2月10日(金)『お灸での実験❗️』

最近ふと気づいた事がある。
それは、3年前から患っている坐骨神経痛が少しましの様な気がする。
痛みが全て無くならなくても、患者にとって少しでも楽であると感じられるのは有り難いことだ。

どうして、神経痛が悪化しやすいこの時期に、楽になって来たのか色々と考えてみた。
しかし、これと言った治療を定期的に受けているわけでも無いのだ。

たった一つだけ思い当たる事がある。
それは、約1カ月前から両脚にこむら返りが起こる様になったのだ。

さすがに4日連続で起こった時は、あまり好きではないお灸をする事にしたのだ。
熱いだけあって本当に良く効くのだ。

お灸をした翌日からは、何事も無かったかの様に普通に過ごす事が出来たのだ。
しかし、私の場合はそう簡単に治る訳では無かったのだ。
1週間が過ぎようかとした時、再びこむら返りが起こりそうになったのだ。

翌日、再びお灸をすえる。
すると、また何事も無かった様に過ごせたのだ。
しかし、やはり1週間が限界の様で、再度お灸をすえるという事を繰り返し今日に至ってるのだ。

幸いにも、こむら返りが起こりそうな気配を感じた時にお灸をしているので、大事には至っていない。

そして、今週に入った時に、坐骨神経痛が少しましになっている様に感じたのだ。

自分なりに、この現象をどの様に解釈すれば良いのか?色々と考えてみた。

以前から、痛みのある場所に、鍼やお灸をしてみても、残念ながら何の効果も得られなかったのだ。
これは、痛みが出ている場所と痛みを出している原因とが違うからだと私は考えているのだ。
故に、私の場合には、トリガーポイント治療は何の効果も無いと考えている。

では何故、今回少し楽になったのか?という事だが、私の場合、そもそも原因は腰自体にあり、その場所の硬くなった筋肉をほぐしてやらないと治らないと考えている。
私の脚の痛みは、炎症系の痛みでは無く、実はこむら返りの様に、筋肉の引き連れ系の痛みだったのではないかと考えている。

そうだとすれば、こむら返りのお灸をする事で、坐骨神経痛による痛みが少し緩和した事は納得がいく。
今後は、こむら返りのためにお灸をするのでは無く、坐骨神経痛の症状に対してお灸をしてみようと思う。
とりあえず、今日から一日置きにお灸をしてみよう❗️


『恋のチャンスの香り』
恋のチャンスは日常生活の中にたくさんあります。
でもそれを掴めないのは、恋愛運が悪いとか、自分に魅力がないとかそんな理由ではなく、恋に対して積極的になれていないからではないでしょうか。
ときには、自分からチャンスをがっちり掴むことも必要。
高揚を促すジュニパーベリー、楽観主義を促すプチグレン、幸運を促す柑橘系のメリッサ、古代人が魔術のハーブとして使用していたのはミルラのブレンド。
これぞ積極的になれる最強ブレンドです。

スプレー容器に無水エタノール5mlとジュニパーベリー5滴、プチグレン5滴、ミルラ5滴、メリッサ5滴を入れよく混ぜ合わせます。
そこに精製水45mlを加えよく混ぜて完成です。
使う前によく混ぜましょう。

参考書籍:永岡書店 365日 のアロマレシピ  著者 小泉美樹
池田書店 ハーブと精油の基本辞典 著者 林 真一郎

スポンサーサイト

2月11日(土)PageTop2月9日(木)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://muramoto0814.blog.fc2.com/tb.php/1863-d9564e6c

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR