6月11日(土)

ようやく黄砂もひと段落ついたようですねぇ。
先日の雨降り後の車が、さほど汚れてなかったんですよねぇ。
ということで、昨日から薬を減らしました。
鼻の調子はまずまずですが、蕁麻疹がけっこう出て来るんですよねぇ。
これをどうにかしたいですね〜。

今日は『食べ過ぎケア』ですね。
違う視点からもう一つ言いますと、脳がたくさん食べたと認識するには、油分を摂る必要があります。
油分のないものばかり食べていると、胃はふくれているけど、お腹は空いていると感じるのです。
油分をしっかり摂ってあげることで、食べ過ぎはなくなると思います。
ただし、これは糖質を摂らない、いわゆる『糖質制限』をすることが原則となります。
みなさん、ダイエットをするときは、くれぐれも気をつけて!


『食べ過ぎケア』
食事中に脳の満腹中枢が刺激され空腹が和らぐまで15分程度かかるといわれています。
その仕組みを利用して出来るカロリーコントロール方法が、よく言われる野菜や海藻類、スープ等低カロリーのものを先に食べて空腹感を満たした後に高カロリーのメイン料理を食べるというもの。
体内脂肪促進作用のあるグレープフルーツの柑橘系の香りがおすすめです。
心に重くのしかかったストレスを取り去り、昔の人がパラダイスと名付けた通り、グレープフルーツには活力を与える力があるようです。
だって、食べ過ぎ、やけ食いの原因はストレスです。
精油の力で、ストレスを解消する方法も有効だと思います。

参考書籍:永岡書店 365日のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎
スポンサーサイト

6月12日(日)PageTop6月10日(金)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://muramoto0814.blog.fc2.com/tb.php/1619-13c9f721

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR