12月27日(金)『麦粒腫 (めいぼ・ものもらい)のお灸』

今回は、『麦粒腫(めいぼ・ものもらい)のお灸』を紹介します。

IMG_1340.jpg

場所は三間(さんかん)穴というツボで、指を屈するか、拳を握って取穴。
示指橈側で、第2中手基節関節の後、表裏の肌目陥中にある。
要するに上の写真の通り、人差し指の親指側で指の付け根の関節の後ろで、
皮膚の表面と裏側との境目の凹んだところに取る。

患側の穴(ツボ)に米粒大のお灸を7壮(7回)すえるだけである。
朝にすえれば夜に、夜にすえれば翌朝には排膿し、
目の違和感はすっかり無くなってしまい『麦粒腫』が治ってしまうのだ。

私自身も以前なった事があり、早速このお灸を試したことがある。
その時は21壮(21回)すえたのだが、
すると2時間後に排膿してくれて、非常に助かった経験がある。

覚えておくと非常に役立つ知識だと思うのだが。


《村本針灸院 年末・年始の診療予定のお知らせ》

12月29日(日)まで通常に診療いたします。
30日(月)は本来休診日ですが、AM10:00~PM3:00まで診療いたします。
2014年は、1月5日(日)より通常診療いたします。


今日12月27日はこんな日
『浅草仲見世記念日』
 
日付は1885年(明治18年)、浅草の仲見世が新装開業した日に由来する。
浅草の仲見世が新装開業し、文明開化の時代にふさわしく、
レンガ造りとなった新店舗は、東側に82軒、西側に57軒の計139軒だった。


12月27日生まれ人はこんな性格

純粋で一本気な性格です。
正義感が強く、しかも行動力がバツグンですから、
人がいじめられていたりすると、すかさず助け船を出しますし、
世の不正を見たり聞いたりすると憤りをあらわにします。
また、体力や運動神経に恵まれている人が多く、
疲れを知らないところがありますし、
スポーツや冒険で活躍する人も多いようです。

12月27日 浅草仲見世記念日
誕生花 ラン(パフィオペディルム)
花言葉 気まぐれ

スポンサーサイト

12月28日(土)PageTop12月26日(木)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://muramoto0814.blog.fc2.com/tb.php/713-2aeee036

プロフィール

よもやの院長

Author:よもやの院長
スキーとお酒をこよなく愛する中年の星。
2002年より糖質制限食を実行中!
2010年には禁煙に成功!

村本針灸院のテーマソングはこちらから

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR