週の月曜日が晴れる保証は無いしな。』
自宅に着いて、さあやるぞ!と意気込んだのもつかの間、『洗濯物を干しておいて!』との置き手紙が…。
まぁまだ時間は早いので、気を取り直し洗濯物を干し終え、いよいよタイヤ交換開始です。
3月のこの時期にタイヤ交換するのは初めてですねぇ。
例年から言えば、お彼岸を過ぎないと安心出来ませんでしたからね。
作業着に着替えてタイヤ交換の開始です。
作業時間は後片付けを含めて、大体1時間半ぐらいです。
作業半分くらいでもう汗だくです。
途中からTシャツ1枚でやってました。
こんな日に作業したら汗だくになるのは分かっていたので先にお風呂を沸かしておきました。
お昼前に終了して一目散に風呂場に直行!
何かお昼にお風呂に入るって普段ないのでちょっと変な感じです。
サッパリしたところで、今日は私が夕食の当番なので早速準備にかかりました。
今朝はカレーの予定でしたが、スーパーでプリップリのキャベツを見て予定を変更してお好み焼き&焼きそばにしました。
お好み焼きを作るのは何年振りかなぁ?
たぶん5~6年は作って無いと思うなぁ。
現在は鉄板が無いのでフライパンで焼くんですけどね。
下準備は出来たので、ぼちぼち作り始めますかねぇ。





3月8日(日)

ここ数日の間、少し考えていることがあるんです。
今年に入ってからの新型コロナウィルスの問題で、マスクと消毒用アルコールが欠品していることなんです。
針灸院には、消毒用アルコールは備蓄しているのでしばらくは心配無いのですが、新型コロナウィルスの収束にはまだまだ時間がかかると思うんです。
いくら備蓄しているからといっても安心する訳にはいきませんからね。

そこで、消毒用アルコールに代わる物を用意する必要があり、いろいろと調べた結果、次亜鉛酸素水が消毒に有効であることが分かったんです。
テレビのニュースで街中を消毒している液体が次亜鉛酸素水です。
しばらくすると、ただの水になるので危険性はありません。
ただ金属類に付着すると変色したりする恐れがありますので、指輪や時計などは外してから使用するのが良いでしょうね。

早速ネットで次亜鉛酸素水を作る機械は無いものか探していると、以外なページを見つけたんです。
そこには強酸性水でウィルス除去や除菌、消毒などが可能であると書いてありました。

以前勤めていた病院では、確かO-157が流行した時ぐらいに導入されたような記憶があります。
病院で使用していた装置はかなりの高額で、一般家庭には無理ですが簡易ポータブルのものもあり自宅でもそれを購入し使用していました。
強酸性水を作るのに必要な物は塩と水道水だけです。
価格は今から25年以上前で10万円程だったと思いますが、ランニングコスト的にはほとんど費用がかからないのでお得と言えばお得です。
現在は機種もいろいろとあり、価格の幅もそれなりにあり性能性を重視すると当たり前ですが高くなります。

針灸院に設置することを前提に、どの機種にするのかもう少し検討しようと思っています。


3月7日(土)

今朝、針灸院に出勤する前に途中にあるガソリンスタンドに寄ったんですよ。
もちろんガソリンを入れるためにですが。
スタンドに着くと、洗車機ががらがらで夕方から雨が降るのは知っているのですが、どうもボンネットのヒョウ柄が気になって一番安い水洗い洗車にしたんですよね。
洗車が終わり、さあガソリンんを入れようと財布を開けると、クレジットカードが無いではありませんか?
こうなると人間あきませんな!
軽いパニック状態なってしまい、鞄の中まで探したけれど見当たらず、自分を落ち着かせ考えると前回ガソリンを入れた時の上着のポケットにきっとあるはずと思い、急いで家に帰りました。
家の中で上着を調べるとポケットの中からカードが出て来ましたよ。
ホッと一安心したところで、もう一度ガソリンスタンドに寄り針灸院に来たという出来事でした。
今日の教訓は、後で片付けようではなく、用事が済めば直ぐに片付ける!
習慣づけしないとあきませんねぇ。





3月6日(金)

連日の新型コロナウィルスに少々うんざりしております。
何が正しのかがよく分からないですし、ネットではデマの情報が流されたりして、国民の不安を煽ってますよね。
こうなったら各自が自己防衛策を考えるしかありませんよね。
先ずは手洗い、うがい、そして外出時にはマスクをするということと手袋をするということをお勧めします。
とにかく皮膚にウィルスをつけないという意識が必要だと思います。
自己防衛策としては免疫力を高めることになりますよね。
そこでネットからこんな情報を見つけて来ましたので、良ければ参考にしてみて下さい。
   
    👇

          
  自己免疫力アップ


3月5日(木)

連日新型コロナウィルスのニュースを見るが、先ほどネットニュースで香港の新型ウィルス感染者のペットの犬が陽性であると発表してました。
この人から動物に感染するのは世界で初めての症例となります。
このニュースが本当ならば、地球上えらいことになってしまいます。
最近よく患者さんから、『いつ頃収束すると思いますか?』と質問されるのですが、?マークしか答えられません。
というのも、世界のあらゆる気候の地域で広がっていますから、暑い時期になったら収束するだろうとの当初の予想は外れてしまったことになりますね。
新型ウィルスに効く薬剤を開発しない限り、明るい未来は見えて来ないですね。



3月4日(水)『手作りマスクの針金交換』





昨日友人から貰ったマスクに針金を縫いつけてみましたが、少し太かったために鼻の周囲にちょっと違和感がでました。
そこで本日、細い針金を三つ折りにして鼻の部分に縫いつけようと思っています。
上の白い針金が昨日縫いつけた物と同じで、下の針金がこれから縫い付ける物です。
下の針金はかなり柔らかいので、鼻の部分に違和感は出でこないと思うのですが、どうでしょうかねぇ?



3月3日(火)『手作りマスク』





友人が『手作りマスク』を作ったと言って2個いただきました。
いまこのマスクが無い時期だけにめちゃくちゃ助かります。
中はガーゼで作られており、外側の布とガーゼの間が空いていてティッシュなどにアロマのエッセンシャルを1滴つけてあげると心地よい香りに包まれます。
私自身、花粉症があるのでこれからの時期はハッカオイルをつけたら良いとのアドバイスしてくれました。
西洋のミントは香りが強すぎるようで、国産のハッカオイルが良いとのことでした。
あと、マスクの鼻の部分が布だけなので、針金を縫いつけようと思っています。
上手く出来れば良いのですがね。



3月2日『包丁を砥いでみる』





思いのほか今日の用事が片付いて、珍しく時間を持て余し夕方から包丁を砥いでみた。
まだまだ未熟な腕なのでプロの砥ぎ師のようにはいきません。
100均の包丁を買って来て砥ぎの練習をしようかと真剣に考えています。
何で包丁を砥ぐのかって?
砥ぎ終わった後、とにかく気持ちがスッキリするんですよね。
何かリフレッシュするというか。。。
家族は口には出さないものの、呆れられている感満載です。
ん~ん、自分でも何処を目指しているのかよく分かりませんがこれからも頑張りますよ。





PageTopNext>>

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR