1月7日(土)

今日で年が明けて、早1週間です。
七草がゆというものを、未だに食べた事がありません。
って言うか、あまり食べたいとはおもいませんねぇ。
どうして、我々日本人は昔の風習にとらわれがちになるのでしょうね。
『七草がゆ』の言われは下記に書いてある通りですが、現代は、流通やハウス栽培も盛んになっており、一年中野菜の途切れるときがありませんよね。
栄養価の話しはここではちょっと置いておきますが。
正月明けは、皆んな断食をした方が良いのと違うかなぁ?


『七草がゆの香り』
七草がゆとは正月七日に無病息災を祈って、春の七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、なずな、すずしろ)を入れて炊いたおかゆ。
正月には疲れた胃袋を整えるため、また野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うため食べるものです。
七草がゆ作ることができなくても、ティートリーに整腸作用のあるジンジャーと健胃作用のある、カモミールローマンを組み合わせた芳香浴で胃を休めてあげましょう。

受け皿に7分目くらいまで水かお湯を入れ、カモミールローマン2滴、ジンジャー2滴、ティートリー2滴を落とし、キャンドルの熱で温めて、蒸気と一緒に香りを広げます。
火に元には十分注意して下さいね。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

スポンサーサイト

1月8日(日)PageTop1月6日(金)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://muramoto0814.blog.fc2.com/tb.php/1829-2d634217

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR