11月9日(金)

一昨日、立冬で夜の気温もかなり下がり、
お鍋の美味しい季節がやってきたとこの日記に書いたとこなのだが、
我が家では、まだお鍋が出てくる気配がまったくないのだ。
日中は気温もけっこう上がっているので、スーパーに買い物に行った時に、
そんな気分にならないのかもしれない…。

あっ、言っておきますが、決して文句を言ってるのではありませんよ。
そこのところは誤解のないようにしておかないとね。
自分の中での決め事として、ご飯を作ってもらったら一切文句は言わない。
そう、例えそれが同じ物が続こうとも、一切文句を言ってはいけない。
料理を作ってくれた人に感謝するということです。

実際、嫌なら全部自分ですれば良いことで、
レストランじゃあるまいし、文句をつけるのはお門違いだと思う。

いま思い返せば、幼少の頃から母親にそう洗脳されてきたんやろなぁ~。

11月9日 換気の日 太陽暦採用記念日
誕生花 山茶花(さざんか)
花言葉 謙虚・愛嬌・ひたむきな愛

スポンサーサイト

11月10日(土)PageTop11月8日(木)

Comment

世の男性諸君がみな、先生の様に洗脳されていれば
女性はもっと強くなる!?かな??(笑)

私の母は、勤め人でした。
子供の頃、カレー・かす汁なら1週間近く続くくらい作っていました。それが普通でした。
文句なんか言えません、ええ。
文句を言えば食べさせて貰えませんもの。

現代の女性は十分に強いです。

カレーですか~。
うちの家は週末になるとお好み焼きでした。
家にお好みの鉄板があったので、お好み焼き、お好み焼き、焼きそば、やきめしと続きました。
子供ながらに、けっこう辛かったのを覚えています。

先生は良き旦那さまですね。奥様が羨ましいです。
うちの旦那は、家事は私がするのが当たり前(もちろん食事も)。と思っているので・・・(-.-)

いやぁ~、そんなことないですよ。
家ではほとんど何もしませんよ。
って言うか、逆にがさごそすると怒られます。
しかし、きょうびの男性も家事ぐらいは出来ないとマズイですしねぇ~。

同じ物が続く

子供の頃、我が家ではおかずは何日間か続くのは当たり前でした。煮物炊物はお鍋いっぱいに作るのでカレー、関東煮、煮魚、すき焼、だいこ炊き、コンニャク炊いたんなどなど。2~3日は当たり前。まあその間にお浸しが入ったり変化はありますが。おかげでカレーなどは1週間以上食べ続けられます。

戦後16年経って…

昭和36年生まれで、幼少の頃はみんな貧しかったですもんね。
ご飯のおかずが2~3日続くのは、どの家庭でも本当にごく当たりまえでしたよね。
それでも、お好み焼きの連ちゃんはキツかったなぁ~。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://muramoto0814.blog.fc2.com/tb.php/294-784a4459

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR