11月21日(土)『足用 カイロ』



昨夜、仕事を終えて帰宅すると、なにや怪しげな袋がポイと置かれていて、袋の中をチラッとのぞいて見ると、数袋のカイロが入っていた。
な〜んや、カイロかと思い、お風呂に入る準備をしていた。
と言うのも、針灸院に昨年買ったカイロがまだ残っているのだ。
そんなふうに感じたのを察知したのか、『それ、足用のカイロやで‼️』の声がキッチンから聞こえてきた。
足用のカイロがあるのは知っていたが、使ったことがないので興味がわいてきた〜!

と言うのは、去年の1月頃に腰を痛めてしまい、それ以来、足底に軽いシビレがあるのだ。
と言っても、感覚がないわけではないので、大したことないのだが…。
ただ、足が冷えると、足底に刃物を刺したような痛みが走るので、一年中、靴下の上に厚手の靴下をはき、モケモケのスリッパをはいているのだ。

今朝、針灸院に着くなり『足用カイロ』をためしてみた。
カイロを貼ってしばらくすると、足の裏がなんか熱いような、痛いような感覚が…。
けっして、気持ちがいいというものではないな。
ん〜ん、どうなんやろねぇ。。。
こんなんで、ええんかなぁ❓❓
でも、せっかくやから、しばらくは、ためしてみるとしますかねぇ〜❗️


今日11月21日はこんな日
『歌舞伎座開業記念日』

1889(明治22)年のこの日、東京・木挽町(現在の東銀座)に歌舞伎座が開場した。
元々木挽町には江戸三座のひとつ・森田座(後の守田座)があったが、1841年の天保の改革の時に浅草に移され、それから半世紀ぶりのことだった。
当時の建物は戦災で焼失し、1951(昭和26)年に復興された。


11月21日生まれはこんな人

<自らの直感を信じきれないはにかみ屋の子ども>

この日に生まれたあなたは、人見知りではにかみ屋の、シャイな子どものような人です。
打ち解けるまでには少し時間がかかりますが、慣れてしまえば、明るく元気なエネルギーがあふれ出す、“愛されキャラ”です。
生まれた日の「21」は、「2」の「協調、調和」といった女性的なやさしいエネルギーと、「1」のパワフルに突き進む男性的なエネルギーを併せ持つ数字です。
21日生まれの人には、自らの感性や発想を活かしながら、2つのものを統合して新たなものを創り出し、それを育てていく才能があります。

「あなたの使命~未来へのビジョン」

あなたが、今生選んだ使命は、「自らの人生に自由と変化を受け入れ、あなたが得た情報を、出会う人に伝え、世界中の人々をつなげていくこと」です。
自由な生き方に憧れる反面……

「前世の物語」

あなたの前世は、アンデス山脈の麓に暮らす、歌と踊りをこよなく愛した古代インカの女 性音楽家です。
祭事や儀式の際、あなたの神秘的な歌声や踊りの美しさ……

「同じ誕生日の有名人」

古賀稔彦(柔道)、冨田洋之(体操)、指原莉乃(HKT48)

11月21日 歌舞伎座開業記念日
誕生花 ランタナ
花言葉 心変わり

スポンサーサイト

11月22日(日)PageTop11月20日(金)『理論』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://muramoto0814.blog.fc2.com/tb.php/1416-193de835

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR